どんどん遅くなるんですかね?・・・年金の話です。

A0001_000967_m
こんにちは、マネースクールUNOの倉田です。

誰しも一度は考えたことありませんか?

「働かないでも生活していけたらないいなぁ」

現実に立ち返ると

「ふつう無理やん!」

って結論に至るんですが・・・。

しかし、この日本にもそんな夢のような生活を送っている人は身近にいるんです!
そう!現役を引退された「年金」をもらっている世代です。

「私達も定年退職後はそうなりたい!」

ところがところが・・・
経済協力開発機構(OECD)が行った「年金」に関する報告。

加盟国の4割が年金支給年齢を67歳以上に引き上げている又は引き上げる予定になっています。
現在の日本は段階的に支給年齢を65歳に引き上げている状況です。

さらに一部の年金制度改革が先行している国々では、
私的な個人年金に入ることを義務付けしています。

公的年金と個人年金を併用する国々では、
現役当時にもらっていたお給料等の60%ぐらいを、
年金として支給される制度になっているようです。

しかし、日本では公的年金からもらえる年金額が相対的に低いので、
現役の時にもらっていた給料と退職後にもらえる年金に大きな差が出る可能性があります。

しっかりした先の計画を立てている国では、
時代をへても安心して生活し続けることができるのですが、
そうでない国では個人としても準備が必要となります。

日本は大丈夫!?

今後、支給年齢がより遅くなる可能性も考えられます。

今の60代以上の世代と、環境が大きく変わる事が予想されていますが、
しっかり準備ができれば過度に心配することは無いとは思います。

今から時間をかけてしっかり対策を考え実行できれば、
先々が少しでも明るく見通せるようになるはずです。

そうなれば、きっと今の生活も自信を持って楽しめるのではないでしょうか。

さあ、自分達の大切な「お金」と「未来」について考えてみませんか?

参考記事:年金支給開始、67歳以上に=OECD加盟国の4割(外部サイトが開きます)

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

コメントを残す