普通と思い込んでることが、実は・・・

マメースクールUNOの倉田です。

皆さんが持っている携帯電話。
今や日常生活に欠かせない道具の一つとなっています。
A0001_006356_m_2日本で初めて携帯電話が登場したのは1985年。
本格的に普及し始めるのは、電話機買い切り制度となった1994年以降だそうです。
「当り前」の道具となったのはつい十数年前のことなんです!
 

世界銀行の調査報告書によりますと、世界の携帯電話契約件数は60億件を突破しました。
世界の4人に3人以上持っている計算。複数台契約等もあり、まもなく世界人口を上回るとの予想です。
数の上では世界中の人が自由に繋がる可能性のある時代は目の前です。

少し前までは電話は家や会社の固定電話しかありませんでした。
電話機のそばから離れてしまうと、誰とも連絡が取れなくなっていました。
外出時はしっかり時間・場所を約束しておかないと、人と会うことさえできなかったのです。

しかし、個々人に携帯電話が普及したことにより社会に変化が起こりました。
何時でも、どこでも、誰とでも繋がる!
この事が私達の日常や自分達の考え方・行動を変えました。
そして、それまでの社会生活の「常識」に大きな変化を生じさせました。

お金の世界も同じです。

私達が生きる今の時代と、私達の親世代(60・70代)が現役を過ごした時代とは、
前提条件が変わってきています。

日本は人口がどんどん増加していく国から、人口が減少する国へ。
多数の現役世代が少数の高齢者を支える構造から、
現役世代と高齢者の比率が同数に近づいていく時代となりました。

誰でも知っている大きな企業が、簡単に倒産してしまったりします。
まじめにコツコツ働いていればお給料がドンドン上がっていった時代から、昇給が望みにくい時代へ。
同じ会社で定年までずっと働き続けることも珍しくなってきています。

私達の両親がやってきたお金の貯め方・殖やし方。
周りの友達がもっている金融商品の選び方。
会社の先輩が30年ローンをして手に入れたマイホームの買い方。

皆さんが思っている「お金の常識」が大きく変わってきているかもしれません。

マネースクールで改めて考えてみませんか?

出典:世界の携帯契約が60億件突破 世銀調べ、近く人口抜く

 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

さて、ボーナスどうしよう?

マネースクールUNOの岡です。

いよいよ夏本番、もらってうれしいボーナスの季節がやってきました。
楽天リサーチの「2012年夏のボーナス使い道ランキング」によると、
 

1位 貯蓄 38.2% 
2位 ローン・借金返済 23.9%
3位 まだ決まっていない 22.9%
4位 生活費の補填 20.8%
5位 買い物 20.6%
6位 旅行・レジャー 19.8%
 

と、なっています。

皆さんは、ボーナスの使い道は決まっていますか?

この時期になると、多くの金融機関が「ボーナス期間特別キャンペーン」なるものを展開します。
例えば某銀行では、
 

「今、定期預金に預けても0.02%の金利しか付きません。
  でも、7月末までにうちの定期預金に預けてもらうと、
  キャンペーン金利として0.3%の金利が付きます!」

こんな新聞広告を、皆さんもご覧になられたことがありませんか?

0.02%の金利ということは、100万円預けて1年間で200円の利息、
でも今なら0.3%、つまり3000円利息がもらえるということです。
 

インターネットで各金融機関の広告を比較して、
少しでも有利な銀行に預けようと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
A0002_003051_m
普通は100万円預けて200円の利息しかもらえないのに、
この時期に預けると3000円もらえるということは、
通常の15倍の利息がもらえるということ、確かにお得かも知れません。

でも考えてみてください、0.02%の金利と0.3%の金利を比較すると15倍の差があるかもしれませんが、

「100万円を1年間預けても、たった3000円しかもらえない」

ということです。
 

私が社会人になったのは1994年、当時既にバブルは弾けていましたが、
それでも郵便局の定額貯金の金利は3.1%、100万円預けて1年間で3万円もらえる時代でした。

それと比べると今は・・・
 

「今の時代、預貯金ではお金は増えない!」

3000円だったら日々の無駄遣いを無くせばすぐに貯まる金額、
わざわざ時間と手間をかけてお得なキャンペーンを探し、利息で増やす金額ではないのでは?
 

せっかくのボーナス、自分へのご褒美に使うもよし、貯蓄に回すもよし・・・
でも、将来の自分のために「投資運用」をはじめてみませんか?

マネースクールで一緒に学んでいきましょう!
 

出典:楽天リサーチ:「夏のボーナスに関する調査」

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

マネースクールUNOの看板が設置されました。

先日、facebookでも少しお伝えしましたが、7月1日から大阪の阪急電車の中津駅(梅田の隣の駅)付近に、マネースクールUNOの看板が設置されました。

その設置の模様をお伝えします。
01
横幅が20メートルもあるので、複数のパネルに分割されています。
まずは1枚目、マネースクールUNOのイメージキャラクターの、
フクロ教授のパネルからスタートです。

02
パネルは人が手で持ち上げていきます。結構重そうな雰囲気でした。

03
3枚設置完了しました。UNOの文字が完成です。

04
作業を下から見るとこんな感じ。パネルは近くで見ればかなりの大きさです。

05
最後の1枚を設置中。

06
完成しました!!

看板は梅田発の阪急電車の全線(神戸線、京都線、宝塚線)から見る事が出来ます。


 

クレジットカード、何枚ありますか?

マネースクールUNOの有村です。
 

みなさん、ちょっと財布の中を確認してみて下さい。
 

クレジットカードは、何枚入っていましたか?
また、そのうち年間手数料のかかるものは何枚ですか?
メインで使っているカード、把握してますか?
A1180_001396
それらを理解して、必要に応じて使っておられる方は素晴らしい!
その調子で、お願いします。
 

しかし、「初年度年会費無料です」と言われ、
2年目になっても解約し忘れているカード。
 

ポイント2倍に釣られて作ったものの、
二度とその店に行かなくなってしまったカード。
 

それらをお持ちの方はおられませんか?
 

ちなみに、前職時代に私が利用するデパートは、
勤務先の近所と相場が決まっていたのですが、
転勤が多かったため、その数だけカードも増えるという悪循環でした。
 

しかし、財布を買い替えた時に、使わないカードを整理したら、
知らぬ間に支払っていた年会費にびっくり!
 

実は・・・1万円弱ありました。
 

私の名誉の為にお伝えいたしますが、あくまでも「前職時代」ですよ。
今はきちんと管理しております。
 

JCBの調査によりますと、2010年度の日本人のクレジットカード保有枚数は、
平均で3.9枚。保有率は90%にも上るそうです。
 

確かに、最近はネットショッピングなどでもクレジットカードがないと、
不便なことは多いですものね。
 

その中で、本当に必要なカードはどれなのか?
 

よーく吟味してみて下さい。
 

そうして浮いたお金があれば、ぜひ資産運用を始めてみませんか?
少額でもコツコツ続けてみましょう。
 

「資産運用って、たくさんお金を持っている人がやるんでしょ?」
 

と思われる方もおられますが、
資産運用は将来に不安がある人や、
夢を追いかける人がするものなのです。
 

まずは一度無料セミナーにお越しください。
お友達やパートナー、ご家族の方とご一緒でも大歓迎です。

出典:JCB「クレジットカードに関する総合調査」2010年度の調査結果を発表

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

何かを始める時って?

マネースクールUNOの平山です。

みなさん 新緑の季節 アウトドアやスポーツを楽しんでいらっしゃいますか?
私は冬はスノボに夢中になっていますが…
3
これからの季節はゴルフを楽しんでいます。 

最近 びっくりしたのはゴルフ場の安さ、3千円からゴルフができるようになったんですね。
僕がびっくりするのは、15年前に休日に行こうものなら3万程度かかった某有名カントリーが、
今では8千5百円で食事つきです。

大人が一日遊んで1万円でおつりがくるのは僕の世代(1959年生まれ)では驚きです。

さらに驚いたのがレディースデイってのがあって、
先日行ったとき並んでいるカート4,5台がすべて女性でした。
本当に女性の方のゴルフ人口が増えてきたんだなと実感しました。

 

ところでみなさんは何か新しく始めるときは、誰かに相談しませんか?

私は、ゴルフを始めたとき、先輩と一緒にゴルフショップへ行き、道具選びから、
クラブの握り方まで教わりました。
そして、スノボーも道具選びからスケーティング、ジャンプまで、
上級者の方に一から特訓してもらいました。

スポーツは何事も基本が大切って言うのはよく聞きますよね。

では、いざお金を貯めようとした時やローンを始める時、
何か不安になったりして、誰かに相談された経験はありませんか?

実は毎日付き合っているお金なのにあまりお金の基本には、
気づかれてない方も多いのではないかと思います。

日本の将来は不安と言いながら53.3%の方が変動金利で住宅ローンを借りています。(※1)
これは正しい選択なのでしょうか?

みなさんの近くにお金の基本を教えてくれる先輩や上級者の方はいらっしゃいますか!?

私たちインストラクターはお金の基本をお話ししています。
興味のある方はマネースクールにご参加ください。

※1民間住宅ローンの実態調査平成24年3月期(独立行政法人住宅金融支援機構)より
 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)