ペットに保険?

マネースクールUNO岡です。

我が家では「猫」を2匹飼っています。
1匹は7年前にペットショップで買った血統書付の純血種「アメリカンカール」。
もう一匹は昨年の7月に財コンスタッフからもらった「雑種」の猫です。

2匹とも女の子ですが、性格は正反対。
純血種の猫はとてもおとなしく、まさに「お嬢様」。
ところが、雑種の猫は「超」が付く「やんちゃ猫」、
部屋中の電化製品のコードを噛みちぎるほどのいたずら好きの猫です。

Photo

ペットを飼って思うことは、「ペットを飼うってお金がかかる!」という事。
毎日のキャットフード代もそうなのですが、意外にかかるのが「医療費」です。
 

我が家の猫は、1年に1回はワクチン接種をしますが、1回のワクチンが約8000円。
2匹とも避妊手術をしていて、避妊手術代は約3万円。
他にも年に1回の健康診断などを行うと、結構な金額がかかります。

この高額になりがちなペットの医療費を補填するものが「ペット保険」。
人間で言うところの「医療保険」にあたります。
最近はペット保険の比較サイトも登場し、まさに人間の医療保険と同じような扱いを受けているようですね。

先日7歳の猫をワクチン接種に連れて行ったのですが、その際かかったワクチン代は約8000円!
また、夏バテ気味なのか元気がなかったので、血液検査をしてその代金が約6000円!
検査結果は何も異常がなかったので一安心だったのですが、
もし手術ともなれば、さらに数万円の費用がかかっていたはず。
「手術代に何万円もかかるのなら、ペット保険に入っておけばよかったかな?」と、
その時少し考えました。

人間の場合も一緒。
「万が一病気やケガで入院すればお金がかかる、だからとりあえず医療保険には入っておこう」
多くの人がそう感じて民間の医療保険に入っているのではないでしょうか?

でも「人間」の場合は公的な医療保険に入っているので、病院で治療を受けたとき、
健康保険のおかげで私たちが払うのはかかった医療費の3割。
さらに高額療養費制度があるので、1ヶ月に医療費が100万円かかっても、
自己負担額はほとんどの人が9万以下ですみます。
もちろん色々なケースがあるでしょうが、それほど医療費はかからないはずです。

にもかかわらず、「もし病気になったら、ケガをしたらお金がかかるかもしれない」
そんな漠然とした不安から、医療保険に入っている人が多いのでは?

病気やケガで入院したとき、必要なのは「保険」ではなく「お金」です。
もし医療保険に入るのなら、「お金」が貯まるまでの間、必要最低限なもので十分だと思います。

自分の入っている保険が「必要最低限なもの」かどうか、一度見直してみてはいかがですか?
もし何かあった時、「保険」ではなく「お金」でまかなえることもあるんじゃないでしょうか?

人間もペットも、健康が一番!
ちなみに我が家では、万が一の時のペットの医療費は「保険」ではなく、
「貯蓄」でカバーしていこうと考えています。

あなたの知らない世界第VOL.1〜パチンコ店のマネージャー

「マネースクールUNO」の和田です。

今回「あなたの知らない世界」というシリーズで、あなたを未知の世界へいざないます(笑)
第1回は私の前職についてお話をしたいと思います。
 

皆さんはギャンブルといえば何を思い浮かべますか? 
メジャーなのは、競馬、競輪、パチンコ、カジノ(ラスベガス、マカオなど)といったところでしょうか。

Photo
私は大学卒業後の7年間はカラオケBOX、ボーリング場、テニスクラブ、
パチンコ店等のアミューズメント施設を経営する会社で勤務していました。
その時に、パチンコ店のマネージャー(店長)を経験しました。

パチンコはギャンブルなので、当然ながら大多数の人が負けてお金を失います。
だからこそパチンコ店は成り立っているのですが、中には「パチプロ」といって、
パチンコで生計を立てている人達も存在します。

彼らは閉店間際に台のデータや釘調整をチェックして、
狙い台を定めて翌朝開店前から並びます。そして1日中打ち続けるわけです。

世間一般では、「パチプロ」というのは、
ラクしてお金を稼ごうとしている「なまけ者」といったイメージです。
でも実際に「パチプロ」の話を聞くと、我々が考えているほどラクではないようです。

まず、一日中パチンコするので目が疲れ、肩がこり、腰が痛くなるそうです。 
その点はデスクワークの職業病と同じですね。
また、連敗した時や「稼げる」機種がお店から撤去された時に、
プロとして今後もやっていけるのかすごく不安になるそうです。
パチンコというのは、どんなにいい台を選んでも運とタイミングが悪ければ負けます。

ちなみに当時よく話をした「パチプロ」は1ヶ月平均40万〜50万の稼ぎだそうです。
少ない給料で一生懸命働いている人からすると、腹立たしいかもしれませんね。
でも彼らには仕事によって得られる経験や達成感、人との出会い、
人と喜びを分かち合うといったことはありません。

また、一般の会社員のような社会保障(厚生年金・健康保険・雇用保険など)もありません。
おそらく生命保険も加入していないと思います。 

もし大きな病気をしたり、「パチプロ」としての稼ぎが出来なくなったらどうするのでしょうか?
「もし稼げなくなったら仕事をすればいい」と思っても、
この不景気の時代に定職に就くのは至難の業だと思います。

彼らの話を聞いていると、そんな不安を一生抱え続けるよりも、
時として厳しい環境を経験する事があっても、コツコツ真面目に仕事をしてお金を稼ぐほうが良いと思いました。

コツコツ真面目に稼いだお金を銀行や郵便局に貯金するだけでは、今の低金利ではお金が増えません。
これからは貯金以外の方法でお金を増やすことも検討すべきかと思います。

「どうやって?」と思う人はぜひ「マネースクールUNO」の無料マネーセミナーに参加してみてくださいね!

 

10年後のライフプラン

マネースクールUNOの平山です。

7月19日の日経新聞に「種まきから約10年」という、ワタミの農業事業の記事が出ていました。
1
ワタミは全国11か所、計500ヘクタールの農場を運営しているそうです。
食材の仕入れ部門と連携を強化し、規格外の野菜も柔軟に加工する体制を整えたり、
事務部門も高率化をはかるなど、試行錯誤を繰り返し10年がかりで黒字化したそうです。

ところで皆さんは、10年後の自分の生活って考えたことはありますか?

たとえば現在30歳、会社員、貯金は200万円。
10年後、結婚しているでしょうか?
仕事は続けているでしょうか?
貯蓄額はどのくらいになっているでしょうか?
なかなか想像つかないですよね。

でもライフプランを考え、10年後をイメージしてみることは、とても大事なことです。
10年後に、どんなことを実現させたいのか?
どんな暮らしがしたいのか?

なんとなくでもよいと思いますが、ライフプランを考えることで
時間やお金の使い方が、変わるかもしれません。(試行錯誤が起こるかも?)

私も35歳のころは、試行錯誤の連続でした。
子供にお金が、かかり始めるのを実感したのです。
これは大変だ!!まずは外食を減らすことから始めました。
それから、子供二人を大学まで行かせるのは、さらに大変でした!
今から思うと、35才の時に気付いてよかったと思っています。

マネースクールのインストラクターは、あなたのライフプランを応援します。
まずはマネースクールへ参加してみませんか!

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

金メダルの値段

マネスクールUNOの岡です。

毎日暑い日が続きますが、ロンドンオリンピックも盛り上がってますね。
連日の熱戦で、寝不足気味の人も多いのではないでしょうか?
私は「なでしこジャパン」の金メダルに期待です。
A0001_009537_m

オリンピックで連想するのは、やはり「金メダル!」
皆さんは「金メダル」の値段ってご存知ですか?
 

ロンドンオリンピックの金メダルの重さは約410gだそうですが、純金製ではなく、
含まれている金は約6グラムほどで、全体重量のわずか1.34%、
残りの92.5%が銀の化合物、残りが銅で出来ているそうです。

つまり、オリンピックの金メダルは「純金製」ではなく「金メッキ」だということ。
仮に、メダルを溶かして地金にして売った場合、
金メダルは650ドル(約5万800円)程度の値段です。

メッキとはいうものの、最近の金・銀価格の高騰で、
北京オリンピックに比べて価格が2倍になっていて、
ロンドンのメダルは、オリンピック史上最も高価なメダルだそうです。

投資の世界でも、一昔前に比べると「金ブーム」を感じますね。
時々こんなことを聞かれます。

「毎月小額から始められる貴金属の積立を始めようかと思うけど、
 金の積立とプラチナの積立と、どちらがいいですか?」

つまり、多くの人は、「金とプラチナ、将来どっちが値上がりしそうなのか?」
ということを気にするのです。金価格の動きを見てみると、私が社会人になった約20年前、
当時の金価格は1?で約100万円でしたが、今は1?で約400万円、約4倍にあがっています。

「もし、価格が4倍になることがわかっていれば、
 借金してでも『金』を買っていたのに・・・」

そう考えることもありますが、20年前にはこの金価格高騰は想像できませんでした。
そうです、「将来のことは誰にもわからない!」のです。
にもかかわらず、多くの人は「将来こうなりそうだから」という予想をもとに、
お金を動かします。
 

「将来の予想をもとに、お金を動かす、何かを買う」ことは、
それが金であっても株式であっても、競馬やパチンコと同じマネーゲームです。
このことを、きちんと理解しないといけません。

私は、「金とプラチナどっちがいいですか?」の質問には、
「どっちがいいかはわからない、だからどっちも買ったらどうですか?」
と答えます。

資産運用の世界で大切なことは「分ける」ということ。
「分散投資」の意味と効果、セミナーではわかりやすくお伝えしています。

まだまだ熱戦の続くロンドンオリンピック。
資産運用の世界では「金・銀・銅」と、全部買ったほうがいいですが、
オリンピックでは「日本勢の金メダルラッシュ!」に期待です。
 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

増税前に自宅購入?

マネースクールUNOの平山です。

ついに消費税が、上がりそうですね。
給料は、上がらないのに、消費税は上がる?
すこし慌てる方々が、いらっしゃるかも。
 

先日から、『消費税が上がりそうだから、家を買ったほうがよいのではないか』
という問い合わせが、何件かありました。

確かに、家は大きな買い物です。
単純に考えれば、高いものを買うんだったら、消費税が高くなる前にと考えます。
 

4,000万円の一戸建てを買うんだったら、
4,000万円の3%、120万円の負担が増えると、単純に考えてしまいますね。

でもここで知識をひとつ、土地に消費税はかかりません。
消費税がかかるのは建物部分だけです。
例えば、土地が2,000万円、建物が2,000万円だとすると、
負担増は、2,000万円×3%で60万円です。

そこで考えていただきたいのは、物の値段はどうして決まるのかということ。

一言で言うと需給関係、つまり買いたい人が多ければ上がるし、
売りたい人が多ければ値段は下がります。

消費税が上がるからと、不動産会社は商機と捕らえて、
『早く買いましょう』とあおってくるのは間違いないです。

でも、冷静に考えたら地デジの時も同じ、
需要が終わった後の、テレビの値下がりはすごかったですね。

つまり今回も同じことになるかも、特に家は大変な買い物です、
テレビのように簡単に買い替えは出来ません。

しっかりライフプランに合わせて、資金計画を立て、ローンプランを考えて、
ご自身のライフを、より良くする為に行動してください。

私たち、インストラクターは貴方のライフプランを一緒に考えます。
ライフプランに関心のある方はマネースクールへ

私は自分のライフプランに合わせ、49歳で実家の近くに家を買いました。
実家の近くで、アカシ君といつも一緒にいられるように(単なる犬好きかも)

Photo_2 実家で愛犬(アカシ君)と。。。 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)