「ていねいに暮らす」って?

マネースクールUNOの有村です。

先日、育児休暇中の友人と話をしていてこんな話題が出ました。

「ていねいに暮らすって何やねん。」

A0002_001955_m
この友人、結婚暦は5年ほどですが、なかなかシニカルな目線で物事を見ており色々と参考になります。

その友人曰く、次のような物が自宅にあるママ友とは気が合わないとの事。

バーミックス、ルクルーゼの鍋、オーガニックコットンのよだれかけ、
塩麹、エコ素材の洗剤、高級スーパーのジャムなど。

例えばエコ素材の洗剤ですが、昔ながらの石鹸的なものではなく、
わざわざドイツ製のオシャレな物にするあたり、
「オシャレでエコな私」が好きなだけだ!と一刀両断でした。
そんな人ほど、口にするのが「ていねいに暮らす」という言葉なのだそうです。

確かに、雑誌などでは素敵セレブの生活拝見のような記事が、
よく掲載されていますよね。その素敵セレブ発言には、

「ていねいな暮らしを心がけています♪」

というワードが、出てくることもしばしば。
そんな素敵セレブに憧れて、同じ物を持ちたいという気持ちもきっとあると思います。
洋服やバッグなどは値段もお高くて、憧れセレブと同じものは買えないけれど、
塩麹やルクルーゼの鍋くらいなら手が届く。
しかも、「家族のために」という大義名分も立ちますね。

だいたい、「ていねいに暮らす」って何ですか?

私は、地に足をついて真面目に働き、身の丈にあった暮らしをすることの方が、
よっぽどていねいに暮らしていると思います。

「ていねいに暮らす」という言葉が独り歩きして、本来の意味とズレてはいませんか?
メディアに踊らされて、お金がないまま子供の大学入学を迎える・・・
なんて想像するだけでゾッとしますよね。

今やるべき事は、上っ面だけマネをしてセレブ気取りでいるよりも、
先々のことを考えてライフプランを立てて行動に移すべきではないでしょうか。

身の丈にあわない暮らしは、どこかで破綻をきたします。
それは、ちょっとした日々の生活用品からかもしれないし、
無茶なローン計画からかもしれないし、所得の割りに少ない貯金からかもしれません。

何となく「私、あてはまるかも!?」と思われた方は、
マネーセミナーにお越し下さい。

お金のことを勉強することで、今まで見えなかった自分が見えてくるかもしれません。

コメントを残す