不妊治療の保険

マネースクールUNOの和田です。

先日、新聞で「不妊治療に民間保険」という見出しの記事がありました。
金融庁は不妊治療の費用を保障する保険商品を民間の保険会社に解禁するとのことです。

新商品の対象になる治療は、
「体外受精」と体外受精の一種である「顕微授精」であり、
こういった保険商品が登場するのは2〜3年後になるとのことです。

これらの治療は公的医療保険の対象外で、1回あたり30万〜40万の費用がかかります。
各自治体でも不妊治療に対しての助成金制度があります。

ちなみに大阪府では、「体外受精」や「顕微授精」の助成金は1年度あたり1回15万円を限度に、
1年目は年3回まで、2年目以降年2回まで。通算5年間、通算10回を超えない範囲で、
助成されるとのことです。

しかしそれを越える部分は自己負担になります。
場合によっては自己負担が数百万円になることもあるそうです。

私はこの新聞記事を見て、「どこかおかしい」と思いました。
国は子育て支援に力を入れているにもかかわらず、
なぜ不妊治療が公的医療保険の対象外になるのか?
 
本来であれば、すべての不妊治療において自己負担はゼロにすべきではないかと思うのです。
夫婦にとって「子供が欲しい」というのは切実な願いであり、
なにものにも代えがたい尊い想いです。

A0001_006364_m
もしかすると、私のような一般人にはわからない大人の事情があって、
自己負担をゼロにするのが難しいのかもしれません。

こういった保険商品を解禁するということになると、
保険会社は競って商品を発売すると思います。

日頃、保険会社はホームページ等で社会貢献をアピールしています。
保険会社には社会貢献の一環として、利益追求に走らず、
真に不妊治療で悩んでいる人のための商品を提供して欲しいと思います。
 

■大阪府ホームページ「不妊に悩む方への特定治療支援事業について」

老後の準備なんて要らない?

マネースクールUNOの岡です。

先月、私のいとこが亡くなりました。
享年45歳、まだまだ働き盛りの年代です。

死因は「すい臓ガン」、医者にガンだと宣告されたのが今年の始めだったので、
ガンとわかってから1年足らずで亡くなったことになります。

このいとこ夫婦には子供がいるのですが、その子はまだ5歳、
父親の葬儀で無邪気に遊ぶ子供を見ると、なんともいえない気持ちになりました。

A0001_016411_m

実は今年の5月には、私と同い年の別のいとこも亡くなっています。
死因は大動脈瘤、こちらも突然の死でした。
自分と同年代の人間が死ぬというのは、なんとも切ない思いです。
    
私たちは、セミナーを通じて、
「ファイナンシャルプランニング、人生における資金繰り計画を立てよう」と話しています。

結婚、子育て、家の購入、そして老後、人生にはいろいろなイベントがあり、
そのイベントにはお金がかかります。将来必要なお金を計画性を持って貯める、
そして増やしていく、とても大切なことです。

ただ、将来のことを考えファイナンシャルプランニングを実践していても、
ある日突然「人生」そのものが終わってしまうことがある、
今年だけで同世代のいとこが二人も亡くなり、そのことを改めて感じました。

私が言いたいのは「いつ何があるかわからない、だから保険に入らないと!」
と言うことではありません。「いつ何があるかわからない、だから今を一生懸命、
楽しく生きないともったいない!」ということです。

20代や30代の若い独身の方の中にも、

「将来の年金が不安で個人年金に入りたい」

といわれる方が多くいます。若いのにしっかりしていると思う反面、

「まだ若いのに、何でいきなり老後が不安なんだろう?
 これから結婚や子育て、老後以外の人生の楽しいイベントは、
 もっとあるはずなのに・・・」とも思います。

テレビやインターネットのニュースからは、
「少子高齢化」「消費税増税」
「あの大手企業が大規模リストラ」
など、不安をあおる言葉ばかりが流れます。

将来に対する漠然とした不安から、「欲しいものを我慢し、
やりたいことをあきらめる」は楽しくないはずです。

後先を考えずに無駄遣いしろということで決してありません。

お金について学び、お金のことでつまずかないようにする、
そうすれば将来不安が消え、今、思い切ってお金を使えるはず。

「欲しい物は我慢せずに手に入れる、今を一生懸命、楽しく生きる、
 そのためにもお金の勉強をし、ファイナンシャルプランニングを実践する」

こんな考え方でもいいと思います。お金の勉強と聞くと、
難しく思われる人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。
まずはセミナーに参加し、一緒に学んでいきましょう!

マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

固定概念を覆せ!!

マネースクールUNOの有村です。

少し前の話になりますが、
「『お〜いお茶』が米シリコンバレーで大人気!」と、テレビで紹介されていました。
その人気っぷりはすさまじく、「おーいお茶」の看板をオフィスに置いて、
社員が「お〜いお茶」と記念撮影できる企業すらありました。

「お〜いお茶」って、確かに美味しいですけど、
私たち日本人にとっては当たり前過ぎて、アメリカ人がなぜそこまで熱狂するのか理由がわかりません。

ためしに調べみたところ、驚くべき事実が出てきました。


アメリカでは砂糖の入っていない飲み物は
水しか売っていないそうです。
A0002_001233_m世の中にはいろんな飲み物があるのに、なぜ・・・。

ここまでくると、率先して太ろうとしているとしか思えません。
しかも、緑茶の砂糖入りが普通に売っている国。それがアメリカ。
しかし、そんな国民性にあっても健康に対する意識の高い人は、
必ず存在するはず・・・。

そこに目をつけたのは、飲料メーカーの一人の営業マンだったそうです。

彼は当初、やみくもに飛び込み営業をしていたそうですが、ことごとく失敗。
そこで、発想を変えます。
流行に敏感な企業で飲んでもらえれば、
そこから波及する影響は計り知れないとIT系の勉強会などで試飲を実施したところ

「COOL  JAPAN!!」と大絶賛。
それからは、芋づる式に購買者が増えたとか。

そこから私が考えたことは二つあります。

一つは、日本人が当たり前と思っているサービスやモノは、
今後の電化製品に変わる輸出商品になるのではないか、という事。
既に海外では、日本の宅配便のサービスが受け入れられているそうですね。

二つ目は、固定概念に縛られてはいけない、という事。
「お〜い!お茶」も「アメリカでは甘い飲み物しか受け入れられないのに、
緑茶なんかが売れる訳無い」と思い込んでいたら、
きっと今回の成功はなかったでしょう。
まして、アメリカの企業と同じように甘い緑茶を発売していたら、
自然淘汰されていたでしょうね。

皆さんは、固定概念ってありませんか?
例えば、金融商品は金融機関で買うものだと思い込んでいませんか?
あるいは、資産運用ってお金持ちがやるものだと決め付けていませんか?
または、自分は給料が安いからお金が貯まらないと思っていませんか?

弊社は、そんな皆さんの固定概念を覆すべくマネーセミナーを行っております。
ご興味をも持たれた方は、是非一度お越し下さい。

■シリコンバレーで「お〜いお茶」ブームが席巻! 仕掛け人の“侍”を直撃

マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

「ああ言えばこう言う」保険営業

マネースクールUNOの和田です。

保険営業といえば「しつこく勧誘される」というイメージが強いかと思います。
例えば、職場にやってきて休憩時間にしつこく話しかけてきたり、
一度断ったにもかかわらず何度も電話をかけてくるなど、イヤな思いをした方も多いかと思います。

「しつこい」理由は簡単です。
契約を獲得できないと給料をもらえないからです。

契約を多く獲得できる人の中には年収が数千万円の人もいます。
一方、契約が取れない人だと年収が200万円以下になります。
そこには学歴・資格などは関係ありません。
とにかく契約を取れる人が「優秀」であり、高収入を獲得する世界です。
だから嫌がられるのは承知の上で「しつこい」営業を行うのです。

契約を獲得するために、客からのネガティブな意見に対して、
すかさず切り返す事が大事とされています。
つまり「ああ言えばこう言う」テクニックを磨くのです。
「ああ言えばこう言う」のを、保険営業の世界では「反対話法」などと言います。
これは多くの保険会社・保険代理店が研修の一環として取り組んでいます。

よくあるケースは以下になります。

★ケース1★
客 「おたくの保険よりもA社の方が保険料が安いんだけど・・・」
営業マン 「単に安いだけではダメだと思いますよ。
      保険はいざという時に役に立つかどうかが大事ですからね。
      その点当社は支払いもスムーズですし、
      契約後のフォローにお金をかけていますので安心ですよ!」

★ケース2★
客 「おたくの保険よりもB社の方が保障内容が充実しているんだけど・・・」
営業マン 「保障内容が充実している商品って内容が複雑なケースが多いんですよね〜
     (こういう場合は保険金が出ません)という細かい規定が、
      小さい字で、書いてることが多いんです。
      だから保険金不払いとかの問題が起こりやすいんですよ。」

★ケース3★
客 「C社の担当の人はすごく親切なので、保険はその人に任せたいんだけど・・・」
営業マン 「その人が今後もずっとあなたの担当とは限らないですよ。
      その人が退職したり、転勤になったら代わりますしね。
      保険って長期間継続するものなので、
      そういう理由で保険を選ばない方がいいですよ。」

★ケース4★
客 「C社ってよくテレビCMで流れているから
   知名度もあって安心できるんだけど・・・」
営業マン 「テレビCMしている会社って広告にばかりお金をかけていて、
      肝心なところにお金をかけていないことが多いんですよ。
      それにテレビCMしている会社って外資系が多いですよね。
      もし日本から撤退したら、いざというときに困りますよ。」

これは保険の営業現場ではよく使われる話法です。
こういった事を営業研修または先輩・上司を見習いながらトレーニングするわけです。

「それも一理あるな」と感じるものから、
「あの保険会社は保険金出さないって有名ですよ〜」
といったような低俗なものまで、さまざまです。
 

「ああ言えばこう言う」営業というのは、保険営業だけではありません。
証券会社や銀行でも頻繁に使われています。

こういったことに惑わされないようにするためにも、
ぜひお金についての基本的な知識を身につけていただきたいと思います。

 

健康で長生きするということは?その2

マネースクールUNOの平山です

皆さんご存知でしたか?日本の個人金融資産は1515兆円、
そのうち約60%(約909兆円)が60歳以上の方が保有しています。
日本の人口はおよそ1億2600万人、60歳以上は3802万人いらっしゃいます。

これを計算してみると 
909兆円÷3802万人=約2390万円

60歳以上の方の一人当たりの平均金融資産は、なんと2390万円になります。
年金をもらいながら、さらにこれだけの資産を平均で保有しているのです。
少しうらやましいと思いますよね。

また今年の高齢者白書によると日本人の平均寿命は男性79.64 年、
女性86.39年ですが(平成2010年現在)今後、男女とも引き続き延びて、
平成72(2060)年には、男性84.19 年、女性90.93年になるそうです。(※1)

A1180_005271_m
前回、健康だと、お金を消費するという内容をブログをお届けしましたが、
皆さんは、家庭を持って子育てしている時より、リタイアした後のほうが、
お金はかからないと思っていませんか?

しかしびっくり?今回の総務省の発表では、
子供の教育にお金がかかる世代と退職世代とでは、消費支出にほぼ変わりはありませんでした。
どの年代でも、平均で28万円前後消費に回しています。(※2)

さらに税金も払わないといけないので、
実際には、30万円を生活にかけているということになります。
現在は平均で20万円前後の年金を手にされている方が多いので、毎月10万円も足りないことになります…(※3)

10万円×12か月の120万円…そして…あと85歳まで元気に過ごすとなると…
10万円×12か月×20年=2400万円は必要です。

そして現役世代に一戸建てを購入した方ならリフォーム代金と固定資産税、
賃貸派の方は、当然家賃がかかります。冒頭にお話したような資産が、
保有出来れば問題ないのですが、不安な方は、長期のマネープランを考えてみていただけたらと感じました。

次回は自分の将来の参考のためにも、退職世代の消費の中身に迫ってみます。
私も50歳を越えましたがこのブログを書いているうちに、まだまだ自分が若造に見えてきました。
元気に頑張って、みなさんのマネープランを応援していきたいと思います。
 

※1平成24年版 高齢社会白書(全体版)オの項に記載
※2 政府統計の総合窓口 3-13世帯人員,世帯主の年齢階級別65歳以上の平均(エクセルファイルが開きます)
※3 平成19年度社会保険庁のデータより。現在参照出来ない状態になっています。

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)