固定概念を覆せ!!

マネースクールUNOの有村です。

少し前の話になりますが、
「『お〜いお茶』が米シリコンバレーで大人気!」と、テレビで紹介されていました。
その人気っぷりはすさまじく、「おーいお茶」の看板をオフィスに置いて、
社員が「お〜いお茶」と記念撮影できる企業すらありました。

「お〜いお茶」って、確かに美味しいですけど、
私たち日本人にとっては当たり前過ぎて、アメリカ人がなぜそこまで熱狂するのか理由がわかりません。

ためしに調べみたところ、驚くべき事実が出てきました。


アメリカでは砂糖の入っていない飲み物は
水しか売っていないそうです。
A0002_001233_m世の中にはいろんな飲み物があるのに、なぜ・・・。

ここまでくると、率先して太ろうとしているとしか思えません。
しかも、緑茶の砂糖入りが普通に売っている国。それがアメリカ。
しかし、そんな国民性にあっても健康に対する意識の高い人は、
必ず存在するはず・・・。

そこに目をつけたのは、飲料メーカーの一人の営業マンだったそうです。

彼は当初、やみくもに飛び込み営業をしていたそうですが、ことごとく失敗。
そこで、発想を変えます。
流行に敏感な企業で飲んでもらえれば、
そこから波及する影響は計り知れないとIT系の勉強会などで試飲を実施したところ

「COOL  JAPAN!!」と大絶賛。
それからは、芋づる式に購買者が増えたとか。

そこから私が考えたことは二つあります。

一つは、日本人が当たり前と思っているサービスやモノは、
今後の電化製品に変わる輸出商品になるのではないか、という事。
既に海外では、日本の宅配便のサービスが受け入れられているそうですね。

二つ目は、固定概念に縛られてはいけない、という事。
「お〜い!お茶」も「アメリカでは甘い飲み物しか受け入れられないのに、
緑茶なんかが売れる訳無い」と思い込んでいたら、
きっと今回の成功はなかったでしょう。
まして、アメリカの企業と同じように甘い緑茶を発売していたら、
自然淘汰されていたでしょうね。

皆さんは、固定概念ってありませんか?
例えば、金融商品は金融機関で買うものだと思い込んでいませんか?
あるいは、資産運用ってお金持ちがやるものだと決め付けていませんか?
または、自分は給料が安いからお金が貯まらないと思っていませんか?

弊社は、そんな皆さんの固定概念を覆すべくマネーセミナーを行っております。
ご興味をも持たれた方は、是非一度お越し下さい。

■シリコンバレーで「お〜いお茶」ブームが席巻! 仕掛け人の“侍”を直撃

マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

“固定概念を覆せ!!” への1件のフィードバック

  1. なるほど?。
    裸足の国に降り立った、ふたりのサンダルのセールスマンを思い出しました。
    私コーヒー、紅茶は甘口ですが、緑茶に砂糖は無理。
    そういえば、
    最近ノンシュガーのペットボトル紅茶が意外と美味しくてびっくりでした。
    実は主婦の発想で発明をして、一発当るぞ?と考えています。
    固定観念はいけません。豊かな発想、発想の転換で、閃きのインスピレーションを引き寄せなければ。
    ヒントは隠れてもいないのに、普通にしてたらまるでみえない。
    今日も当たり前じゃないアンテナを立てていたら、面白い話に出会いました。

コメントを残す