貯蓄? 投資? 「子ども手当」の使い道

マネースクールUNOの岡です。

師走の総選挙は民主党の壊滅的な敗北、自民党の圧倒的な勝利で終わり、安倍自民党政権が
誕生しました。
「政治」の世界は難しいと考えてしまいがちですが、私たちの生活に直結することなので、
「ひとごと」ではなく、きちんと注目しておくことが大切です。

A0002_000876

お金にまつわる制度や法律も、政権交代で変わる可能性もあります。

例えば、「子ども手当て」。3年前に政権を奪取した際の民主党の目玉政策でした。
「子ども手当て」とは、少子化対策として月額23000円を支給するというもの。
(子ども手当ては2012年4月からは「児童手当」と名前が変わり、
原則1ヶ月1万円が支給されています)
「ばら撒きだ!」という批判に対し、「支給された手当は、レジャーに回ったり
子供のための物を買ったりで消費に回る、消費に回れば景気回復にもなる」といった
論戦がなされたように思います。

では、実際はどうだったか?

厚生労働省の「平成23年 子ども手当ての使途に関する調査結果」によると、
最も多い回答は「子供の教育費等」なのですが、約20%が「子供の将来のための貯蓄等」
と回答しています。

マネースクールに参加される多くの方とお話ししている私自身の感覚では、
この統計以上に「子ども手当ては子供たちの将来のために貯蓄している」という
ご両親が多いように感じます。

「いよいよ消費税が上がる!」「将来、年金がもらえなくなるかもしれない」
テレビや新聞からは、将来不安を煽るフレーズが次から次と流れてきます。

「自分達でさえ将来が不安なのに、子供たちの時代は一体どうなるのか?
せっかくの子ども手当てだから、無駄遣いせずに貯めておこう!」
そんな気持ちから貯蓄しているはずです。
子供のために貯蓄することが悪いことではありませんが、思い切ってお金を使うことも大切。
消費活動が活発になれば、景気も回復するはずです。

今後、自民党政権で、お金についての制度がどう変化していくかはわかりません。
ただ、どんな制度や仕組みになったとしても、お金についての正しい知識を持ち、
小さなお金でも増やしていくことが出来る自信が持てれば、思い切ってお金が使えるはず、
そのためにも是非マネースクールに参加してみて下さい。

2013年もスタッフ一同、お待ちしています!

厚生労働省「平成23年 子ども手当の使途に関する調査結果」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z4ni.html

健康で長生きすることは? その4 〜 お金の寿命

マネースクールUNOの平山です。

 

お金の年齢や寿命って聞いたことありますか?
会社員の方だったら、毎月給料をもらいます。
「今日は給料日、何かおいしいものでも!」と、友達と飲食に出かけ、
支払いが1万円だったら、その1万円の寿命は1日です。

 

でも、給料から2万円を貯金したとします。
その2万円の寿命は何年になるでしょうか?

 

5年後の結婚式に使ってしまえば、そのお金の寿命は5年で終わります。
でも、その給料の中には、50歳まで、または60歳まで、生き残るお金があります。
もっと言えば子供に相続するお金になるものもあるかも知れません。

そうです? お金にはちゃんと寿命があるのです。

もし現在、あなたが30歳で、50歳まで使わなければ、そのお金の寿命は20年、
60歳の定年まで使わなければ30年です。

この20年、30年のお金の寿命に合わせてお金を成長させようというのが、
『長期投資』の考え方です。

多くの人が、お金を増やしたいと考えて、1年後や2年後に増やそうと金融商品を選んだり、
相場のタイミングを考え、おいしい話に飛びついたりして、結果的に痛い目に合いますが、
そんなことする必要はありません。
今は円高だから来年は円安だろうと、「ドルを買っておこう」などと考える必要もありません。
あくまでも20年後に資産が増えていれば良いのです。

A0001_016831_2

では、資産はどのように成長させるのでしょう?

資産運用で大事なことは、まず『少額』を大切にすることです。
給料を全部使ってしまうのではなく、投資資金として積み立てましょう。

毎月2万円 × 12か月 × 20年=480万円
毎月2万円 × 12か月 × 30年=720万円

毎月の積立額を決めたら、次に、『分散投資』という方法を考えます。
分散投資とは、日本国内に限らず、世界の株式や債券や不動産などへも目を向けることです。

今後、世界の中で、どの地域が成長していくのでしょうか?
アメリカでしょうか? 中国でしょうか? ユーロが復活するのでしょうか?
それとも日本が劇的に蘇るのでしょうか?

確実な答えはありませんし、予測も大変ですよね。
将来のことは分からないので、投資先の配分を考えていきます。
私たちインストラクターは、そのお手伝いをしています。

そして、最後に、大切なことは『定時の行動』です。
『定時の行動』とは、毎月の投資額を決めたら、購入を継続するということです。

株式や債券には景気の動向によって、価格の波があります。
安い価格で買って、高い価格で売りたいのが、人の心理です。

投資はこの心理との戦いです。
買うタイミングを考えるのも難しい話です。

常に同じ金額で投資していけば、同じものを安い時にはたくさん買えて、高い時には
少ししか買わなくて済みます。
これを『時間分散』や『定時定額』といいます。

投資行動をとる際に、長期、分散、少額、定時定額という基本をぜひ取り入れてください。

少し難しいと感じた方もいらっしゃると思いますが、
マネースクールのインストラクターは貴方の長期投資をしっかりと応援します。

毎日新聞の記事『若者も注目 にぎわう投資セミナー』  に取材協力させて頂きました。

毎日新聞、12月11日朝刊の記事『若者も注目 にぎわう投資セミナー』に取材協力さ
せて頂きました。

超低金利の時代に株式や債券外貨建て金融商品などへの運用方法を学ぼうと投資相談
会社のセミナーへの参加者が急増している世の中の状況を取材した記事に、メインの
取材対象として登場。稲葉社長の「長期分散投資」についての力強いコメントを中心
に展開する、読み応えのある記事となっています。

Newspapper

先進医療特約

マネースクールUNOの和田です。

ご存知の方も多いと思いますが、最近販売されている医療保険には必ずといっていい
ほど「先進医療」の保障がついています。

私は基本的に平日が休みなので、休日の昼間にテレビを見ていると「先進医療を最高
2000万円まで保障します」といった医療保険のCMをよく見かけます。時間帯を考え
ると、おそらく主婦層をターゲットにしているのだと思います。

そういった影響もあり、保険ショップでは「先進医療特約がついた医療保険に入りた
い」といって来店される方も多いと聞きます。

先進医療とは、厚生労働大臣によって定められた高度な医療技術を用いた療養のこと
で、技術料が全額自己負担になります。そのため、治療によっては自己負担が高額に
なるケースもあります。
しかしながら、実際にどのくらい費用がかかるのかを詳しく知っている方は少ないと
思います。
公益法人生命保険文化センターのホームページで先進医療の制度・具体例ついてわか
りやすく解説されています。

1_4 ※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

上記の例では公的医療保険の自己負担87430円と先進医療の技術料100万円の
合計額1087430円が自己負担額になります。


2_3
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます

先進医療は、「公的医療保険の対象にするかどうか」を評価する段階にある治療・
手術です。だから必ずしも「優れた治療」「受ければ必ず治る」というわけではあり
ません。実際のところ、先進医療を受ける人はまだまだ少ないのが現状です。 

そのため、保険の営業マンによっては「先進医療なんて受ける人はほとんどいないから
必要ないですよ!」という人もいます。 
しかし実際に先進医療を受けることになると、数百万という高額な治療費がかかる
ケースがあるのは事実です。

保険というのは、「めったに起きないけど、起きた時の被害が大きい」ケースに備えて
加入するもの。

「受ける人がほとんどいないから必要ない」という考え方はおかしいと思います。

先進医療特約の保険料は月々70円?130円程度なので、「治療の選択肢を広げる」と
いう意味ではあった方が良いと思うのです。

 

 公益財団法人 生命保険文化センター
「先進医療とは? どれくらい費用がかかる?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/medical/12.html

美容院と保険

マネースクールUNOの有村です。

季節に関係無く、女性は特に、髪のうねり・広がりって気になりますよね。
ほんと大変ですよね。

私もクセ毛に悩まされて30数年。
髪の毛関連のグッズにはどれだけのお金を投じたかわかりません!
自分で出来るストレートパーマから始まり、ヘアアイロン各種、ナノドライヤーに
くるくるドライヤー、トリートメントにワックスなどなど。
 

Biyou

しかし、ここ数年は縮毛矯正というものが一般的になり比較的ラクになりました。
みなさんの中にも、この縮毛矯正のおかげで朝の時間が短縮できるようになった方が
おられるのではないでしょうか?

つい先日も、この縮毛矯正をかけるため初めての美容院に初回20%オフチケットを
しっかりと握りしめて行ったのですが、
そこの美容師さんがとてもプロ意識の高い丁寧な方。

「全面的に矯正をかけると髪へのダメージが強くなるし、ふんわり感もなくなるので
前髪やサイドだけというようにパーツ毎に分けて必要な部分だけにしておきませんか?」
との事。

今まで通っていた美容院ではこのような提案がなかったため、
「そんなこと出来るんですか!?」と目からウロコ状態です。

矯正をかける時は髪の全部分にかけないといけない、と思いこんでいたのです。
全部かけるとぺたんこになるのが悩みであったのですが「そんなもんか・・・」
と諦めていました。

それが!

必要な部分に必要なだけでいいの!?

早く知っておけば「髪が海苔みたい」とか言われて悲しい想いをせずに済んだに・・・。

職業柄もありますが、「これって保険にも言えるなぁ」とキレイになった髪を
撫でながら思ったのです。

保険の基本は、必要な部分に必要なだけ。
必要ない部分にまでかける必要なんて全くないということです。
余計な部分にかけるのは余計な出資があるだけで、いい効果なんてあり得ない。

だけど、多くの人は、その「必要な部分」がわからないんですよね。
世の中には、お客さんの事を考えずに、自身の都合で「クセ毛は全体にかけなきゃ
ダメ!」なんて薦め方をする方が多いですもんね。

私の髪のケースで言う、プロ意識の高い丁寧な美容師さん、
プロ意識の高い丁寧なプランナーとの「出会い」も大切。

今、パソコンのモニターの前で、もしくはスマホを覗き込みながら深く頷いている方。
まずは無料マネーセミナーにお越しください。きっといろんな発見があることと思います。

もちろんお友達やパートナー、ご家族の方とご一緒でも大歓迎です。