偏見を捨てると… 人生は…

マネースクールUNOの和田です。

皆さんはNHKの「スーパープレゼンテーション」という番組をご存知ですか?

これはアメリカで行われたプレゼンテーションのイベント「TED カンファレンス」
の中から特に注目されたプレゼンテーションを紹介する番組。文化・芸術・科学・IT
などの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネ
ルギーと驚きに満ちた個性的なプレゼンを披露します。

ちなみにこの番組でいう「プレゼンテーション」とは、さまざまな話題をテーマに、
話し手が自分の伝えたい事を聴衆の前で自由に発表することです。 

今まで見る機会がなかったのですが、たまたま正月休みにテレビを見ていたら放送
されてたので見てみると、あまりのプレゼンテーションの素晴らしさにどんどん引き
込まれました。
 

Mh900297131

その中で、画家のラガヴァ・KKという人のプレゼンテーションが特に印象に残って
います。彼は自分が作ったiPad用の『揺すぶるとストーリーが変わり観点が変わる
絵本』についてのコンセプト説明の中で、「人が偏見を持つことは変えられないが、
様々な角度から物事を見ることは可能であり、これを子供達に教えることが大切である。

そうすることによって他人の立場になって物事を考える能力が身につき、ひいては
世界中で起こっているさまざな紛争を解決するきっかけになる」という言葉が特に
心に響きました。

彼の言うように、偏見を完全になくすことは無理だと思います。私自身、知らず知らず
のうちに、数え切れないほどの偏見を持っていると思います。

投資に関して、多くの日本人は偏見を持っています。

昨年末に友人と忘年会をした時のことです。友人から「今は何に投資したら儲かるの?」
「お前に100万預けたら1年でいくらにしてくれる?」といった質問を投げられました。

お酒の場で「投資理論とは…」なんて話をすると嫌われるので、冗談で「1年で2倍に
できるよ!」と言うと、「お前に任せたら半分にされるわ!」と笑い飛ばされました。
その場は笑って過ごしたのですが、やっぱり友人達も投資に対して偏見を持っている
んだという事をしみじみ感じました。

でも、この私の友人だけでなく、多くの日本人が同じ認識を持っていると思います。

この偏見は、我々日本人が金銭教育を受けてこなかった事に起因するものです。
私もその一人であり、金融業界で仕事をする前は「投資=ギャンブル」と思い込んで
いました。

しかし、金銭教育が進んでいるアメリカやイギリスでは、『投資は確立した理論に
基づいてお金を殖やす方法である』ということが国民に幅広く浸透しています。

例えば日本でも、国民年金や厚生年金等の公的年金の一部は投資運用をしています。
もし「投資=ギャンブル」なのであれば、国は国民から集めた大切なお金でギャンブル
をしていることになります。当然ながら国がそんなことをするはずがありません。

とはいえ、長年持ち続けた偏見を急に払拭することは難しいとも思います。
でも、偏見に囚われたまま人生を過ごすよりも、まずは違う意見を聞いた上で判断
する事が、人生を有意義なものにする為にとても大事だと思います。

最高の仕事

マネースクールUNOでマーケティングを担当している西原です。

昨日、お仕事関係のお知り合いのお母さんが、私どもの『マネースクールUNO』を
受講するために来社してくださいました。

きっかけは、その方とのお仕事の打ち合わせ最中のこと…

私は、お仕事をご一緒する時でも、相手の方に、私たちの会社の理念を理解して
「この会社と一緒に、元気のない世の中を何とかしよう!」という熱い気持ちに
なって頂くのが「いい仕事」ができる一番の近道だと考えるので、初対面では、
そのコンセプトや想いを起業者に成り代って熱く語ります。(起業者のパワーには
遠く及びませんが…まずは精一杯)

その方にも、会社やスクールのあらましやコンセプト、その想いをお話ししたところ、
感激して「私、受講したいです!」と言ってくださいました。
結果的には、今回、お忙しくてスケジュールが合わずに受講できないという残念な
ことになってしまいましたが、彼女のこんなに深い理解と、強い関心を感じて、
「こりゃいい仕事になるぞ」と私自身は満足していたのですが。

彼女の方はどうにも満足できなかった様子で… 
自宅に帰っても、居ても立ってもおられずに、お母さんにスクールの話をしたそうです。
すると、その関心が伝染して、お母さんが「私が受講する!」と、即、思い立って
申し込んでいただけたとのこと。
私がその経緯を知ったのは、申し込みが終わった翌日の事後報告でした。

 

Blog

そして、昨日が受講を申し込んで頂いたその日…
弊社の代表である稲葉の2時間のセミナーが終わった後に、お母さんにご挨拶させて
頂きました。

お母さんは、ちょっと高揚した様子で、「本当にいいお話でした。自分が金融商品
についてたくさんの勘違いをしていることに気づかせて頂きました!」と感謝されて、
私自身も思わず感激。

私がUNOのセミナーを初めて聞いた時とまったく同じ、「驚き」「気づき」、そして
「勇気」を共有して頂けて、やんわりとした仲間意識さえも芽生えたような気もしたり。
お母さんは、「もっともっとお話が聞きたいんです!」と次のステップである個人面談
を予約されてお帰りになりました。

愚直なまでの生真面目さと、人一倍の熱さと、人に対する敬意と優しさ。
そんな、直球しか投げられないマネースクールUNO。
その想いがしっかり伝り、受講された方の心の中に芽生える瞬間を見たような
気がしました。

現状を変えたいと、関心を持って集まってくださる皆さんのポジティブな想いが一番
に素晴らしいですが、今夜は、私が関わるこの仕事が、やり甲斐があって、大きな
達成感のある 最高の仕事だと再認識させて頂きました。

今回、そんな振り返りをさせてくださった、娘さんと、そのお母さんに深く深く感謝です。

「顧客に商品を売る」売り子ではなく、「クライアントを助けたい」という不動の想い。
そんな"錦(にしき)の御旗"を掲げられる仕事は、もう最高なのです!

※ 知人と、そのお母さんには、承諾を得て執筆致しました。

これだけかかる!結婚式

マネースクールUNOの有村です。

妙齢の独身女性にはキツイ季節・・・ 
そう、ウェディング・シーズンがやってきましたね!

みなさん、ライフプランの中にきちんと予備費を作って対応してますか?

かくいう私も、近々友人の結婚式を控えておりご祝儀に頭を悩ませている毎日です。

結婚式って、招待される側もドレスやら髪型やら移動費やらで何かとお金がかかりますが、
する側はその数倍大変なようです。

身近で結婚式をされたことがある方はご存知かもしれませんが、結婚式は最終的に
当初予定金額を遥かに上回る金額に落ち着くそうですね。

以前このブログの『結婚すべきか否か』にも登場した本末転倒カップル
http://blog.msuno.jp/2012/06/post-3204.html)も、ご主人側のご両親から
資金援助をしてもらうという荒業でいよいよ結婚式を挙げる運びとなりました。

そこで、結婚式の実質負担はどのくらいなのかを興味本位で本人に聞いてきましたが…

本当に驚きました!

当初の設定金額は、120万のセットプランだったそうです。
それが、ウェディングベールにスパンコールを使っているので金額アップ、料理の
デザートを変更するのに金額アップ、メイクのスポンジ代に3000円アップ、プロ
カメラマンによる式撮影で10万円アップ、極めつけは背中にファンデーションを塗
ってもらうだけで5万円アップだそうです。

それら諸々を全て断りに断って見積もられた費用総額合計は約250万円!

これらの金額チェックを行わずに、「それでいいです。」と言い続けた別の友人は、
トータルで500万円を超えていたそうなので震えますね。

 Flower

(こんなテーブルフラワーもピンキリなんですってよ・・・)

 

たかが結婚式、されど結婚式。
するかしないかは自由ですし、「結婚式は夢で憧れ!」という人もいれば、もちろん
結婚自体をしないという選択肢もあるでしょう。

この本末転倒カップルにしても、資金不足なので結局はしないということに落ち着き
かけていた所を、お相手のご両親が「親戚関係へのケジメもあるので、結婚式は挙げ
てほしい」と非常に強く要望されたと聞きます。

つくづく、結婚って本人たちだけの問題ではないんだなぁと思い知らされる今日この頃。
今回は運よくお相手のご両親に助けられましたが、どこの親も資金援助してくれるとは限りません。

使う、使わないは別としてお金の準備と計画をしておくことは大事なことです。

「私は、結婚するつもりがないのでその日が楽しければいいわ。」では言い訳になりません。

そういう方は、結婚式費用が必要なくても親の介護費用や自分の老後費用が必要でしょう?

自立した女性になるには、お金の知識は不可欠です。

あなたの知らない世界 Vol.4 〜 モノの値段ってどうやって決まるの?

マネースクールUNOの福島です。
 

前回のブログ で子供銀行について書きましたが、密かにご好評をいただいたようですので、
今回は『あなたの知らない世界シリーズ第4弾』として、「モノの原価」について書いていきます。

「原価」というのは、「あるモノを作るための必要な費用」と「販売に必要な費用」のことです。

自動車を例にすると、「あるモノを作るための必要な費用」とは、

? 車体、エンジン、ブレーキ、ハンドルといった”部品を作るための費用”
? 車を組立てる人の給料など”部品を組み立てるための費用”

を指します。そして、「販売に必要な費用」とは、

? 営業マンの給料や広告費といったものです。

この原価に企業の利益を上乗せした金額が「物価」となり、普段みなさんが店頭で
目にする値札に書かれる金額となるのです。

ですから、原価をいかに安く抑えるかが企業の儲けを左右することになります。

 

では、みなさんが身近で目にする、さまざまなモノの「原価」と「物価」は
いくらなのでしょう?
書籍やWEBサイトで調べてみました。
 

品名

物価

原価

 自動車(トヨタ・カローラ)

 140万円  

 22万円

 ファミレスのハンバーグ

 約400円

 25?35円

 ファミレスのドリンクバー

 約200円

 5円

 フライドポテトMサイズ(マクドナルド)

 240円

 15円

これらの情報は、企業が公式に発表しているものではなく、二次的な情報でしかありませんが、
身近なモノがこんなに安く作られているのかとビックリしてしまいます。

 

一昔前に比べると、鉄やアルミニウム、原油といった原材料費は高騰していますし、
時に大きな金融危機が発生したりと、企業を取り巻く環境は厳しくなっています。

このような安い原価でモノを作るために、企業は多くの努力と犠牲を払っているのです。
そして、そのしわ寄せは私たちにも降りかかっています。

Mp900382634_2

 

 

 

 

 

 

 

 

給与が大きく上がりづらい派遣社員やパート・アルバイトといった「非正規雇用」の人々が
年々増えており、私自身も、クライアントさんと個別面談をするたびに、
「今を生きるのに精一杯」という若者が増えていることを実感させられます。
たくさんの夢や希望を持ちながら、夢を実現することは困難だと諦めている方もいます。

「夢を実現するためには、お金という裏付けが必要」。

この言葉はライフプランを考える上での土台となる考えです。ですから、結婚や出産、
子どもの学費準備…といったイベントを達成するための方法として、小さなお金でも
増やしていくことが出来る「投資運用」を真剣に考えなければならないのです。

現状に満足せず、漠然とした不安を抱えているあなた、ぜひ私たちと夢や希望を
実現させていきましょう!

出典:「データでわかるモノの原価」(ソフトバンク・クリエイティブ)
        「図解 儲けの秘密 100のカラクリ (別冊宝島)

もっと若い時から老後に備えて貯蓄していれば…

マネースクールUNOの宮田です。

先日、通勤電車の中で、50歳代後半くらいのスーツを着たサラリーマン風の男性2人が、
こんな会話をしていたのを聞きました。

男性A 「あ?、ほんまに一生貧乏のまま終わるんやな?」

男性B 「ほんまやな?、ここまでの人生何一つ良いことなかったような気がするわ?」

男性A 「もっと若い時からちゃんと考えて金貯めとったら良かったわ?」

男性B 「俺もほんまそう思うわ、時すでに遅しやな?」

男性A 「しかも、iPS細胞で再生医療とか、そんなんたまらんわ?。
             金無くて早く死にたいのに、再生医療とかで命延ばされたら最悪や?!
             江戸時代に生まれた人が羨ましいわ」

男性B 「え?なんで?」

男性A 「だって、江戸時代の人は今より寿命短いやん。俺こんな金無い状態
             やったら寿命短い方が絶対幸せやと思うわ?」

1

この会話をじっと傍で聞いていた私は、本当にびっくりして唖然としてしまいました。
医療技術が発達して、長生きできる = 幸せなこと、と当然に思っていたからです。
角度を変えて物事を見ると、そんな見方もあるんだなぁ・・・と複雑な心境でした。

私の描いている老後とは、それまで頑張ってきた自分に神様がくれたご褒美。
それまでにやりたかったけど出来なかった事を実現したり、行きたかったけど
行けなかった所に行ってみたりと、たくさんの時間を目一杯楽しめる人生最高の
時期です!!

それが叶わぬ老後となるならば…  
私自身も、彼らと同じようなセリフを吐いていたかも知れませんが…

改めて、若い頃から、老後のことまできちんと真剣に考え、貯蓄や資産運用を
することの大切さを再認識させられた出来事でした。

ひょっとしたら、この2人の男性が特殊なケースだったのかもしれません。

しかし、いかにもお金に余裕がない状況という風貌の方ではなく、
冒頭の説明の通り、ごくごく普通の、きちんとしたスーツ姿のサラリーマン風の
男性だったのです…

今を楽しむだけでなく、今も将来も程良く楽しい生活ができるように、少しでも
早くから、将来を見据えた資産運用を考えることは大切なんですね。

マネースクールUNOでは無料セミナーを開催しております! 

ぜひ一度、ご参加ください。

マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)?
マネーセミナーの申込み(携帯)