最高の仕事

マネースクールUNOでマーケティングを担当している西原です。

昨日、お仕事関係のお知り合いのお母さんが、私どもの『マネースクールUNO』を
受講するために来社してくださいました。

きっかけは、その方とのお仕事の打ち合わせ最中のこと…

私は、お仕事をご一緒する時でも、相手の方に、私たちの会社の理念を理解して
「この会社と一緒に、元気のない世の中を何とかしよう!」という熱い気持ちに
なって頂くのが「いい仕事」ができる一番の近道だと考えるので、初対面では、
そのコンセプトや想いを起業者に成り代って熱く語ります。(起業者のパワーには
遠く及びませんが…まずは精一杯)

その方にも、会社やスクールのあらましやコンセプト、その想いをお話ししたところ、
感激して「私、受講したいです!」と言ってくださいました。
結果的には、今回、お忙しくてスケジュールが合わずに受講できないという残念な
ことになってしまいましたが、彼女のこんなに深い理解と、強い関心を感じて、
「こりゃいい仕事になるぞ」と私自身は満足していたのですが。

彼女の方はどうにも満足できなかった様子で… 
自宅に帰っても、居ても立ってもおられずに、お母さんにスクールの話をしたそうです。
すると、その関心が伝染して、お母さんが「私が受講する!」と、即、思い立って
申し込んでいただけたとのこと。
私がその経緯を知ったのは、申し込みが終わった翌日の事後報告でした。

 

Blog

そして、昨日が受講を申し込んで頂いたその日…
弊社の代表である稲葉の2時間のセミナーが終わった後に、お母さんにご挨拶させて
頂きました。

お母さんは、ちょっと高揚した様子で、「本当にいいお話でした。自分が金融商品
についてたくさんの勘違いをしていることに気づかせて頂きました!」と感謝されて、
私自身も思わず感激。

私がUNOのセミナーを初めて聞いた時とまったく同じ、「驚き」「気づき」、そして
「勇気」を共有して頂けて、やんわりとした仲間意識さえも芽生えたような気もしたり。
お母さんは、「もっともっとお話が聞きたいんです!」と次のステップである個人面談
を予約されてお帰りになりました。

愚直なまでの生真面目さと、人一倍の熱さと、人に対する敬意と優しさ。
そんな、直球しか投げられないマネースクールUNO。
その想いがしっかり伝り、受講された方の心の中に芽生える瞬間を見たような
気がしました。

現状を変えたいと、関心を持って集まってくださる皆さんのポジティブな想いが一番
に素晴らしいですが、今夜は、私が関わるこの仕事が、やり甲斐があって、大きな
達成感のある 最高の仕事だと再認識させて頂きました。

今回、そんな振り返りをさせてくださった、娘さんと、そのお母さんに深く深く感謝です。

「顧客に商品を売る」売り子ではなく、「クライアントを助けたい」という不動の想い。
そんな"錦(にしき)の御旗"を掲げられる仕事は、もう最高なのです!

※ 知人と、そのお母さんには、承諾を得て執筆致しました。

コメントを残す