フリーペーパー『マネースクールUNO vol.0』創刊準備号完成

弊社が出版するフリーペーパー『マネースクールUNO vol.0』創刊準備号完成しました。
4/1より紀伊国屋梅田店にて封入配布。弊社のクライアントの皆様には郵送。セミナー「マネースクールUNO」に参加頂いた方にも差し上げています。

「お金の知識」をわかりやすく伝えて広げて行く…
そんなでっかいテーマを背負った小さなバッグサイズのマガジン。
表紙には関西で注目のタレント小笠原貴子さんに登場して頂きました! 
ぜひともご一読ください!!

Uno00_3

教育資金にも お金の知識は欠かせません

マネースクールUNOの岡です。

先日、何気なく見ていたテレビ番組で、「奨学金」についての特集がオンエアされていました。
その番組内でも紹介されていたのですが、日本学生支援機構の「平成22年度学生生活調査」
によると、大学生の約50%、大学院生の約60%が奨学金を借りて進学しており、
大学院まで学費を全面的に親が負担しているケースは少ないようです。
 

生命保険文化センター「奨学金を受けている学生の割合はどれくらい?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/10.html
   

Mh900416798

番組の中で、就職を控えた某有名私立大学の4回生にインタビューしていたのですが、その学生の奨学金の借入残高は実に700万円!

就職し、コツコツと返済していくわけですが、とても数年で返し終わる金額ではありません。

また、ある女子学生のインタビューも印象に残りました。
その方も数百万の奨学金の借入残高があるのですが、「将来、結婚したい人と出会い、
その人に『自分には数百万の借金がある』ことを告白したとして、本当に結婚できる
のだろうか?」と、漠然と悩んでいました。

今から社会に巣立つ彼女にとって、この奨学金はとてつもない「重荷」になってるようで、
何ともいえない気持ちになりました。

私は、奨学金を借りること自体は悪いことではないと思います。
今、日本は晩婚化が進んでいて、初めての子供を授かる年齢が40歳という人も珍しく
はありません。
40歳で子供を授かれば、その子が大学に進学する時の親の年齢は50代後半、老後の
準備と重なります。
その先収入が少なくなっていく中で、老後の準備をしければならない親が子供の教育
資金を負担するよりも、若い子供自身が教育資金を負担する方が、ごく自然な流れか
と思います。

ただし、愛する我が子が社会に旅立つ時、負債を持ってのスタートはさせたくないと
願うのは、親の偽らざる気持ちのはず。
大切な子供のために、何とか教育資金の準備はしてあげたい、でも自分の老後の準備
もしなければならない・・・

大学4年間でかかる費用は、自宅から国立大学に通った場合で平均511万円、下宿で
私立理系に通った場合で平均1093万円必要です。
 

生命保険文化センター 「大学生にかかる教育費はどれくらい?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/6.htmlhttp://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/6.html

だからこそ、「お金」についての正しい知識と準備が必要になります。

多くの親たちは、教育資金を「学資保険」で準備しようとします。
でも、今の低金利時代では、学資保険では子供の教育資金は準備できないはずです!

※ 学資保険については、財コンサルティングの各インストラクターが、ブログで意見を述べています。興味のある方は以下をご覧下さい。
 

■ 財コンが申す!
http://www.4143.com/inabablog/?p=1108http://www.4143.com/inabablog/?p=1108
■ まいど!財コンです 
http://www.zaicon-shigemasa.com/archives/3675248.html
  

学資保険に限らず、私たちの親たちの時代の「お金に関する常識」が、今の時代では当てはまらなくなっています。

守るべき”古き良き慣習”もあります。しかし、固執すべきでない”無用の常識”もあるのです。「疑問」や「問題意識」は刻一刻と流れて行く時間の中で生きる私たちの大切な防衛本能。??

よりよき人生の為に「知識のインプット」は欠かせませんね。

インフレってホントに起こるの?

マネースクールUNOの平山です。

私が妻と知り合って、かれこれ30年になります。
ドライブの帰り、彼女を家まで送った後にいつもガソリンを入れて帰っていたあの頃…
1リットル140円くらいだったでしょうか。

昨年末を思い返すと、ガソリンの価格は、あの頃と同じ1リットル140円程度。
30年間、ガソリンはほとんど値上がりしていないと言えるのでしょうか?

Clip_image002

上のグラフは、日本が輸入している石油の値段の推移です。
当時は25ドルから30ドルで動いていたのがわかりますね。
ところが、現在は90ドルから100ドルで推移しています
なんと3倍以上に値上がりしています。

しかし1リットルあたりのガソリンの値段は、ほとんど変わっていません
どうしてでしょうか?

皆さんは為替レートをご存知ですか?
1ドル=100円というのは、100円で1ドル買えるということ。

当時は1ドル240円でした。
1ドル買うのに240円も必要だったのです。
ところが2011年10月に1ドル=75円台に突入しました。
1ドルを買うのに240円もかかっていたのに、
なんと75円で1ドルが買えるようになったのです。
これは円の価値が、およそ3倍になったということ。

だから原油の値段が3倍になっても、
円で払う値段は変わりませんでした。

日本は昨年初めまで75円で買えていた1ドルが今では95円になっています

95円?75円=20円

同じものを買うのに20円も余計に払わなくてはなりません。

世界では物の値段が上がっていたのに、日本で物の値段が上がらなかったのは、この為替の
影響があったので、(1991年から2012年までの平均インフレ率・米国2.38 日本0.23)
海外旅行に安く行けたり、ワインが値下がりしたりしました。

国内の商品も対抗して値下げせざるを得ない状況でした。

なんとなく円安に向かっているような世間。
いずれ、日本も物の値段が上がってくるのかも知れませんね。

総合力で勝つ

マネースクールUNOの和田です。

私は毎年正月に全国高校ラグビー大会を見に行くのが恒例になっています。会場は
大阪の東大阪市にある近鉄花園ラグビー場で、年末から正月にかけて行われます。

最初は正月に家にいると飲み食いばかりして太ってしまうからというある意味不純な
動機だったのですが、回を重ねるごとに、懸命にボールを追いかける高校生の姿に感動
するようになりました。

あまりの感動に涙を流すこともあります。

今年は大阪代表の常翔学園と奈良代表の御所実業との決勝ということもあって、関西
出身の私としてはとても盛り上がった大会でした。

試合を見るのと同じくらい楽しみにしているのが、各チームの円陣を見る事です。

試合前に選手全員が肩を組んで円をつくり、大声で気合いを入れるのです。
戦いの前に自分自身を鼓舞し、仲間を信じ、力を合わせて戦いぬく決意の儀式です。
その迫力はスタンドにいても十分伝わってくるのです。

また、各チームそれぞれ特徴があって、とくに大阪代表の大阪朝鮮高級学校の円陣は
とても特徴があります。見ていてとても「かっこいい」です。円陣の後は会場からも
大きな拍手が沸き起こります。

円陣とは違いますが、ニュージーランド代表であるオールブラックスの「ハカ」は
世界的にも有名です。

「戦う男」「強い男」が好きな女性は必見ですよ!

ご存知の方も多いと思いますが、ラグビーは1チーム15人で行い、他の団体競技と比較
すると、かなり大人数で行う競技であり、ポジションによってそれぞれ役割があります。

ルールは少し複雑な所はありますが、簡単にいうとボールを前に投げずに敵陣に持ち
込む競技。敵と激しくぶつかり合うので格闘技に近いものがあります。

Mh900448327
このラグビーという競技は、15人という大人数で行うので、数人のスター選手が
いたからといって勝てる競技ではありません。一人一人がそれぞれの役割を果たして、
「総合力で勝つ」競技です。

そのため、他の団体競技と比較して番狂わせがほとんどないのが特徴です。
ミスが続いて接戦になる事はあっても、最後は総合力の上回ったチームが確実に勝ちます。

これは資産運用とすごく似ています。株式などの積極的に殖やしていく攻めの資産や、
債券などの守りの資産を組み合わせて、総合力で戦っていく。
途中でいろんなアクシデントがあったとしても、最終的には勝つ。

資産運用という負けの許されない戦いだからこそ、「総合力で勝つ」ことが重要だと思います。