日本のインフレはどっち?

マネースクールUNOの平山です。

日経新聞の読者アンケートで69%の方が「今後インフレになりそう」と回答していました。
インフレはモノの値段が上がることですが、どうして物の値段は上がるのでしょうか? 

更に皆さん、このインフレには二つの種類があるのをご存知でしょうか?

中国の生活水準の向上を例にお話ししましょう。

生活水準が上がると、食生活に変化が生まれますよね。

A1180_006110

以前、中国は豚肉を輸出していましたが、生活が豊かになると、国民が豚肉を食べ
られるようになり、国内の豚肉を輸出できなくなりました。

さらに豊かになった今では、豚肉を輸入しています。

今まで豚肉を輸出していた中国が、豚肉を消費するようになって、豚肉が不足すると、
豚肉の値段は上がります。

これを、ディマンド・プル・インフレ(需要が引っ張るモノの値段の上昇)=「よい
インフレ」
と言います。

生産者は作れば売れるので、生産量を上げるために、人も雇用しますし、利益も上が
るので、給料も増えるからです。

しかし、ここで問題が出てきます。
豚を育てるには飼料(エサ)が必要です。

中国は飼料も輸出していました。でも豚をどんどん育てないといけないので、飼料も
輸出どころか、輸入しなくてはいけなくなりました。そうすると、飼料も不足するの
で値段が上がります。

ちなみに、日本は飼料のおよそ90%を輸入に依存しています。
国内で畜産を営んでいる方は、飼料代が上がり、費用がかさむわけです。

これをコスト・プッシュ・インフレ(費用がかさみ、その分が製品の値段に転嫁され、
モノの値段があがること)=「悪いインフレ」
と言います。

生産者は利益を圧迫され、雇用を縮小し、給料も上げられません。実際にエサに使わ
れるトウモロコシは、6年程の間に約3倍に値上がりしています。*1

日本のインフレはどちらになるのでしょうか?

皆さん、楽しくお金が使えるように、給料も増えるのが一番良いのですが、今後の
インフレ動向には要注意です。

*1 農林水産省 穀物等の国際価格の動向
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/index.html

コメントを残す