自信過剰の落とし穴

マネースクールUNOの和田です。

先日、新聞の記事で「男が投資に向かないワケ」といった見出しの記事がありました。
この記事では、「男が投資に不向きな理由」を示した米国の有名な行動経済学の論文について
書かれています。

証券会社にある数万口の口座を対象に数年間の成績を調べたところ、女性が男性を上回って
いたそうです。理由は、男性は自信過剰で自分の売買が運用を改善すると信じて、頻繁に売買
してしまうとのことです。自信過剰なために、不必要なリスクや手数料を背負うことにつながる
そうです。
つまり、「自信家は勝てない」傾向にあるということを記事は伝えています。

日銀の金融広報中央委員会がまとめた「金融力調査」によると、「自分の金融に関する知識や
判断能力は十分高い」と思うかどうかを聞いたところ、「そう感じる」と答えた割合は、男性で
19.1%、女性で16.5% で男性の方が上回っています。やはり日本でも男性の方が自信家は
多いということがいえます。

 

当社に相談に来られる男性の方とお話すると、ご自身で本や雑誌を読んで経済・金融の知識が
豊富な方もいらっしゃいます。そういう方の多くは「今は日本の株式に多く投資したい」、「今は
新興国には投資したくない」といった事をよく言われます。
また、「今の経済情勢を見て、今後はどの資産が上昇すると思いますか?」と聞かれる事も
多いです。

正直、この質問にはいつも困ります。

私が確実に言えることは「将来の事は誰もわからない」ということです。
これは、当社のマネーセミナーでも必ずお伝えしています。

Wada

例えば、本屋さんの経済・金融コーナーには「日本経済は復活する!」といったタイトルの本の
隣に、「日本経済は衰退する」といった本が並んでいます。それぞれの著者ともに有名な人達です。
このように有名な経済学者や評論家でも180度意見が分かれるのです。
つまり、「予想」は無意味であるということです。
本来の投資は「予想する」事とは全く違うのです。

私はけっして「予想」することがダメと言っているのではありません。
予想を元にお金を投じるのは、おこづかい程度にした方が良いと思います。

 

金融広報中央委員会 「金融力調査」
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kinyuryoku2011/index.html

謙虚さは日本人の美徳・・・か?

マネースクールUNOの有村です。

積年の恨みを晴らすような上昇が続いている株式市場ですが、正しき「投資家」のみなさんは
一喜一憂せずに冷静に事のなりゆきを見守っておられることと思います。でも、まぁ個人的に
はやっぱり相場が良くなると浮き足立つお気持ち、よくわかります。

気持ちは浮かれても、行動が冷静であればいいんじゃないでしょうか?

さて、そんな相場に感化されたのか何なのかわかりませんが、弊社には相変わらず様々な人
が相談に来られます。

そこで相談者から言われるフレーズの中で、最近よく聞くのは・・・。

「私、そんなにお金を殖やしたい訳じゃないんです。」

「減らなければそれでいいか、と思っているんです。」

 

実に謙虚。私なんか欲を固めて出来上がったような人間ですので、そんな言葉は頭の中にも
出てきません。

だけど、本当にそうなんでしょうか?

「減らなければそれでいい」と言っても、物価が上っているなかで預金だけしていても実質的
には目減りしていますよね? そこについては、「物価が上がるはずがない」という予測に基づ
いて行動しているのでしょうか。

 Infre

※インフレ率は一定ではないことがよくわかりますね

 

それに、「そんなにお金を殖やしたいわけじゃない」と聞くと、そのストイックなトーンから、自分
がやっていることへの「お金儲けがしたいんじゃないんです」といった弁明に似たものを微量に
感じさせますが、そういうことではなくて、資産運用の知識は、自分の生活を守るために必要な
知識だと思います。

攻撃は最大の防御、とはよく言ったもので実質的な損をしないために知識は不可欠
です。インフレに連動する金融商品をひとつも持たずに将来のライフプランは描けないのではな
いでしょうか。

お給料や貯金の多い少ない、の差はあっても誰しも平等に時間は与えられているはず。
時間を有効に活用することで、物価上昇に打ち勝つことが出来るかもしれないとしたらどう
でしょう。

それでも「減らなければいい」と言っていられますか?時間が敵になると、減らなかったはず
のお金が実質的に目減りしていても?

まずは、知識を得る。そして実践してみる事が大切です。

是非その第一歩を踏み出してみて下さい。

一歩を越えろ!!

さて、私たちのオフィスには、目標とする夢の実現のため、資産運用の世界に一歩を踏み
出そうと考えている多くの方々がお越しになります。

これまで、足を踏み入れた世界ではないからこそ、
恐る恐る、そして真剣に「リスクをとること」について考えられています。
だからこそ、「そもそも、株式や債券って何ですか?」というような質問もよくいただきます。
その方々の想いがとてもよく伝わってきて、本当に嬉しくなります。
このような方々も、私たちを通じ、リスクと向き合うことで、資産運用への一歩を踏み出して
いかれます。
失礼ながら、愛すべき我が子が、ヨチヨチと歩き始めたのを見ている感覚に似て、とても
感慨深いです。(私よりも年配の方も多いのですが・・・)

一方で、既に資産運用の世界に飛び込んだものの、その後どうすればよいか分からずに
立ち止まっている方々、踏み出したことで満足されている方々も多くお見かけします。

「金融機関で薦められるままに購入したけれど・・・」
「投資を始めたんだけど、その後どうすればよいか分からなくて・・・」
残念なことに、このような相談は凄く多いです。
資産運用は、継続していくことが大切であり、また、そのまま放置しておいて良いというもの
でもありません。
さらに、とりあえず始めたままでは、皆さんのファイナンシャル・ゴールは達成できません。

登山に例えてみましょう。
皆さんは、山頂からの壮大な景色を見ることを目標に山に登ることを目指しました。とりあえず
登り始めるということは、大切です。

しかし、あまりにのんびり登っていたり、道が分からないと立ち止まっていては、山頂に着く
頃には日が落ちて、納得した景色を見ることはできません。
必要な時間(時期)までに、必要な場所(目標額)に到達するためには、今おかれている状況・
達成したい目標をもう一度考えてみて、歩を進めていかなくてはなりません。

誤解無きように加えておきますが、決して無理をしてはいけません。
無理をして資産運用を続けていくこと自体が困難になったり、嫌になったりしては元も子も
ありません。さらに、人生には貯えていくのが困難な時期もあったりします。

様々なライフイベントが起こる中で、効率的に投資を行い、皆さんをファイナンシャルゴールに
導くのが、私たちファイナンシャルプランナーの役目。
私たちは、お金について学ぶ機会を提供し続け、継続的にコンサルティングを行うことで、
皆さんの歩みをサポートし続けます。

ぜひ、一度ご相談ください。

A0050_000384

インフレの怖さ

マネースクールUNOの宮田です。

日本は、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の号令のもと、黒田東彦総裁率いる
日銀の「異次元緩和」により、2年程度の期間を目標に2%の物価上昇目標を達成させ、
デフレ脱却すべく動き出しました。

政府や日銀は2%を急激に超えるようなインフレにならないようにコントロールすると
言っていますが、果たして本当に上手く操れるものなのでしょうか? コントロールに
失敗した時、インフレはどこまで進むのか? 考えると恐ろしくなります。

なぜなら、戦後の高度経済成長期のように、インフレ率以上の給料の伸びは全く期待
できないからです。

インフレがどんどん進むと私たちの生活にどう影響するのか? と考えていた時に、
若い頃、約15年前に初めて訪れたインドネシアのバリ島のことを思い出しました。

当時のインドネシアは「アジア通貨危機」の真っただ中で、街中にインドネシア通貨
ルピアを安定した外貨と交換しようと躍起になっている人々が大勢いました。滞在時の
正確な交換レートは忘れてしまいましたが、5000円をルピアに交換すると大量の古い
ルピア札を受け取り、驚いた記憶があります。

 1_3

そして、土産にと宝飾店で銀アクセサリーを購入しようとしたところ、日本円に換算

して5万円ほどのアクセサリーを、店員が何度もオーナーが見ていないか後ろを確認
しながら早口で「日本円でお金を払ってくれるなら、1万円で商品を渡す!お願いです
から買ってください!ルピアで払うなら買って欲しくない!早く決めて下さい、お願い
します!生活していくためには日本円が必要なんです!」と切実な様子懇願されました。

また、ラフティングというゴムボートでの川下りを楽しんだのですが、その下ってる
道中も、安定した外貨を獲得しようと、小さなボートで年老いたお婆さんたちが川の
いたるところで待ち受けていました。コーラや民芸品やあらゆるものを円や米ドルで
購入してもらおうと必死なのです。買うまで絶対に逃がさないというくらいの殺気
立った雰囲気でした。

当時の私は今ほど経済の知識を持ち合わせていなかったのもあり、発展途上国とはこう
いう感じなのか?程度の感覚で受け取っていましたが、後から考えると、とんでもない
通貨安の経済危機に陥っていたのです。

過度のインフレ(ハイパーインフレ)に見舞わられると、紙幣はただの紙切れ同然に
なってしまいます。一生懸命仕事をして、コツコツ貯めてきたお金の価値がみるみる
暴落していくことは、考えるだけでも辛いですね。

日本は今、政府主導でインフレ誘導を行っています。もちろん日本のような先進国の
成熟した経済下では、ハイパーインフレなどが起こる確率はほとんど無いだろうと
思われますが、何十年も先の将来は誰も予測できません。常に平時から先のことを
見据え行動をとっておくことが自らを救うこととなるでしょう。

みなさんは、インフレに備えた正しい資産運用を行っていますか? 自己防衛のためにも
先延ばしをせずに一歩前に進んで頂きたいと切に願います。

ジェネレーション・ギャップ

マネースクールUNOの岡です。

先日、インターネットで「平成生まれが昭和生まれとギャップを感じることランキング」
というのを見かけました。

皆さんの職場にも、「平成生まれ世代」の方がいらっしゃると思います。

現代社会を構成する「昭和生まれ世代」に対して、次代を担う「平成生まれ世代」は
どんなギャップを感じているのか?

気になる方は、ランキングをご覧下さい。

gooランキング「平成生まれが昭和生まれとギャップを感じることランキング」
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/HudYYL15HStX/

世代によって物の考え方や価値観が異なることを「ジェネレーション・ギャップ」と
言いますが、普段、FPである私が個別コンサルティングをさせて頂いていて、
「日本人は、お金に関する『ジェネレーションギャップ』があまりないのではないか?」
と感じることがよくあります。

例えば、預貯金に対する考え方。

今、銀行の定期預金の金利は約0.03%、100万円預けて1年後に300円が利息として

貰える程度です。

Mh900427591
日本は、1999年からいわゆる「ゼロ金利政策」をとっているので、「平成生まれの方」

というよりも、「日本に暮らす30代までの方」は、銀行にお金を預けてお金が増える
感覚を持っていません。

ちなみに、いわゆる「バブル経済」と呼ばれた1990年前後の郵便局の定額貯金の金利
は8%前後、100万円預ければ1年後に8万円が利息として貰える時代でした。

8万円あれば、近場であれば海外旅行に行ける金額ではないでしょうか?

この時代のことを年配の方に話すと、「そうそう、昔は良かった!」と言われます。

また、若い世代の話すと、「信じられない!」「びっくりした!」との言葉が返ってきます。

預貯金でお金が増えた時代を知る世代も、知らない世代も、今は「預貯金ではお金が
増えない」ことは共通の認識として持っています。

にもかかわらず、世代を問わず「預貯金しかしていない」日本人が多いのはなぜ
でしょうか?

これは、日本人が「お金」ついて考える習慣、お金ついて学ぶ習慣がないからだと
思います。

お金が増えた時代と同じように預貯金しかしない「親世代」、その親世代の行動を
当たり前だと思って預貯金しかしない「若者世代」。

お金に対する考え方や行動に、もっとジェネーション・ギャップがあっていいはずです!

もちろん、預貯金することが無駄だというわけではありませんし、リスクをとる
「投資運用」をいたずらにお勧めするわけでもありません。

ただし、人生における夢や目標を達成するためには、「お金」が必要です。

その「夢や目標を達成するためのお金」を手にするために、これからの時代は「投資
運用」が必要不可欠だと思います!

「投資はなんだか難しそうだし、リスクはなんとなく怖い」と思ってる方、決して
難しいことはありません!

ぜひ、一歩踏み出してみませんか?