スーパー高齢者!

先月のことになりますが、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが、御歳80歳にして世界最高峰
エベレストへの登頂という偉業を達成しました。

超高齢化社会を目前に控える我々日本人にとって、とても勇気を与えられるニュースだったと
思います。
超人的と思われがちな三浦さんですが、意外にも、「メタボ」に悩んだ時期もあったのだとか・・・
53歳で世界七大陸世界最高峰全峰のスキー滑降を達成した後、人生の目標を見失った三浦
さんは、身長164cmに対して、体重88kg超!体脂肪率40%の立派な「メタボリックおじさん」
になっていたそうです。
その後、65歳にして『70歳でエベレスト登頂』という目標を掲げ、徹底した食生活の見直し、
トレーニングを開始します。

食生活においては、「ビールは1日500mlまで」・「肉は色んな種類をまんべんなく」・「肉と魚は
1対1のバランスで」・「鍋料理で野菜を摂取」を守り抜き、トレーニングは、山岳地帯での高地
トレーニングはもちろんのこと、日常生活から1つ5kgの錘を両足に着けたうえで、約10kgの
錘を入れたナップサックを背負って生活をしていたそうです。

齢30半ばにして、すでに出てきはじめた腹の肉を摘みつつも、ビールを煽るように飲み、11kg
の息子に抱っこをせがまれては、直ぐに息切れする私には、頭の下がる生活です。

三浦さんが、この生活を送ることができたのには、2つの大きな要素があると、僕は感じています。

1つ目は、「エベレストに登りたい」という強い目標です。
目標があるからこそ頑張れる。単純なようですが、「必ず成し遂げたい!そのためには、何が
必要か?」と考えることや、達成した自分を思い描くことが、甘えや辛さから開放してくれる
欠かせない要素だと思います。

2つ目は、周囲の支えです。
家族を始め、専門的なドクターなど様々な方が、三浦さんの夢を応援し、目標達成に向けた
サポートを行っています。三浦さん自身が真剣だからこそ、周囲の方々も「絶対達成させて
あげたい」という強い思いで、サポートしたことと思います。
私は、三浦さんと知り合いではないので分かりませんが、「ビールもう一杯飲みたいなぁ」と
思う時もあったと思います。しかし、奥さんが頑としてそれを許さなかった。そんな一幕も
あったのではないでしょうか。

この2つは何事にも通ずることだと思いますが、私たちが日々皆さんに伝えている資産運用
においても、非常に大切な要素だと思います。
私が相談にいらっしゃった方々にまず問いかけるのは、「○○さんの目標はなんですか?」です。
誤解を恐れずに言うと、投資という行為は、そんなに華やかではありません。ある意味、地味で
我慢の連続でさえあります。挫けそうな時、必ず達成したい強い目標があれば、きっと頑張れる
と思います。

また、ファイナンシャル・プランナーは、お金の専門家です。皆さんの目標達成に向けて
やるべきこと、やってはいけないことを的確にアドバイスすることで、皆さんの夢を応援します。

もちろん「もう一杯のビール」も許しません(笑)

Beer

夢を失いがちな時代です。あきらめていた夢や目標をもう一度見つめ直してはいかがでしょうか?
私たちは、皆さんが真剣であればあるほど、精一杯お手伝いしますよ。

コメントを残す