馬肥ゆる秋と分散投資の切っても切れない不思議な関係

いや?、すっかり秋めいてきましたね。

当初の予想では、今年は残暑が厳しくなるとのことでしたが、9月に入ってから気温も落
ち着いてきて、過ごしやすい季節になりました。

秋と言えば、色々ありますが、個人的には圧倒的に「食欲の秋」。
目に映る全てのものが美味しそうに見えてきます。
私事ですが、2ヶ月間に渡る『社内ダイエット競争』を終えたばかりなので、余計に食欲
が抑えられません。

みなさんの中でも多くの方が一度はダイエットに取り組まれたことがあると思うのですが、
巷では色々な方法が紹介されていますよね。
社内でも、「偏食ダイエット」「NO炭水化物ダイエット」といった一般的なものから、
「絶食ダイエット」といったストイックなもの、「運動ダイエット」といった健康的なも
のなど様々なものがみられました。

私が取った方法は、ハイブリッド型です!!

もともと決めたルールを守り続けられるほど意志は強くないですし、第一、どの方法が効
果的か分かりません。
だから、「食事も気にするけど、無理はしない」「毎日ランニングはしないけど、休日は
なるべく子供と山登りする」といった具合に、色々取り入れてみました。

結果は・・・ 2ヶ月間で約8kgの減量に成功!
驚愕の成果ではないにしても、個人的には満足いく結果が得られたと思います。

A0002_006084_2

 

ダイエットのことはさておき…
この「組み合わせる」という方法は、お金の世界においても、とても重要な要素の一つ
です。
なぜ、お金の世界において「組み合わせる」ことが重要なのかと言うと、何が最善の方
法か「分からない」からです。

未来のことは誰にも分かりません。

分からない中では、想定外の出来事が起こっても最低限の影響で済むようにしなければな
りません。絶対的な金融商品がない以上、「組み合わせる」という作業は欠かせないもの
なのです。

しかし、往々にして日本人はお金のことについても“一つの選択肢”に執着してしまう傾向
にあります。

その一つが、住宅ローンです。

雑誌等で、「金利がこれ以上下がることは無いから、金利上昇リスクに備えて35年固定で
借りましょう」などとアドバイスされているのをよく見かけます。
確かに、既に低水準にある住宅ローンの金利水準がこれ以上下がるのは難しいかもしれま
せん。

しかし、先のアドバイスに欠如しているのは、「金利が(思ったよりも)上昇しなかった
ら?」という想定です。

4,000万円の借り入れを行った場合…
金利上昇せずに変動金利で最後まで借りた場合の総支払額は、最初から固定金利で借りた
場合と約1,000万円の差がでてきます。(変動金利:0.85%、固定金利:2.1%、借入期
間:35年として)

金利上昇リスクに備えるというには、ちょっと大きすぎる金額じゃないですか?
誤解なきように加えておきますが、私は何も「全部変動金利で借りましょう!」と言って
いるのではありません。

そもそも、住宅購入の方法は各家庭のライフプランや状況によって千差万別のはずです。

固定金利一択というのではなく、ライフプランや金利動向を考え、あらゆるケースに対応
できるように、様々な組合せを検討するべきでしょう。

我々が、日々啓蒙している投資運用についても同様です。

この先、どの資産が値上がりして、どの資産が値下がりするのかは、やっぱり誰にも分か
りません。だからこそ、資金を1種類にまとめて投資せず、様々な値動きの異なる資産に
分散して投資するのです。

このことを如実に表した格言として、「卵は一つのカゴに盛るな!」というものがありま
す。たくさんの卵を運ぶときに、1つのカゴに入れて、運ぶ途中で転んだら、元も子もな
くってしまうけれども、いくつかのカゴに分けて運べば全部ダメにしてしまう可能性は少
なくなるということです。

この様に、「投資」という響きは、一般に「儲け」という言葉を連想させますが、実は
「守る」ということが凄く大切に考えられています。

繰り返しになりますが、未来は誰にも分かりません。

しかし、我々は、想定外の事態が起こっても大切な資産は守らなければなりません。

だからこそ「組み合わせる」のです!

「分散投資」と言われるこの手法は、投資の世界では基本中の基本です。
しかし、未だに多くの金融機関では、話題の資産に集中投資を勧め、舌の根が乾かぬうち
に次の資産に乗り換えさせているのが現実・・・

何か間違いがあるのは、明白ですよね・・・

秋の夜は長いです。
お金の分け方について、一度じっくり考えてみませんか?

コメントを残す