投資するのに「証券会社を選ぶ」労力は無用!

メリークリスマス!!

マネースクールUNOの有村です。
私は・・・ 今年も全くクリスマスに縁がありませんでした。
いよいよ年の瀬、クリスマスに縁が無くとも正月は気持ちよく迎えたいと思っております。

Moneytree

さて、そんなクリスマスにも年の瀬にも全く関係ない話題なのですが、最近の相談者の方とのお話し
の中でよく話題になる「無意味なこと」について書きたいと思います。

弊社では、資産運用を実践する一つの方法として投資信託を提示することがあります。
この投資信託というモノは、いわゆる「運用会社」と呼ばれる会社が運用を行っています。そして、
その投資信託は様々な金融機関で取り扱っており同じ投資信託をAという銀行でもBという証券会社
でも購入することが可能です。
もちろんA銀行で買おうと、B証券会社で買おうとモノは同じですので同じ運用結果が出ます。もっと
言うと、B証券でもC証券でも取り扱いがあれば同じ投資信託を買うことが出来ます。
言ってみれば、高島屋と伊勢丹で同じブランドの洋服を買うようなものです。

また、「小さい証券会社だと倒産する可能性が高いのでは?」というお話も耳にします。
銀行が倒産した場合はペイオフという制度があるので、預金の1000万円までしか返してもらえない
可能性がありますが、証券会社の場合は大きかろうが小さかろうが、金融商品取引法第43条の2
により、証券会社の資産と顧客の預けている資産とは分別保管されていますので、全額保護されま
す。証券会社が破綻した場合でも、顧客にとっては取引している証券会社を変更するだけで、何ら
不利益を被ることはないという事です。

ですので、投資信託の購入の際にどこで購入するのか、という点においては検討のテーブルにも乗
らない事です。(もちろん、手数料についての違いはあるかもしれませんが現状はほぼ同じと言える
でしょう)

これを、殊更重大な問題だと捉える相談者が最近多いように思います。「大手の証券会社ではな
い」、というのがその理由なのだそうです。
では、大手の証券会社なら何が優れているのでしょうか?

サービス? 情報の量? 営業マンの品? システム? 看板?

いずれも、「投資」には不必要なものばかりですよね。

非常に辛らつな言葉で言わせていただくならば、

「○○証券で取引している私が好き」に尽きるのではないですか? 

そして一生懸命その○○証券で「投資」をしているつもりになっても、その○○証券が推奨しているのは
安易な乗り換え営業で、結果としては「投機」しかしていなかった・・・。
これ、よくある話です。

どうか、ご自身の目できちんと判断をしてください。大きな証券会社であろうと、小さな証券会社であ
ろうと、銀行だろうと、弊社のような会社であろうと、扱っている商品は同じだという事を。
違うのは、「投資にかける想い」ひとつだけだという事を。
たったひとつの違いが、皆さんの資産運用の成果を大きく変えてしまう可能性があるという事を。

今年より来年は、もっと投資啓蒙が出来ますように我々も微力ながら邁進して参ります。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。

Blog_arimura
 有村朋子 
大手証券会社で女性営業スタッフを束ねる”やり手”を突き抜けた彼女が今仕事に求めるのは「顧客とのWIN−WINの関係」。自身の座右の銘「人間万事塞翁が馬」をベースにしたコンサルは哲学的に響く。大阪府出身、1979年生まれ。

あなたの今年の漢字は何でしょう?

みなさん、こんにちは。
マネースクールUNOの北村です。

今年の漢字が発表されましたね。
「流行語大賞」や「今年の漢字」などの今年を振り返るイベントがあると、年末だな?と、しみじみ感
じてしまいます。

既にご存知の方も多いと思いますが、今年は「輪」が最多投票を得て、選出されました。
選出理由としては、言わずもがなのオリンピック招致の成功の他、災害被害への支援の輪が広が
ったことなども挙げられています。

この「今年の漢字」って、インパクトもあってか様々なところで選んでいるんですね。
経済関係者が推していたのは、「倍」
安倍首相の苗字でもあり、アベノミクスを象徴する言葉という理由以外に、大ヒットドラマ半沢直樹
の「倍返しだ!」にも使われているという、少々強引な理由でしたが・・・

その安倍首相が選んだ今年の漢字は、「夢」
東京オリンピックの開催という夢が叶ったという他、”三本の矢政策”により「今年は昨年と大きく空
気が変わった。株価も上昇し、頑張っていけば今年よりも来年はもっと良くなるのではないかという
夢をみんなが見ることができるようになった1年だった」と、今年を振り返っています。

みんながそのように希望満ち溢れる夢を抱けるようになったかは、疑問が残らない訳ではありませ
んが、確かに昨年とは空気が変わってきているようにも思えます。

A0001_013146

さて、勝手に私も今年を振り返って一字を選んでみました。

私が選んだ漢字は、「決」

今年は、オリンピック招致を初め、富士山の世界文化遺産登録、TPPの交渉参加、消費増税など
様々なことが決まった一年だったように思います。
特定秘密保護法案については、まだ論戦が続いていますが、政治が動き出した一年でした。
全てが歓迎できるものではないですが、思えば民主党政権時代は、何も決まらないと嘆いていた人
が多かったのも一つの事実と思えば、兎に角前を向いて日本が進み始めたことに私はエールを送
りたいと思います。

あとは、手前味噌ですが、マネースクールUNO初の書籍「過去のお金の常識を疑え!」の出版
が「決」まったのも今年のこと!

Amazonにて絶賛発売中 です!

我々は、「日本に投資教育を根付かせたい!」という想いで、日々多くの方に「投資」ということにつ
いて伝えていますが、直接お伝えできるのも限りがあります。
そんな中、我々の想いを込めた書籍を発行できたことは、やはり大きな出来事でした。
まだまだ我々の目標は遠いですが、それでも確実にその達成に一歩近づけたように思います。

今年も残すところ、あと僅かです!

みなさんも、今年を振り返ってみてはいかがですか?

まさか! 月見バーガーがそんなに値上がりしてたとは!?

マネースクールUNOの岡です。

今年も残すところ約2週間となりました。
皆さんにとって、今年1年はどんな年でしたか?
「来年の事を言えば鬼が笑う」と言いますが、2015年はブラジルワールドカップやソチオリンピック
などスポーツのビックイベントが開催される年。個人的には2015年をとても楽しみにしています。

ただし、頭が痛いのが消費税アップ。
この消費税アップにあわせ、多くの物の値上げが予想されます。
例えば郵便料金。
日本郵便は、消費税アップに伴い、手紙を80円から82円に、通常ハガキは50円から52円に値上
げすることを決めました。
郵便料金の値上げは、実に20年ぶりのこと。
それ以外にも、銀行のATMの手数料や清涼飲料水、東京ディズニーランドのチケット料金の値上
げがそれぞれ検討、あるいは決定しています。

Clip_image002_2

来年の消費税アップに関係なくとも、今年は多くの物の「値上がり」が話題になりましたね。
ガソリン、牛乳、豆腐、電気・ガス料金etc
このほかにも、「ヤクルトが22年ぶりの値上げ」と言ったニュースもありました。
アベノミクスや原油をはじめとする原料高を背景に、多くの物が値上がりし、「物価が下がるデフ
レ」から、「物価が上がるインフレ」を多くの人が意識した1年かもしれません。

物価の上昇とともに給与も上がっていけばいいのですが、皆さんも何となく感じているように、
私たちの平均給与はここ15年間全く上がってきていません!
国税庁の「民間給与実態調査」によれば、日本のサラリーマンの給与は、平成9年の467万円
をピークに、平成23年は409万円と減少傾向。
平成21年の406万円から多少の上昇があったとはいえ、約60万円の減少は大きいですよね。
来年は平成9年4月以来の消費税アップ、どんな1年になるのでしょうか?

と、ここで終わると「そんなこと分かっとるわっ!」と言われると思うので、最後、ネットで見つけた
興味深い数字をご紹介しておきしょうね。

マクドナルドの秋の定番商品と言えば『月見バーガー』。

この月見バーガー、人知れずすごい勢いで値上げされていたんです!

2004年は月見バーガー1個は199円、2005年は220円、2008年は270円、
2012年は320円、
2013年は360円。
2004年から2013年の間に、実に1.8倍に値上がりしていたんです。

どうでしょうか?
「〇〇年ぶりの値上がり!」と言われると気になりますが、1年に決まった時期販売の限定商品
だと、値上がりって気にならないものなんですね。

皆さん! 4月の消費税アップに伴ういろいろな商品値上げも気になりますが、
来年の月見バーガーの値段も注目です!

国税庁 民間給与実態調査
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/top.htm#b-06

Blog_oka_4
岡 知宏
「投機・マネーゲーム」を勧める仕事からの脱却と自己浄化を経た現在の彼が顧客に対して考えることは「幸せになるお金を手に入れさせてあげたい」ということ。お金の闇を熟知したからこその正しさは際立ちます。広島県出身、1972年生まれ。

就職活動の末に見えるもの

マネースクールUNOの有村です。今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。
年々、一年間が早くなっているような気がするのは年を取った証拠なのでしょうか。

さて、いよいよ2015年卒業生向け就職活動が12月1日から解禁になったようですね。
今年は、各企業が好業績ということもあって採用意欲も高めとのこと。
いやぁ、羨ましい限りですね。

A0002_000151

私自身は、2002年に大学を卒業しておりますので就職氷河期真っ最中でした。ちょう
どその頃の有効求人倍率(求人数を求職者数で割ったもの)は0.5倍で、今年10月の数
値は0.98倍ですからおよそ求人数は2倍に膨らんでいますね。

確か、インターネットが普及し始めた頃で、パソコンが就職活動に必要なので知り合いか
ら3万円で大きなブラウン管ディスプレイのパソコンを譲ってもらったと記憶しています。

これで、200社にエントリーを行い、大学の授業にも行かず企業説明会に参加し、筆記試
験に、何度も何度も行われる面接。人格を全否定されたような虚無感に、「ご希望に添え
ませんでした」という通知の数々。そこまでして、出た内定はたったの2社。その中の1社
に潜り込み、10年も居座ったのですから苦労は報われたのでしょうかね。

しかし同じゼミの友人たちは、「どうせ内定なんて出ないから」と最初から就職活動をし
ていない人も多かったです。

就職活動を行わなかった人、内定が出なかった人の大半は、「フリーター」か「派遣社員」
もしくは「契約社員」になりました。
この頃って、特に「派遣社員」という響きが格好よく聞こえたものです。これも当時のマス
コミのミスリードなんでしょうね。

「会社に属さず、自分の能力で生きていく。」というイメージが先行し、そのようなドラマ
やCMがどんどん放送されていました。

現実はご覧の通りですが・・・

結局、こういうのってタイミングなのかなぁと思います。
卒業する年度によって、就職出来るか出来ないかが決まる。

たった一年の留学から戻ってくると、就職を巡る状況は一変しており、結局語学を生かした
職に就くのはとても難しく派遣社員に甘んじるしかなかった、というのはよく聞く話です。

 

もう根本的にいろんな問題があるのは、よーくわかっています。

 

「新卒で就職できなかった人の敗者復活のチャンスがない」
「世間的に言うところの『レールに乗れなかった人』への救済措置があまりになさ過ぎる」
「大学進学率が高過ぎる」

挙げ始めると、枚挙に暇がありません。

しかし、世の中にはそれぞれ分担があり、世の中を変えるのは政治家のお仕事。

そうではない人たちは、そこにどう対応するのかを考える方が合理的です。

 

「今の大学生はいいよなぁ?!!」とすねていても始まりません。

 

自分に何ができるのか、何を考えなければいけないのか、何がしたいのか。
その中の一つに、「お金のこと」は入っていませんか? きっと入っているはずですよ。

見て見ぬ振りをせずに、一緒に考えていきましょう。
私たちは、いつでもセミナーでお待ちしております。

参考データ:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1.html

Blog_arimura
 有村朋子 
大手証券会社で女性営業スタッフを束ねる”やり手”を突き抜けた彼女が今仕事に求めるのは「顧客とのWIN−WINの関係」。自身の座右の銘「人間万事塞翁が馬」をベースにしたコンサルは哲学的に響く。大阪府出身、1979年生まれ。