「まずやってみよう!」はグローバル化と投資の合い言葉

マネースクールUNOの岡です。

最近、いろんなところで耳に目にするキーワード

「グローバル化」

この言葉、1990年代から使われるようになった言葉のようですね。

「資本や労働力の国境を越えた移動が活発化するとともに、貿易を通じた商品・サービス
の取引や、海外への投資が増大することによって世界における経済的な結びつきが深まる
こと」を意味する言葉。

先週オバマ米大統領が日本に来ていましたが、その際の話し合いの中心となったTPP(環
太平洋経済連携協定)の交渉も、グローバル化の一環として、避けては通れないことなん
ですね。

また、日本の教育においても、2011年4月からは、それまで実験的に行われてきた英語
教育が公立小学校で一斉にスタート、教育の現場も「グローバル化」に向けて準備が進
んでいますね。

一昔前に比べ、より一層日本の「グローバル化」が進んでいく・・・明らかにそんな印象
ですね。

そんなふうに「日本のグローバル化」を想い、プチ満悦してたら、ちょっと気になる数字
を発見してしまいました!

日本能率協会が行った「2014年度 新入社員『会社や社会に対する意識調査』」にある
数字がそれ。

今の新入社員たちは、グローバル化を「ビジネスの好機」と捉えながらも、自身は「海外
赴任はしたくない」と思っているようなのです! 
「海外赴任はしたくない」との回答が6割近くもあるとか。

2014年度 新入社員「会社や社会に対する意識調査」
http://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=255

理由として、「治安が不安だから」との回答がある一方で、「言葉が通じるか不安」との
回答が52%もあります。
ちょっとした旅行で海外に行くならなんともないのでしょうが、その土地で暮らすとなれ
ば、やはり言葉の壁は大きいということなのでしょう。

今の時代、海外に目を向ける若者が増えてるのが当然と勝手に思っていましたが、海外
赴任したくないとの回答が6割もあることに、軽いショック状態です。

諸外国の人に比べ、日本人は「引っ込み思案」で、「コミュニケーション能力が低い」
と言われることがよくありますが、この統計結果となんとなく合致しているように思い
ました。

今の日本は、「グローバル化に向けて、今だ道半ば」といった現状なのでしょうね。

私自身も、その昔「英語上達のためには、机の上で勉強するよりも、まずは会話してみ
ることが大切」
だと言われた記憶があります。

見よう見まねのボディーランゲージでも外国人と会話が出来る、そうすれば自然と英語
は上達するはず。そんなことは、頭でわかっていても、なかなか外国の人と会話するの
って、勇気が要るんですよね・・・

私が住む大阪の街も多くの外国人観光客を見かけますが、私自身も、その人たちと目が
合うと、「話しかけてくるなよ」と心の中で思ってしまうグローバル小心者だったりし
ます(笑)。

皆さんはどうですか?

先述の「新社員に対する意識調査」の中でもうひとつ印象に残った数字が…

約6割が「10年後の日本は良くなる」と回答していて、その多くが「東京オリンピック
に期待しているから」だそうです。

「オリンピックがあるから日本が良くなる」のではなく、「日本全体がオリンピックに
向けてが努力するから、日本が良くなる」のです。
英語を話すことだけが「おもてなし」ではありませんが、訪れる多くの外国人観光客と
会話し、接することも、身近な「グローバル化」になるかも知れません。
「まずやってみる! 話しかけてみる!」この気持ちが大切なのかと思いました。

そういえば・・・
「投資」も似たような感じかもしれません。
「習うより慣れろ!」
何事も、まずやってみることが大切ですね。(岡)

新社会人はお金について考えてみては?

マネースクールUNOの有村です。

桜はすっかり葉桜になり、初夏へ向かってまっしぐらですね。新社会人の皆さまにとって
も、ようやく研修期間が終わり今はゴールデンウィークに向けて心を弾ませている時期で
はないでしょうか。 

さて、そんな新社会人にとってもうひとつ心弾ませているのが初任給ですね。

既に社会人をうん十年経験されている方も、初任給を何に遣ったか思い出してみて下さい。
ちなみに、私は初任給の一部を両親に渡したところ涙ぐみながら親はそれを神棚に上げお
り、私はそれを見て「昭和か!」と心の中で突っ込んだことを昨日の事のように思い出し
ます。

しかし、初任給というのは今までバイトで稼いでいた金額よりも大きな額を手にするとい
う事。気を付けていないと、とんでもない金銭感覚が養われてしまいますよ。

そういえば先日、私の後ろを歩いていた見知らぬ男性二人がこんな会話をしていました。

男性A「学生時代はタクシーなんか乗らなかったのに、最近はすぐ乗ってしまうんです
よ。」

男性B「あぁ、わかるわ。社会人になったら時間をお金で買う、って事をしてしまうよ
な。」

男性A「飲みに行くお店のレベルも変わってきたし、学生時代なんかはチェーンの居酒
屋だったんですけどねぇ。」

男性B「そうだな。舌も肥えてくるし、接待なんかも増えるしなぁ。」

・ ・・もう、振り返って「喝!!」と叫んでやろうかと思いました。

社会人になって、お付き合いも増えます。慣れない仕事にストレスも溜まるでしょう。
そんな時、手元には今までより大きなお金があります。

今までは一枚5000円のニットを買うだけでも、何パターンの着回しが出来るか吟味を
重ねて購入していたのに、手持ちの服との兼ね合いを考えもせずに色違いでいっぺんに
購入してしまったり。

A1180_013969_2

または、飲み会帰り。まだ電車はある時間なのに、今日は疲れたからいいでしょ、とつい

ついタクシーに乗ってしまったり。

そんな時、たまたま立ち寄ったショッピングモールではクレジットカードの勧誘が・・・。
2000円キャッシュバックだしいい機会だから、とカードを作ると買い物に更に拍車が
かかり、その支払いでお給料が出た二日後にはお金に困っている始末。

最終手段とばかりにキャッシングを覚え、ボーナスで帳尻をあわすギリギリの算用。

そのうち思いがけずボーナス大幅カット、合うはずの帳尻が合わない。

友達に話してみると、貯金もしていないの!?と驚かれる始末。

はい、詰みました。

こんな事例、多分山ほどあります。

思い当たることがある方は、可及的速やかに軌道修正を行いましょう。また、新社会人の
方は反面教師としてスタートから計画的にお金について勉強していくべきです。

その軌道修正の方法、あるいはお金についての基本的な知識の勉強は自分ひとりでなか
なか身に付くものではありませんよね。

そんな時、弊社のセミナーがお役に立てるかもしれません。 ぜひ一度足をお運び下さい。
(有村)

「人生は怖がらない限り素晴らしいものになる!」チャップリンの言葉から投資を学ぶ

ファイナンシャル・インテ?ィヘ?ンテ?ンスって知ってますか?

ファイナンシャル【financial】=金銭上の
インディペンデンス【independence】=独立、自立

つまり、人生に必要なお金の見込みが十分であり、あくせくしなくても良い状態を指し
ます。

いいですよね?。凄くゆとりがあって、人生を満喫してそうなイメージがないですか?

でも、こんな風に聞くと、ものすごい大富豪なような気がしてくると思います・・・
確かに、莫大な資産を築いていれば、お金のことに心配しなくてもよいかもしれません。
そんなの宝くじでも当たらない限りムリ! とお思いの方も多いのではないでしょうか?

私がお伝えしたいのは、しっかり「見込み」さえ建てられれば、同じような状態は達成
できるし、少なくとも将来の年金や子どもの教育資金について心配することは無くなる
ということです。

我々のオフィスには、多くの方が将来に不安を感じて、相談に来られます。

「世間では、給料が上がったなんて言ってますが、私のところは全く・・・」

「毎月決まった額は貯金しているのですが、この低金利で全く増えません!」

「少子高齢化なんて言われて、私たちの年金は減ってしまうのではないかと不安です。」

本当に多くの方が、不安を感じているのだなぁと感じます。
失礼かもしれませんが、ファイナンシャル・インディペンデンスとは程遠い状態です。

A0960_005384

そこで登場するのが、「投資」です。

正しい「投資」すなわち、長期・分散投資であれば、大きな元手が無くとも、資産は
複利効果により次第に膨れ上がり、加速的に増加していきます。

時間はかかりますが、どこにも無理がない! 安定的かつ着実に財産が積みあがって
いくことを目の当たりにすることで、そのイメージが実体を帯びてきます。
そのことが実感できたとき、あなたの人生に必要なお金は心配しなくても良くなって
くる・・・

そう!ファイナンシャル・インディペンデンスの達成です!

このファイナンシャル・インディペンデンスを達成できると、いたずらに将来に不安
を抱えることもなくなるし、日々のお金の使い方にも自信が出てくる。人生の早い
段階で、こんなことが実現できたら、カッコイイと思いませんか?

チャーリー・チャップリンは「ライムライト」の中で、

「人生に本当に必要なものは、勇気と想像力、あとは少しのお金だよ。」

と言っています。

チャップリンは「投資」について語ったわけではないですが、私はこの台詞ってまさ
に「投資」だよな?と思っています。

大切なお金が減るかもしれないと聞けば、誰だって怖いです。でも、実践してしっかり
と資産を築いた貴方を想像してみてください。少しのきっかけ、少しのお金で勇気を
持って決断できるか・・・

案外、それが人生の別れ道のような気がします。

一度きりの人生だからこそ、いつまでも不安に悩まず、カッコイイ生き方しませんか?

「ジブリの呪い」で株価が下がろうともじっくり投資運用

マネースクールUNOの岡です。

ウクライナ情勢の緊迫化や消費税増税の影響で、マーケットがどんな新年度スタートを見
せるか注目でしたが、おおむねしっかりとした動きを見せていますね。

日経平均も15000円を回復、アメリカのダウ平均株価も一時最高値を更新と、順調な新年
度スタートといったところでしょうか?

ところで皆さんは、「アノマリー」という言葉をご存知ですか?

アノマリーとは、「マーケット(相場)において、はっきりとした理論的な根拠を持つわ
けではないが、よく当たるかもしれないとされる経験則」のことを言います。

日本における代表的なアノマリーには、こういったものがあります。

「節分天井、彼岸底」
前年末の反動で値上がりした株価も節分(2月3日)の頃には天井を打ち、彼岸(3月20日)
の頃に底値になる

「鯉のぼりの季節が過ぎたら株は売り」
新年度相場で好調だった株価も、鯉のぼりの季節、つまりこどもの日(5月5日)を過ぎ
ると値上がりしづらくなる

日本におけるアノマリーは、暦に基づくものが多いように思われますが、変わったところ
ではこういったアノマリーがあります。

「ジブリの法則」
スタジオジブリの作品が日本テレビ金曜ロードショーで放映されると、高確率でその日
(または月曜日)のNY株式市場をはじめ海外指標や為替が大荒れとなり、週明けの日経
平均株価が急落するという法則。

この「ジブリの法則」は、別名「ジブリの呪い」とも表現され、株や為替の一部トレーダ
ーからは恐れられているそうです。
興味のある方は、ネットで調べてみてくださいね。

また、アメリカにはこんなアノマリーもあります。

「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.(5月に株を売り、
9月の第2土曜日、セント・レジャー・デーまで相場から離れていろ)」

つまり、「1月から5月にかけて株価が上昇し、6月に下げる傾向があるので、5月に一旦
利益を確定し、9月に底値をつける傾向があるから、そこで再び買いなおしなさい」と言
った意味です。

昨年、一昨年から比べれば、株価は上昇、為替も円安にふれています。

このアノマリーを知ってか知らずか
「一旦ここで売却し、様子を見て買いなおしたほうがいいでしょうか?」とか、「今のう
ちに利益を確定しようと思うのですが、どうでしょうか?」といった質問をされることが
多々あります。

そんな質問を受けると、私はこう答えます。

「目先の上げ下げに踊らされる必要はない!数か月や2?3年といった短期間で売ったり
買ったりを繰り返す必要もない!しっかりと時間をかけてお金を増やしていくこと、それ
が資産運用です!」

なぜ投資をするのか?
それは、お金を増やしたいからです。

なぜお金を増やしたいのか?
それは、人生の夢や目標の達成の為だと思います。

住宅購入資金をためる為、子供教育資金をためる為、あるいは老後資金をためる為、夢や
目標はそれぞれですが、目標に到達していないのであれば、目先の上げ下げに一喜一憂
することなく、どっしり構えて投資運用を継続してほしいと思います。

未来のことは誰もわかりません。
ただし、もし今年も5月?6月にかけて大きく株価が下げたとしても、決して驚かないで
ください。

「今年も下げたな!」

そう思って、スルッと流し
自分のペースでじっくりと投資運用を続けていきましょう!

結局、誰を信じればいいのヨ?

マネースクールUNOの有村です。

完全に春ですね。
さすが、「三月は去る」と言ったもので、気がついたら終わっていた三月。
梅も桃も見た記憶がありませんが、せめて桜だけでも見ておこうと思います。

さて、最近は色んなところでFP相談や保険相談、投資相談会などが行われています。
私どものオフィスに相談に来られる方も、そういった場所で相談をされてからいらっ
しゃるケースが増えてきているように感じます。

それ自体は、自分のお金に対して真摯に向き合って何とか現状を打破したい、という
気持ちの表れですので凄くいいことだと思います。

しかし、「色んな場所で色んなことを聞きすぎて結局よくわからなくなった」という
お声をいただくことも事実です。

先日いらっしゃった方もそんなお一人でした。

あらゆる場所で相談をされ、契約している保険証券を見せるたびに「こんな保険に入
っておられたのですか・・・!?」と眉をひそめられ、「こちらの方がいいですよ。」
と違う保険を勧められる。

何となく納得がいかなくて、インターネットで調べてみてもてんでバラバラの事が書か
れてあり、いよいよよくわからなくなってきたとのことでした。

 

「結局、誰を信じればいいのでしょうか?もうわからくなってきました。」と。

 

ここで、「私を信じて下さい!」と強く言えるだけの度量が私にあればいいのですが、
逆の立場になってみると「そりゃそう思うよなぁ。。」と同調してしまう始末。

そこではたと思い出したことがあります。

 

私事で、こんな場所で書く事も憚られるようなくだらないことかもしれませんが、同じ
ように「一体誰を信じりゃいいのよ!」と思った経験。

それは、誰もが髪を洗う時に使うシャンプーを探していた時のことです。ここ数ヶ月何
だか頭がかゆいしニキビのようなものが頭皮に出来ている気がする・・・しかも、毛先
の傷みが激しい。

 

これはシャンプーが悪いのではないかと思い立ち、頭皮にいいシャンプーはないものか
と美容師さんに聞いたり、インターネットのシャンプー成分サイトで調べたり、口コミ
サイトを見てみたりあらゆることをしてみました。

 

そこで語られる答えはバラバラ。

 

頭皮に優しい → 洗浄力がない

しっとり潤う → 頭皮がべたつく

髪の補修 → 一度傷んだ髪に何をしても無駄

 

何を調べても相反することしか書いてありません。

「満場一致でオススメのシャンプーはないのか!」と更に調べていくと、まあこれなら
いいかな、という妥協点シャンプーが見つかり早速購入しました。

A0022_000043

でも、何となくこの選択でよかったのだろうか・・・という想い断ち切り難く、さらに
色んなサイト巡りをして調べていくと、「シャンプー成分サイトはシャンプーを製造し
ている会社からお金を貰っているから信じてはいけない」的なことが書かれてあるサイト
にぶち当たりました。

 

そりゃ足元から崩れ落ちそうになりながら「誰を信じればいいのさ!!」と夜中に呟い
てしまいますよね。

 

でも、結局よくよく冷静に考えてみると、使用中のこのシャンプー、使用感もいいし頭
のかゆみもマシになっている。

誰がなんと言っても最終ジャッジは私が下したのだから「これでいいんだ!」と継続
使用することにしました。

 

まあ、こんな私のつまらない話と、皆さんの大切なお金の話を一緒にするのもどうかと
思いますけど、情報が溢れ過ぎているというのも、無駄に選択肢が増えてしまって難し
いものですよね。

 

結局、その私にお金の相談に来られた方には

「自分にとって一番納得感があって、合理的なアドバイスをしてくれる人を自分で判断
するしかないんじゃないでしょうか?」

と助言。

私は、私が一番その人のためになると考えるアドバイスをしたのでした。

 

どの業者も、そこんとこの気持ちの部分は同じだと信じたいですけどね。

そう願っています。

Arimura120_2

 有村朋子 
大手証券会社で女性営業スタッフを束ねる”やり手”を突き抜けた彼女が今仕事に求めるのは「顧客とのWIN−WINの関係」。自身の座右の銘「人間万事塞翁が馬」をベースにしたコンサルは哲学的に響く。大阪府出身、1979年生まれ。