結局、誰を信じればいいのヨ?

マネースクールUNOの有村です。

完全に春ですね。
さすが、「三月は去る」と言ったもので、気がついたら終わっていた三月。
梅も桃も見た記憶がありませんが、せめて桜だけでも見ておこうと思います。

さて、最近は色んなところでFP相談や保険相談、投資相談会などが行われています。
私どものオフィスに相談に来られる方も、そういった場所で相談をされてからいらっ
しゃるケースが増えてきているように感じます。

それ自体は、自分のお金に対して真摯に向き合って何とか現状を打破したい、という
気持ちの表れですので凄くいいことだと思います。

しかし、「色んな場所で色んなことを聞きすぎて結局よくわからなくなった」という
お声をいただくことも事実です。

先日いらっしゃった方もそんなお一人でした。

あらゆる場所で相談をされ、契約している保険証券を見せるたびに「こんな保険に入
っておられたのですか・・・!?」と眉をひそめられ、「こちらの方がいいですよ。」
と違う保険を勧められる。

何となく納得がいかなくて、インターネットで調べてみてもてんでバラバラの事が書か
れてあり、いよいよよくわからなくなってきたとのことでした。

 

「結局、誰を信じればいいのでしょうか?もうわからくなってきました。」と。

 

ここで、「私を信じて下さい!」と強く言えるだけの度量が私にあればいいのですが、
逆の立場になってみると「そりゃそう思うよなぁ。。」と同調してしまう始末。

そこではたと思い出したことがあります。

 

私事で、こんな場所で書く事も憚られるようなくだらないことかもしれませんが、同じ
ように「一体誰を信じりゃいいのよ!」と思った経験。

それは、誰もが髪を洗う時に使うシャンプーを探していた時のことです。ここ数ヶ月何
だか頭がかゆいしニキビのようなものが頭皮に出来ている気がする・・・しかも、毛先
の傷みが激しい。

 

これはシャンプーが悪いのではないかと思い立ち、頭皮にいいシャンプーはないものか
と美容師さんに聞いたり、インターネットのシャンプー成分サイトで調べたり、口コミ
サイトを見てみたりあらゆることをしてみました。

 

そこで語られる答えはバラバラ。

 

頭皮に優しい → 洗浄力がない

しっとり潤う → 頭皮がべたつく

髪の補修 → 一度傷んだ髪に何をしても無駄

 

何を調べても相反することしか書いてありません。

「満場一致でオススメのシャンプーはないのか!」と更に調べていくと、まあこれなら
いいかな、という妥協点シャンプーが見つかり早速購入しました。

A0022_000043

でも、何となくこの選択でよかったのだろうか・・・という想い断ち切り難く、さらに
色んなサイト巡りをして調べていくと、「シャンプー成分サイトはシャンプーを製造し
ている会社からお金を貰っているから信じてはいけない」的なことが書かれてあるサイト
にぶち当たりました。

 

そりゃ足元から崩れ落ちそうになりながら「誰を信じればいいのさ!!」と夜中に呟い
てしまいますよね。

 

でも、結局よくよく冷静に考えてみると、使用中のこのシャンプー、使用感もいいし頭
のかゆみもマシになっている。

誰がなんと言っても最終ジャッジは私が下したのだから「これでいいんだ!」と継続
使用することにしました。

 

まあ、こんな私のつまらない話と、皆さんの大切なお金の話を一緒にするのもどうかと
思いますけど、情報が溢れ過ぎているというのも、無駄に選択肢が増えてしまって難し
いものですよね。

 

結局、その私にお金の相談に来られた方には

「自分にとって一番納得感があって、合理的なアドバイスをしてくれる人を自分で判断
するしかないんじゃないでしょうか?」

と助言。

私は、私が一番その人のためになると考えるアドバイスをしたのでした。

 

どの業者も、そこんとこの気持ちの部分は同じだと信じたいですけどね。

そう願っています。

Arimura120_2

 有村朋子 
大手証券会社で女性営業スタッフを束ねる”やり手”を突き抜けた彼女が今仕事に求めるのは「顧客とのWIN−WINの関係」。自身の座右の銘「人間万事塞翁が馬」をベースにしたコンサルは哲学的に響く。大阪府出身、1979年生まれ。

コメントを残す