あなたが勤めている会社は考えてくれています! ・・・ですが

マネースクールUNOの倉田です。

先日、企業の人事・総務担当者が集まるイベントに参加してきました。

私達の周りのブースを見ると・・・

「うつ」
「労務環境(ブラック企業)」
「コンプライアンス」

溢れる言葉は現代社会を象徴するキーワード達でした。

アピールする方も真剣、聞きに来た人事担当者も熱心。 それぞれの企業が抱えている問題
は様々でしょうが、皆が常に、悩み戦っている時代である事を如実に反映していると感じま
した。

Photo_2

私達マネースクールUNOが参加した目的は、もちろん『投資の必要性』を訴える為です。

自分達の父母と同じように、真面目に働き、コツコツ貯金をしているだけでは自分の人生
や夢を簡単には達成できない時代になっています。
そんな時代でも夢を諦めず、実現していくためには「お金と投資の基礎知識」は必須です。

会期中に多くの企業の人事・総務担当者と名刺交換をさせていただき、直接色々な意見を
伺うことができました。

私が問いかけます。
「昔みたいに簡単に給料は増えていかないですよね」

立ち止まった人事担当者は、少し間を置いて、ほぼ100%の確率で

「・・・そうですね」

と返答をされました。

“人事部”という、皆さんの給料を払う“基準”を作る部署の担当者全員同じ様な反応をした
のです。

足を止め・話を聞いてくれた人事担当者の多くが「今、在籍している若手・中堅社員は、
少なくとも自分の会社の役員やOB達やかなり年配の上司達が歩んできた様な、ずっと
「順風満帆」な会社人生・私生活は簡単には送れないだろうな・・・自分も含めて」
そう
感じている様に思います。

もちろん、そのままで良いとは考えていません。 だから人事・総務担当者はイベントに
参加された訳です。

あなたの勤めている会社は考えてくれています! ・・・ですが
どの担当者も明確な方向性・具体案を見つけ出せていません。

私達がマネースクールUNOの考え方

『企業内でも「お金の基礎知識」を体系的に学ぶ機会を全社員に与え、自分で考え、自分
の人生を自分自身でより豊かにしよう!』
と訴えると… 

ある若い人事担当者が吐き捨てるように言いました。
「実は少し前の人事制度変更の時に似た様な事を考えて進めたんだよ、でも年配の役員の
『必要ない!』の一言で終わったんだよな・・・」

20?40代の人事・総務の現場で働く社員達にとっては「自分事」でもありますから、今後
全社員にも必要な事だと思いアクションを起こそうとします。

しかし、最終決定権・裁量権を持つ役員・上司は、年功序列・終身雇用が当り前だった
時代にキャリア形成や結婚・子育てを経験した世代です。

あくまで推測ですが「自分たちの時代も色々悩む事はあったが、真面目に仕事していたら
日本人は全員幸せになったじゃないか、だからそんな新しい制度を設ける『必要ない!』」
と考えて出た言葉ではないでしょうか?

皆さんが住んでいる日本という国や、所属している企業に、一昔前ほどの体力は無くなり、
日本人全員や社員全員の生活を守り通す事が年々困難になってきています。

国や企業の現場では「守ってやりたい」と思う意志はあります。

その為に少額投資非課税制度(NISA)確定拠出年金(401K)など様々な制度を用意
はしてくれています。

しかし様々な理由で有効活用できない、実行に移せない組織もあります。

いつまでも「国や企業が、誰かが何とかしてくれる」と他人事の様に考えるのではなく。
「自分はこうしたい、こうなりたい、だから自分でこれをやっていこう!」という自分事
として考えていくべきです。

自分自身を守ることが出来るのは自分自身の努力と行動のみです!

「正しいお金の知識」を身に付け、ご自分とご家族の夢を叶えませんか?

                                 (倉田壮一)

コメントを残す