銀行で投資信託を買うと損をする!?

マネースクールUNOの岡です。

投資信託協会が9月11日に発表した投資信託概況によると、2014年8月末の投資信託の資産
残高は、前月比8542億円増の85兆9080億円で、前月の7月末に記録した資産残高の最高額
を更新しました。

アベノミクスやNISAの影響もあり、投資信託を購入する方が増えているようです。 その一
方で、とても気になる調査結果があります。

それは、金融庁が2014年7月4日に発表した、金融庁モニタリングレポート。

これは、金融庁が管轄している金融機関を1年間にわたり検査した成果をまとめ、公表した
ものになります。この中には、銀行における投資信託の販売実績、そして、販売姿勢が見え
隠れしています。

Photo_2

金融庁:金融モニタリングレポート
http://www.fsa.go.jp/news/26/20140704-5.html 

以下、レポート内容の抜粋です。

1)投資信託残高の伸び悩み 現在、銀行等を窓口として販売されている投資信託は、残高
基準で全体の4割強の26.9兆円(2013年度末、投資信託協会調べ)に達し、銀行等は、
個人における投資信託を活用した資産形成に大きな役割を担っている。銀行等の投信販売
の推移について、銀行等では、預金残高が2009年度末の589兆円から2013年度末の649
兆円へと大きく伸ばしてきた一方、投信残高は2009年度末の23兆円から伸び悩み、2013
年度末の22兆円まで、ほぼ同水準で推移している。

2)投資信託の平均保有年数の短期化 銀行等における投信残高の伸び悩みがみられる反面、
毎年度の投信販売額および収益は右肩上がりで伸びてきている。 2009年度末に約6兆円
弱だった投信販売額は、2013年度末には約10兆円にまで伸びている。

この2つの事実から推測されることとして、金融庁は「顧客による投資信託の保有期間が
短期化し、乗換え売買が行われている」と、レポートの中で論じています。

ちなみに、金融庁によれば、証券会社を含む登録金融機関全体の投資信託の平均保有期間
は、ここ数年、2.8年(2009年度末)、2.9年(2010年度末)、2.4年(2011年度末)、
2.2年(2012年度末)、2.0年(2013年度末)と、おおむね短期化の傾向。

一方、米国、英国における投資信託の平均保有期間は、2013年で「4.1年」となっていま
す。 さらに、レポートでは、「特定の種類の資産に限定した投資信託、毎月分配型商品に
偏った販売」が行われている点も指摘しています。

銀行等で取扱いのある投資信託の売れ筋推移順位

Wwwfsagojp_news_26_201407045_01pd_3

(2014年7月4日)より抜粋

この表を見る限り、銀行は「銀行が売りたい商品、かつ顧客が飛びつきそうな商品」の販売
に特化してるように感じます。なぜ私たちは投資信託を買うのか? それはお金を増やすため
です。 毎月分配型であっても、または乗換売買が頻繁行われても、利益が出るのであれば
いいでしょう。 ただし、レポートの中にはこんなシミレーションも記載されています。
シミレーションの前提条件はこうです。  

・2003年3月末から10年間、投資信託で資産を運用する
・2年ごとに投資信託を乗り換える(乗換え回数は4回)
・乗換え時には、その時々に最も人気のあった投資信託に乗り換える

このシミレーションの結果、2003年からの10年間で投資した資産は3%減少(分配金受取
のケース)、年平均リターンで示すとマイナス0.3%となりました。

つまり、「銀行の言う通りに投資信託で運用すると、損をした」ということ。 この事実を、
国の機関である金融庁が、公的なレポートで公表しているのです。

ちなみに、金融庁レポートでは、売れ筋投資信託の試算結果とは別に、試算と同じ期間に
米国・英国それぞれの国内・国外、株式・債券で分散投資を行うバランス型投資信託を購入
し乗換え売買せずに10年間保有し続けた場合の収益試算も行っています。

それによると、米国・英国のファンドの年平均リターンは、米国Aファンドで12.7%、
米国Bファンドで16.1%、英国Cファンドで13.2%、英国Dファンドで13.6%と、先ほど
のモデルケースのマイナス0.3%に比べて高い結果が得られることを示しています。

投資信託を買うことが悪いことでも、損をすることでもありません。 我々も、資産運用の
手段として、投資信託を提案します。 要は、買い方であり、運用のやり方なのです。

ただし、残念ながら今の日本の金融機関は、「売り手の論理」のみが優先され、正しい運用
が実践されていません。 また、正しい運用方法を教えようとしていないようにも感じられ
ます。

「商品を選び買うことが資産運用ではない、買ってからどうするかが資産運用である」
マネースクールUNOを通じて資産運用に取り組むクライアントには、こう伝えています。

正しい方法を伝え、学ぶ場所を提供することが私たちの使命。 そして、それを継続すること
で、きっと既存の金融機関の姿勢も変わってくるはず。

そう、私は信じたいです。

皆さんはこのレポート見て、どう思いましたか?

(岡 知宏)

ディズニー映画『ウォルトディズニーの約束』が教えてくれる我が使命・・・ 心ある金融マンを救済せよ!

マネースクールUNOの西原です。

私たちは企業利益を優先する金融会社や、そこで働く多くの金融マンの商品の売り方を

問題視しています。

顧客の利益でなく、自身の成績や企業の利益のために・・・
顧客の不安を煽って商品を売ったり、本来の目的とは違うメリットを並べ立てて顧客を
揺動して販売したり、手数料欲しさに本来長期で保有すれば顧客にメリットがあるもの
を買換えさせたり、あげくのはてに商品の内容を詳しく知らずに売りつけたり・・・

金融商品の善し悪しでなく、実はそこに関わる人間が、多くの不幸、不満、落胆、傷心、
憎悪を生み出しているように見える昨今です。

閑話休題

さて…  皆さんは、記録的な興行収入を叩きだしたディズニー映画『アナと雪の女王』
をご覧になりましたか?
素晴らしい映像と、素晴らしい音楽が織りなす、老若男女が楽しめる素敵な作品でしたね。

この『アナと雪の女王』の大騒ぎの陰に隠れて、同時期に公開されたのに、ほとんど話
題にならなかったディズニー映画があったのをご存知ですか?

映画のタイトルは『ウォルトディズニーの約束』

1964年に公開されたディズニー映画の金字塔『メリー・ポピンズ』が完成するまでの
ドラマを描いたヒューマン・ストーリー。
自分が作ったキャラクター「メリーポピンズ」を汚されたくない原作者P.L.トラヴァース
(エマ・トンプソン)と、新しいキャラクターで映画界に旋風を巻き起こしたい、御大
ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)、音楽家のシャーマン兄弟、脚本家のドン・
ダグラディとの葛藤に満ちた、所謂「裏方話し」。

このせめぎ合いの背景にあるのは「いくらで?」とかいった下世話な話でありません。
映画が始まってすぐに、そこに横たわる原作者の心の問題が明らかになって行きます。

原作者のトラヴァースは幼少期に、銀行に金融マンとして勤め、儲けのために人の心を
失わなければならないことに苦悩し、酒におぼれて死んでいった父(コリン・ファレル)
の姿を目の当たりにしていました。
彼女は「夢をみるのをやめちゃダメだ!」と笑顔で語りかける父親が大好きでした。

映画『メリー・ポピンズ』はご覧になったことがありますか?
ジュリー・アンドリュース演じるメリー・ポピンズが家政婦にやって来るバンクス家の
お父さんは銀行マンでしたよね。
苦悩しつつも銀行の業務にまい進する厳格で堅物のバンクス氏。
そして子供との関係も威圧的で、愛情は深いのに決して上手く行ってるとは言えない状態。

映画『ウォルト・ディズニーの約束』を見ていると、実は『メリーポピンズ』の主役が
メリーポピンズや可愛い子供たちや不思議な魔法じゃなかったことが徐々に明らかにな
って来ます。

『ウォルト・ディズニーの約束』の原題・・・ 実は『Saving Mr.Banks』(バンクス氏
の救済)なんです。

トラヴァースはイマジネーションの中で「汚い金融の世界」と「愛と夢」の狭間で、苦悩
のうちに死んでいった父親を助けたかったのです。

物語は佳境・・・
ウォルト・ディズニー達は、彼女と激しく衝突する中で、その背景を感じ取り共感し、
「バンクス氏を助ける」「作者の悲しい記憶を終わらせる」作品作りへと心を一つにして
行きます・・・

余談になってしまいますが、
夢と魔法だけででできている映画『アナと雪の女王』
夢と魔法だけでは作れない映画『ウォルト・ディズニーの約束』
この二本の映画を同時期に世に出すディズニーの懐の深さに感服させられますね。

ちょっとストーリーを語りすぎましたか? お許しくださいね。

日本の金融業界にも「”顧客のため”という愛に溢れた気高い心」と、「企業利益という
非情なテーマ」の狭間で苦しんでいる金融マンがたくさんいるんですよ。

この映画に登場するバンクス氏のような人が本当にたくさんいるのです。

私たちは顧客の利益のためにと毎日闘っています。
人々の投資に対する誤解を解いて、正しい情報や方法を提供する。
勇気をもって歩を進める人にはそっと寄り添う。
でも、バンクス氏のような金融マンを救済することも忘れてはいけない。

一冊目の書籍『過去のお金の常識を疑え!』はそんな金融マンへの熱いメッセージ、もし
くは応援歌でもありました。

私たちは、金融マンとしてのプライドが微塵もない、所謂「売り子」無勢には全く興味
はありません。
心ある金融マンを想い、いつか彼らと心をひとつにして「日本の金融を変える」という
目標を達成したいと願っています。

『貯蓄から投資へ』

そんな世の中を実現するために
私たちも、日々前進する姿を世の中に見せ続けて、まだ顔さえも知らない日本中のバンクス
氏に勇気を届け続けなくてはならない。
そして 彼らの「想い」を守り救い続けることも忘れてはならないのです。

それも私たちに課せられた大切な大切な使命です。

映画『ウォルト・ディズニーの約束』予告編 
YouTube: 映画『ウォルト・ディズニーの約束』予告編

えっ!? 銀行つぶれたら本当にお金返って来ないことってあるの?!

マネースクールUNOの倉田です。

突然ですが、皆さんが普段から利用されている銀行がつぶれたら、どうなるかご存知ですか?

以前は「銀行が潰れる(破綻)」という事が起こっても、預けられている普通預金や定期預金など

は全額戻ってきていました。
お金を預けている皆さんには一銭の損も出ない。
いわゆる「元本保証」だった訳です。

ところが2005年4月以降は、銀行が破綻した時は『ペイオフ』と言う制度が適応される事となり
ました。

『ペイオフ』とは、利息が全く付かない一部の特殊な預金を省き、世の中の多くの人がお金を預け
ている普通預金・定期預金の全額が守られるのでは無く、預けたお金(元本)の1000万円とその
利息分のみが保証対象となりました。

A1180_011767

1000万円以上預けている部分は資産査定・債権回収をして後々返してくれる比率が確定します。

つまり破綻銀行の資産状況によっては「元本保証」ではなくなったと言うことです。

その『ペイオフ』が2010年9月に日本で初めて適応される事態が起りました。
ご記憶の方もいるかもしれませんが、日本振興銀行の破綻です。

日本振興銀行は2004年に開業し、定期預金中心に預金を集め、中小企業に融資をしていく事
を基本理念に掲げた金融機関で、普通預金など普通の銀行が担う決済業務を行わないという点
では少々特殊な成り立ちをした銀行でした。

ところが6年後の2010年に破綻。
ただちに『ペイオフ』が発動され、預金者の預けていた定期預金は法の規定に従い1000万円と
その利息は支払われましたが、1000万円を上回って預けられていたお金の返却(弁済)に関し
ては、その後の資産査定を経て弁済率が決定されるのを待っている状況でした。

先日の新聞報道によりますと、2012年の第1回弁済に続き、破綻してから丸4年たった今年9月
末に第2回弁済が始まります。
今回が主だった弁済の最終になるようで、事実上の『ペイオフ』終結となるそうです

結果、1000万円以上の預金金額のうち返済予定の累計割合(弁済率)は・・・・・58%!

仮に2000万円預けていたら1580万円しか返ってこなかったという事です。
420万円の損が確定した訳です。
しかも銀行がつぶれてから4年以上戻ってこなかったのです!

「銀行にお金を置いておいたら、何かあっても絶対守られる」
これが日本人全員が今まで銀行に対して抱いていた感覚ではないでしょうか?

『ペイオフ』と言う制度が導入されたと認識をしていても、銀行が破綻しても国が何とかしてくれる、
と心の何処かで思っていた人も居たかもしれません。
しかし、これが現実です。
銀行にお金を置いておいても絶対に安全・安心という時代は本当に終わったのです!

ちなみに、今回の弁済率の58%というのは、当初予想されていた比率の倍に改善したそうです。
という事は・・・ 
想定通り弁済率が30%以下だったとすると、2000万円預けていた人は1300万円以下しか戻
らず、残りの700万円以上損をすることになったのです!

さらに、場合によっては返済までに数年かかってしまう可能性も有ります!
普通に銀行にお金置いておいてですよ、恐ろし?!!

自分のお金は自分で守らなければいけない時代です。
お金の基礎知識を学んで、いざと言う時でも対応出来るスキル。

この時代には不可欠だと思います。

                                               (倉田壮一)

ブログにご用心!!

マネースクールUNOでマーケティングを担当している西原です。

ブログで、いきなり『ブログにご用心!!』なんて物騒なタイトル。
驚かせてすみません!
でも… ホント用心が必要なんですよ〜。 

インターネットは、ここ数年、生活の標準的なインフラになりましたね。 年齢層によって
は、まだという部分がない訳ではありませんが…

ブログ、ホームページ、ソーシャルメディア…  誰もが世の中に向けて「表現」したり
「メッセージ」したり「物申す」ことが簡単に出来るようにもなりました。

キーボードからカタカタと入力される言葉がより大きな力を持ちはじめたという事ですね。

メディアの進化だ! It’s Good ! と簡単に片付けられればいいのですが。そうとばかり
言っていられません。

A0002_010996

ネットの世界には、多様な意図を持った多くの人間の発信した言葉が所狭しと漂い、
とっくの昔に飽和状態の様相。

マーケティングを担当している私のような種類の人間としては、 自分たちの情報を本当
に求めている人に届けるのにも一苦労… そんな感覚があります。

ただ、正しい事を生真面目にコツコツとメッセージしていても、届けたいところに届き
にくくて、どうしても「輝き」や「刺激」という名のちょっとしたトッピングも欲しく
なります。

最近は、そんなネットマーケティング手法も多様になりました。

そんな手法の中に、「他者を貶(おとし)める事で自らの信用を勝ち取る」なんて攻撃的
な手法があります。

私たちのオフィスはお金の業界内では「異分子」なので、そういうターゲットにされ
やすいようです。(あくまでも業界を活性化する善き異分子です)
やっかみも嫉妬もありますからね。

実名で書いてしまって大問題になるのも恐いからと、 明らかにこの会社だと分かるような
メッセージを引き合いに出して、揚げ足を取って、その会社を貶める。

書かれている内容を読んでも、揚げ足を取る事に全力を注ぐあまりに、ご自身の持論なの
か、反論の為の反論なのか、もしくは女々しい嫉妬なのか、判断が難しかったりします。

どこかで聞いた話しや、本屋やネットからの情報・数字を並べ立てて、一人悦に入って
るケースが多く、そこに書き手自身の「経験に基づいた理論」が感じられないものが
多々あります。

そして、見えない部分を自分の都合のいいように曲解して、それを責める一人相撲に終始
します。ただただ、「きっとこんなふうに考えて、きっとこんなことをしてるはず… 
だとしたらこれはおかしいですよ皆さん! 騙されているかも知れませんよ!」みたいな
スタイルで終始のらりくらり。

自分がやってることを棚に上げて的な物言いでの弁解も多々見られて薄笑い。 冷静さを
装って理論的に書いているつもりでしょうが、文章のテンションは大人げなく「イタい」
ほどに感情的です。

一瞬は面白いのは確かです(ホント笑えます)・・・でも すぐに「この人何が言いたい
んだろ?」「何がしたいのかな?」「結局反論の為の反論?」 そんな居心地の悪い気分
になってしまいます。

世の人の、言葉から感じ取る能力を馬鹿にしてはいけませんよね。言葉の裏くらいは誰
でも感じることができるのです。

自分より多くの注目を集めているものを否定・攻撃する言葉で、売名する、誰でも出来る
初歩のブランディングの手法です。

こういう類いの人たちは、「どんな手法で売名しようと自由だろ!」と開き直るのかも
知れませんが… こういう事象が頻繁に見受けられる昨今感じるのは、「真面目な情報
やメッセージを、求めている人のもとに届く邪魔をするのは罪ではないのか?」という
こと。

それで、多くの人が人生を変化させる「機会を喪失」したら、 その人たちの人生に対して
妨害の矢を放った人はどんな責任が取れるのでしょうか? 影響力のほぼない自己満足
ブログでもこれは同じです。

それを真摯に考えるなら、机上だけで展開する乱暴な言葉の前に、 それを実践して体験
して、自分で掴んだ事実を元に、「そのメッセージがどれだけ嘘っぱちか」を訴えた方が
説得力があるのではないでしょうか? 
対象とする相手の社会的実績、顧客と業界の評価をひっくり返すような説得力で多くの人
の信頼を集めて。

ネットは自由な言論が許される場・・・ 匿名は頂けませんが、匿名でなければ何を書いて
も信じてもらえる・・・ そんな了見もまだまだ甘いと言わざるを得ません。

おすすめの情報にも責任が必要。
そして、誹謗中傷にも責任が必要。

後者は特に、そこに人としての礼節や、社会的信用度、自身の経験に基づいた確固たる
意見を感じさせなければ 通りがかりのチンピラの気まぐれな暴力と同じ。

金融関係に限らず、世の中のネットメディアというのは、そんな闇の部分も持っているん
ですね。

ネットからの情報を盲信するのはナンセンス。
でも、こんな時代に、ネットからの情報を100%無視するのもナンセンス。

情報の洪水の中では、やはり「受け手」の情報選択能力や、「真実を求める力」、そして
「人を見る目」が大切なのだと思います。

皆さんも、そんな巧みな雑音で大切な真実を見失うことがないようにご注意ください。

我々は・・・こんな輩の売名行為に利用されないように、せいぜい気を付けようと思い
ます。

                               文責:西原 朗