ブログにご用心!!

マネースクールUNOでマーケティングを担当している西原です。

ブログで、いきなり『ブログにご用心!!』なんて物騒なタイトル。
驚かせてすみません!
でも… ホント用心が必要なんですよ〜。 

インターネットは、ここ数年、生活の標準的なインフラになりましたね。 年齢層によって
は、まだという部分がない訳ではありませんが…

ブログ、ホームページ、ソーシャルメディア…  誰もが世の中に向けて「表現」したり
「メッセージ」したり「物申す」ことが簡単に出来るようにもなりました。

キーボードからカタカタと入力される言葉がより大きな力を持ちはじめたという事ですね。

メディアの進化だ! It’s Good ! と簡単に片付けられればいいのですが。そうとばかり
言っていられません。

A0002_010996

ネットの世界には、多様な意図を持った多くの人間の発信した言葉が所狭しと漂い、
とっくの昔に飽和状態の様相。

マーケティングを担当している私のような種類の人間としては、 自分たちの情報を本当
に求めている人に届けるのにも一苦労… そんな感覚があります。

ただ、正しい事を生真面目にコツコツとメッセージしていても、届けたいところに届き
にくくて、どうしても「輝き」や「刺激」という名のちょっとしたトッピングも欲しく
なります。

最近は、そんなネットマーケティング手法も多様になりました。

そんな手法の中に、「他者を貶(おとし)める事で自らの信用を勝ち取る」なんて攻撃的
な手法があります。

私たちのオフィスはお金の業界内では「異分子」なので、そういうターゲットにされ
やすいようです。(あくまでも業界を活性化する善き異分子です)
やっかみも嫉妬もありますからね。

実名で書いてしまって大問題になるのも恐いからと、 明らかにこの会社だと分かるような
メッセージを引き合いに出して、揚げ足を取って、その会社を貶める。

書かれている内容を読んでも、揚げ足を取る事に全力を注ぐあまりに、ご自身の持論なの
か、反論の為の反論なのか、もしくは女々しい嫉妬なのか、判断が難しかったりします。

どこかで聞いた話しや、本屋やネットからの情報・数字を並べ立てて、一人悦に入って
るケースが多く、そこに書き手自身の「経験に基づいた理論」が感じられないものが
多々あります。

そして、見えない部分を自分の都合のいいように曲解して、それを責める一人相撲に終始
します。ただただ、「きっとこんなふうに考えて、きっとこんなことをしてるはず… 
だとしたらこれはおかしいですよ皆さん! 騙されているかも知れませんよ!」みたいな
スタイルで終始のらりくらり。

自分がやってることを棚に上げて的な物言いでの弁解も多々見られて薄笑い。 冷静さを
装って理論的に書いているつもりでしょうが、文章のテンションは大人げなく「イタい」
ほどに感情的です。

一瞬は面白いのは確かです(ホント笑えます)・・・でも すぐに「この人何が言いたい
んだろ?」「何がしたいのかな?」「結局反論の為の反論?」 そんな居心地の悪い気分
になってしまいます。

世の人の、言葉から感じ取る能力を馬鹿にしてはいけませんよね。言葉の裏くらいは誰
でも感じることができるのです。

自分より多くの注目を集めているものを否定・攻撃する言葉で、売名する、誰でも出来る
初歩のブランディングの手法です。

こういう類いの人たちは、「どんな手法で売名しようと自由だろ!」と開き直るのかも
知れませんが… こういう事象が頻繁に見受けられる昨今感じるのは、「真面目な情報
やメッセージを、求めている人のもとに届く邪魔をするのは罪ではないのか?」という
こと。

それで、多くの人が人生を変化させる「機会を喪失」したら、 その人たちの人生に対して
妨害の矢を放った人はどんな責任が取れるのでしょうか? 影響力のほぼない自己満足
ブログでもこれは同じです。

それを真摯に考えるなら、机上だけで展開する乱暴な言葉の前に、 それを実践して体験
して、自分で掴んだ事実を元に、「そのメッセージがどれだけ嘘っぱちか」を訴えた方が
説得力があるのではないでしょうか? 
対象とする相手の社会的実績、顧客と業界の評価をひっくり返すような説得力で多くの人
の信頼を集めて。

ネットは自由な言論が許される場・・・ 匿名は頂けませんが、匿名でなければ何を書いて
も信じてもらえる・・・ そんな了見もまだまだ甘いと言わざるを得ません。

おすすめの情報にも責任が必要。
そして、誹謗中傷にも責任が必要。

後者は特に、そこに人としての礼節や、社会的信用度、自身の経験に基づいた確固たる
意見を感じさせなければ 通りがかりのチンピラの気まぐれな暴力と同じ。

金融関係に限らず、世の中のネットメディアというのは、そんな闇の部分も持っているん
ですね。

ネットからの情報を盲信するのはナンセンス。
でも、こんな時代に、ネットからの情報を100%無視するのもナンセンス。

情報の洪水の中では、やはり「受け手」の情報選択能力や、「真実を求める力」、そして
「人を見る目」が大切なのだと思います。

皆さんも、そんな巧みな雑音で大切な真実を見失うことがないようにご注意ください。

我々は・・・こんな輩の売名行為に利用されないように、せいぜい気を付けようと思い
ます。

                               文責:西原 朗

コメントを残す