ワクワクのクリスマスとお正月、ドキドキのお財布

マネースクールUNOの倉田です。
年末年始は何かと物入りです。

クリスマス・お正月とお金を使うイベントが目白押しです。 数日前に東京支店から程近い
大手家電量販店に行く機会がありました。 週末とあって、どのフロアも多くの買い物客で
ごったがえしていましたが、ひと際目立つ長蛇の列をつくるレジがありました。

それは子供のクリスマスプレゼントを買求める為に多くの親が並ぶ「おもちゃ売り場」の
レジでした。

Photo

消費大国アメリカのクリスマスシーズン前後の消費は「強烈!」の一言です。

11月末の感謝祭前後からクリスマスを含むホリデーシーズンは個人の消費支出が最も盛り
上がる時期です。 特に、全米のほとんどの小売業者が一斉にバーゲンセールを開始する
感謝祭(11月最終木曜日)翌日の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれています。
アメリカ人にとっては「1年で最も“お得に”お買物ができる日」と認知され、1日で1億人
近い人々が店舗・ネットで買物を楽しみます。

そして、その日を境に米国の多くの小売企業の年間収支が黒字化する事から、その名が
付いたとも言われています。 0時の開店と同時にお目当ての売場へ雪崩れ込む多くの人々。
ブランド物の大きな紙袋をいくつも両脇に抱えた割腹の良い女性への街頭インタビュー。
最後の1つとなった我が子へのクリスマス用の人気おもちゃを巡り、屈強な男性同士が
マジで奪い合うシーン。

警察沙汰になる事もしばしば。 ネット・テレビで見た経験がある人も多いと思います。
全米小売業協会によると、感謝祭当日を含むその週末だけで全米の店舗売上高は500億
ドル(約6兆円!)以上に達するそうです。

ただ、最近はセール期間の前倒しやオンライン販売の普及により、この一極集中傾向にも
変化が現れていますが、実店舗においてもオンライン販売においても、アフター収穫祭&
アフタークリスマスのセールが実施される年末までの約1ヶ月間が、米国企業にとって
1年の業績を左右すると言っても過言ではないようです。

一方、日本で最も家計の消費支出が多くなる日は総務省統計局の家計簿調査によると1月
1日の元日だそうです。 クリスマスはプレゼントや外食、大晦日は新年の準備の為の買物
など家計の支出額が多い感じがし、元日は自宅で家族ゆっくり過ごし、あまり外出やお店
に物を買いに行って派手な支出はしないイメージを持っていました。

元日が1日当たりの消費支出トップとなった原因は『お年玉』による支出が含まれる為で
す。 物を買っている訳ではありませんが、確かに家計からお金が出て行ってしまうという
視点で、お年玉も立派な“消費”に当たるかもしれません。

ちなみに、“物品”への消費支出で考えると12月31日が最多となる様です。

マネースクールUNOでは無料マネーセミナーや個別相談会を通じ、多くの方々にお金の
正しい知識を伝え、お金を貯める・殖やすヒントを伝えています。
相談に来られる方の中に余り明確な目的は無いが、とにかくお金を殖やしたいと言う方も
います。 預貯金の残高を増やす事は確かに大切です。

ただ闇雲に預貯残高を増やしたり、運用で資産額を殖やすだけでは余り意味がありません。
お金を得る行為や資産や貯蓄額を殖やす事は、人生を豊かにする為のお金という「手段」
を充実させる事です。 決して達成すべき人生の最終「目的」ではありません。

「お金」は使って初めて本来の意味を発揮します。 正しい使い方をすれば人生を自身が
望む方向へ導いてくれる可能性をもったツールです。 使わなければ意味のないお金。
しかし、当り前ですが使えば減ります。 支出が増え資産額が減り、将来への不安を潜在的
に抱えたままでは、結果的に今使うべき事・物に対し安心してお金を使う事はできません。

日頃の気持ちや成長への願いを込め、愛する人へ渡すお年玉やクリスマスプレゼント。
「あの人に出来るだけ喜んでもらいたい!」 年末年始は老若男女、全世界の人々が知恵を
絞り・心を砕き頑張ります。

渡した瞬間は喜ばれて良い気持ちになった! でも後で「ちょっと無理して高額すぎる物を
あげちゃったな?」「もう少し金額減らしておけば、今やるべきこの事にお金回せたの
に・・・」と後悔はしたくないはず。

単に貯めようとしてもなかなかお金は増えてくれない、まずは殖やすための努力が必要
な時代。 ただ殖やすだけでなく、その過程でどの様に使う事が自分の人生にとって最も
意味があるのかを考え、目的を持った生きた資産を手にする。

そして心置無く自分自身にとって大切な物事や自分が愛する人の為に使う。
そうすれば「お金」が本当の意味で生きてくると思います。

その為に、今年のうちにもう一度、自分自身のお金の貯め方・殖やし方を見直してみま
せんか?

                               (倉田壮一)

年内のブログ更新はこの記事が最終となります。
2014年も、このマネースクールUNOブログをご愛顧頂き本当にありがとうございました。
2015年も、ますます楽しい記事をお届けしたいと思いますのでご期待ください。
新年は1月7日にお目にかかります。

皆さん、良いお年をお迎えください。

コメントを残す