普通に使ってるつもりでも・・・『クレジットカード』利便性の陰に潜む“悪夢”

マネースクールUNOの倉田です。

私達が住む社会は日々進化をしています。
より便利に! より快適に!
人々の飽くなき欲望は、便利な仕組み・商品を生み出します。

日々の生活の中で多くの人が普通に使っている『クレジットカード』
「欲しい!」と思った時に財布にお金が入ってなくても、カードを提示してサインをすれば何でも手に入っちゃう。
しかも、ポイント還元や割引など「お得」なメリットもあったりします。
便利ですよね?。

1

一般社団法人日本クレジット協会の統計によりますと、日本のクレジットカードの発行枚数は約2億6000万枚に上り、赤ちゃんからお年寄まで日本国民全員が2枚はクレジットカードを持っている計算になります。
日本の国内総生産(GDP)が年間で約500兆円、ここ15年ほどはあまり増えていません。
その約60%が家計消費と言われていますので、私達は年間約300兆円を物・サービスの消費に使っている計算になります。
そのうちクレジットカードで物を買った・サービスを受けた・お金を借りたりした総額(信用供与額)は年間で39兆円近くに達し、しかもこの金額は毎年5?10%の伸びを続けています。

つまり、私達は年間消費支出の13%をクレジットカードで払った事になり、決済方法に占める割合は年々増加してきている事になります。
「便利でお得」だから、みんながどんどん使っている訳です。

しかし、便利・お得・使いやすい物やサービスは“正しい使い方”をした時だけです。

最近受けた個別相談では、クレジットカード等の債務残高増加により家計の状況が危機的になりつつあると言う相談が散見されます。

相談者の共通点は、皆さん「普通」の人です。
「普通」とは、キチンと正社員などの定職についており、お給料の額も手取りで月に20万以上、結婚され配偶者も正社員として働き2人共そこそこの年収をもらっている方もおられました。
ドラマなどでお金について失敗した人の典型的な例・・・ 株や不動産での失敗・他人の借金を負わされる・極端な買物依存症・ギャンブル狂い・驚くほどの低いお給料という様な方は相談者の中には一人もいません。
本当に皆さんの周りにいる会社の同僚や学生時代の友人・知人の様な、ごく「普通」の人達です。

そして、もう1つ共通点があります。
それはお金を使う事に“少し”ルーズで、お金を貯める事が“少し”不得意。

十分な収入があるので、日々の生活に不自由が出ている訳ではない。
その為、自分が毎月いくら使っているかを把握する必要を余り強くは感じていない。

自分の手が届くと思える範囲で日々を楽しんでおり、頑張って数百万円単位の金額が必要な大きな夢を実現しようと言う強い野望がある訳ではない。
その為、苦労してまで貯めて達成する必要を感じていない。

そこそこ自分が満足がいく生活を送りながら「便利でお得」と言う感覚に流されクレジットカードを使い続ける、そんなライフスタイルが感じ取られます。
徐々に使用頻度・金額が増加し、段々と月々の請求金額が上がっていく。
クレジットカードの金利は年率で10%以上と、この低金利時代ではまったく考えられないほど高い金利を架せられます。
そして数年間という永い年月をかけて少しずつですが確実に「借金」を育てて行った印象。
気が付くと自分自身の力で何とかできないレベルまで債務残高が積み上がってしまう。
最後は家族の助けや法的手段を選択しなければいけない、という段階に至っていました。

「クレジットカードの支払等に苦しむ人は基本的なお金についての知識が不足している、正しい使い方を学んでさえすれば大きな失敗はしない」と言う人もいます。
確かに知識は必要です。
しかし、私達が生きる大量消費社会やカード会社はあの手この手を用いて、執拗に人間の欲望に訴え掛けて来ます。
その結果、相談者の中には以前に同じ様な事に陥り、1度は助けられ「2度と失敗はしたくない」と思ったにも係わらず再度同じ状況に立ち戻ってしまった方もいます。

1度だけ「知識(=ただ単に知っていること)」として学ぶだけでなく、「知恵(=理解し適切に対処できる能力)」として身に付ける必要があります。
その為には繰返し繰返し学び、判断に自信を持ち、強く在れる自分自身になる必要があります。

人間の意志は大変弱いもので、楽な方へ楽な方へ流されるのが普通です。
お金によって自分の人生を左右されるのではなく、お金の力を利用して自分の人生を切り開いて行ける様に「お金の知恵」を身に付けていきませんか?

(倉田壮一)

コメントを残す