お金の世界も就活もハ?フ?ルに踊らされちゃタ?メ!

マネースクールUNOの岡です。

3月18日、国土交通省は2015年の公示地価を発表しました。 (公示価格とは、一般の不動産取引価格の目安や、公共収用される土地の目安となる価格のこと)

全国の商業地が7年ぶりに下げ止まり、三大都市圏が2年連続で上昇するなど、回復基調が鮮明になってきています。

この地価上昇、背景には外国人観光客の「爆買い」があるようです。 例えば、東京。
東京圏の商業地では、上昇率トップ10のうち、8地点が銀座です。 昨今の爆買いブームの恩恵をもっとも受けているエリアの1つで、午前中から中国人観光客が大挙して押し寄せています。

また、結婚式場で有名な目黒の目黒雅叙園ですが、森トラストによる昨年8月の取得時には約1300億円だった価格が、今年1月末の売却時には1400億円強となり、半年もたたず100億円以上も値が上がり、関係者を驚かせました。

森トラストから取得したファンド関係者は「需給を考えれば賃料が上がる余地は大きく勝算がある」と話しているそうです。 そして、大阪では心斎橋や難波エリアが堅調。
日本一のLCC(格安航空会社)拠点となった関西国際空港からは、梅田よりも心斎橋や難波の方が近く、「日本の不動産が割安だ」と考えている外国人投資家には、より注目されているようです。

道頓堀にある名物「くいだおれ人形」が置いてある「中座くいだおれビル」が3月頭、香港の投資ファンドによって約100億円(推定)で買収され、「大阪のシンボルが外資に・・」と話題となりました。

一方で地方を見てみると、相変わらず7割弱もの地域で地価が下落していますが、たとえば沖縄県で商業地と住宅地が2年連続で上昇したり、東京圏の住宅地上昇率トップ10に外国人観光客から人気の「三井アウトレットパーク木更津」がある木更津(千葉県)が5地点もランクインするなど、不思議な現象も見られます。

これも、外国人観光客の効果があったものと考えられています。 不動産価格の上昇、ベースアップ(賃金アップ)、そして日経平均株価が15年ぶりに19,000円を突破し2万円を伺う展開になってくると、「バブル到来か?」と世の中が浮かれ始めてきますが、意外なところにもバブルがやってきているようです。

それは、2016年卒業予定の新卒採用。 今年の新卒採用は景気回復や人材不足から「売り手市場」となっており、1990年ごろの「採用バブル」をほうふつとさせているようです。

Sedai_bubble

1990年当時の採用状況はどんなものだったのか?

「学生の確保に成功した企業が内定者を他社に取られないようにするため、研修等と
称して国内旅行や海外旅行に連れ出し他社と連絡ができないような隔離状態に置く」
「内定式をハワイでやる」 また、学生たちの意識も今と違っており、「公務員の給料は安い、良くて平均的」といった風評が大学生の間で蔓延して、「(キャリア組以外の)公務員はバカがなるもの」と見下されがちでした。

今の20代30代の方から見れば、異常と映るはずです。 私自身は、「就職氷河期」と言われ始めたバブル崩壊後の1994年に就職しましたが、学生時代に先輩から聞いた就職活動の実態は、まさにこのとおりでした。

では、1990年前後のバブル就職組のその後はどうだったか? 「就職氷河期の前の企業の大量採用により苦労せず、就職氷河期以前の価値観を持って入社し、さらに同期が多い。

そのため、バブル世代は、就職氷河期以降の社会の考え方と合わず、自立心があまりなく、依存体質であり、会社の負担であると言われており、一部では『花の90年組』と皮肉をこめて呼ぶ者もいる」と、批判的な意見で彼らのことを語る人もいます。

「バブルに踊らされた!」 バブル就職組は、まさにそんな印象です。

ちなみに、今年の新卒採用も、若干「バブルの香り」が漂うものとなっています。 JTBグループのJTBメディアリテーリングが東京湾に寄航する大型クルーズ船で会社説明会を行ったり、ボーリング最大手のラウンドワンが、ボウリングや屋内スポーツで遊びつつ設備やバックヤードなどの店の裏側をのぞくツアーをインターンシップで実施したりと、採用バブル復活を感じさせます。

過去の反省を踏まえ、学生の方にはバブルに踊らされない就職活動を行ってほしいと
思います。

考えてみれば、資産運用の世界も同じ。 株価が仮に20,000円、25,000円と上がって
くれば、株のデートレードやFXといった「マネーゲーム」に熱中する人が増えてきます。

マネーゲームで、一時的に大きな利益を上げることは可能かもしれません。 でも、
マーケットは上昇の後に、必ず下落がやってきます。 その下落局面で、ゲームに興じた多くの人は後悔します。

資産運用とは、ルールに基づき資産を分散し、マーケットの上げ下げに一喜一憂せず、10年20年といった時間をかけててお金を増やしていく行為です。

「お金の世界もバブルに踊らされてはいけない!」

景気回復が意識されだした今こそ、正しいお金の殖やし方を学び、実践していきましょう。

(岡 知宏)

コメントを残す