休眠口座にご注意を!

マネースクールUNOの岡です。

皆さんは、「休眠口座」というものをご存知ですか?

休眠口座とは、最後にお金を出し入れした日や定期預金の最後の満期日から、銀行では10年、ゆうちょ銀行では5年以上経ったもののうち、預金者本人と連絡のつかないものをいいます。

こういった休眠口座のお金は、全国銀行協会などの内規により、銀行の収入になります。
休眠口座の金額は、日本全体で毎年800億円を超えるといわれていて、銀行が国債を買うお金などに回っているそうです。

chokin_tsuchou

休眠口座のお金をもっと有効に活用するための法案が、この国会で議論される予定です。

具体的には、使い道を「①生活困窮者②子ども・若者③活力が低下する地域」の3分野の事業支援に限定し、金融機関の休眠預金をNPO法人などに助成したり貸し付けたりできるようにする法案のようです。

 

それにしても、年間で800億円とは、もの凄い金額ですよね。

なぜここまで多いのか?
理由の一つとして、日本では銀行口座が作りやすいということがあげられます。
ある統計によれば、日本には銀行口座が12億口座あり、単純に計算すると、赤ちゃんまで含めて1人あたり10口座近く持っている計算。
イギリスは、人口が日本の半分で、1.5億口座、韓国も1.7億口座なので、いかに日本の口座数が多いかということがわかります。

 

「ポイント欲しさになんとなく新規口座を開設した」

「親が知らないうちに、自分用の口座をつくってくれていた」

「転勤先でつくった口座が、別のところに転勤したあともそのままになっている」

 

皆さん、思い当たる節はありませんか?

海外では口座管理のための手数料をとるところが多いのですが、日本はタダ。
だから簡単に口座を作り、ついつい、そのまま放置・・・。
休眠口座の約9割が残高1万円以下と言われており、住所変更や解約手続きが面倒で、ついつい忘れてしまっているのが現状のようです。

 

私が普段相談者の方とお話をする中でも、複数の銀行にお金を分けているために、自分の預貯金額をはっきりと把握されていない方にお会いすることが多々あります。

複数の銀行に口座を持つことは悪いことではありませんが、「管理出来ないのであればあまり簡単に口座を作りすぎない」ことも、お金をきちんと管理し貯める上で、大切なことかもしれませんね。

 

考えてみれば、昨年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)も同じことが言えるかもしれません。

NISA口座の稼働率は50%弱と言われていて、せっかく口座開設したのに半数以上の人が何も投資していないのが現状です。
せっかく開いた投資口座が、「残高ゼロ」、もしくは「ほったらかし」になっていては意味がないですよ!

 

休眠口座、要注意です!

コメントを残す