そのまま行って本当に大丈夫ですか?

マネースクールUNOの倉田です。

確定拠出年金(401k)・・・
老後に仕事が出来なくなり日々の生活に困る事がないように私達を支えてくれる「年金」の一制度で、毎月決まった金額を拠出、その資金を所属している企業等に任せるのではなく自分自身で年金の運用先を決め、運用結果が将来もらう年金金額の一部にそのまま反映される仕組み。

現役時代に自分自身が選択した運用先の結果次第で老後の生活費が左右されてしまう事になります。

企業型確定拠出年金の採用企業数が3月末時点で19832社、加入者数で500万人を突破しました。
会社員の多くが加入する厚生年金の加入者数が約3500万人ですから、今やサラリーマンの7人に1人は確定拠出年金に加入している状況です。

政府は2020年までに採用社数2万社を目標に掲げていましたが、5年ほど前倒しで目標を達成。
早期達成に昨今の運用環境の好転が後押しした事は言うまでもありません。

photo

そもそも「預貯金大好き」・「元本保証大好き」な日本人がこの制度を自ら望んで取り入たのか?

残念ながら、望んだのは企業側です。

多くの会社員の年金制度は「国民年金(1階部分)」+「厚生年金(2階部分)」という2階建ての構成が基本です。
これに一部の福利厚生が手厚い企業(主に大企業)は「企業年金(3階部分)」を追加した3階建ての年金制度を採用しています。
この3階部分となる「企業年金」は厚生年金基金や確定給付企業年金が主で、運用は企業側に任せられている代わりに加入者に将来の年金額を約束します。
将来の約束に対しその時点の殖え方(運用実績)が下回った場合は企業が差額を穴埋めすることが義務付けられています。
15年ほど前まで企業に求められていた運用利回りは5.5%とかなり高い水準でした。
現在は法律の改正により引下げ可能となり、年金基金ごとに異なりますが運用目標を2%?3%前後に引下げている基金もあるようです。

経済環境が良い時代は概ね年あたり5.5%以上の運用利回りを達成し、従業員への手厚い福利厚生となり企業側のアピールポイントになるなどプラスの効果を発揮する事が多かった「企業年金」。
しかし、90年代以降の日本経済の停滞期には運用利回りは低迷、穴埋めすることが多くなり、事業環境の厳しくなった企業側の負担は本業の儲けに対し無視できないレベルになりました。
そこで運用結果の責任を企業側が負うのではなく、年金受給者(=加入者)が運用結果の責任を負う「確定拠出年金」をこぞって採用した、と言う側面があります。

当然ながら確定拠出年金には加入者側にもメリットがあります。
自分の裁量で“うまく”運用できれば、将来必要な年金額を自身の手で増やせる可能性があります。

そう、“うまく”運用する必要があるのです。

しかし現時点で確定拠出年金加入者の多くは運用資産の選択において預金型や保険型の元本確保型の商品を主軸にチョイスしています。
結果、今までの運用結果を年あたりの利回りに直すと2%に満たない水準に留まっている加入者が半数を越えていると言われています。

「2%で殖えていったら預金してるよりずっと良いじゃん!」

そう思われたあなた、危険です!

仮に30年間毎月2万円の掛け金を複利運用したと想定します。
運用利回りが年率1%の場合、自分が出したお金720万円は843万円になり、30年間で120万円殖えます。
120万円程度の金額では、老後に安めの軽自動車1台買ったら無くなってしまいます。
運用利回りが年率2%の場合、自分が出したお金720万円は993万円となり、30年間で270万円殖えます。
270万円程度の金額では、退職後に夫婦2人がどうにか1年間生活できるギリギリの費用です。
この程度の年金原資の殖え方では、退職後20年前後続くであろう老後に必要と言われる大きな生活資金には到底足りません。

一方、現在年金を受給し老後生活を楽しんでいるシルバー世代。
一部は企業年金がある企業に勤め、退職後に厚生年金にプラスして企業年金分を受け取っている方々も居られます。
彼らの時代の企業年金が約束していた運用利回り5.5%で毎月2万円の積立を30年間運用した場合、30年後の年金原資の総額は1834万円!
自分で出したお金720万円に対し30年間で1110万円も殖えて戻ってきたイメージになります。

あくまで年金の一部の話、しかも計算上のイメージではあります。
また過去と現在は状況が異なり、1980年代までの日本は確実に物の値段が上がるの流れを歩み、一瞬ですが年あたり10%以上の物価上昇を体験した時期もあったため、当時の5.5%は殖やしていくために必須の条件だったかもしれません。
しかし、現在定年後の生活を楽しんでいる60・70代以降のシルバー世代は時代や企業側の運用努力の助けを受けていたとは言え、少なくとも現役期間中に年金以外の資産も含め、この殖え方のイメージを長期に渡り実現できたからこそ今の生活を維持する為の金額を得られたのも事実です。

「親世代が実現している様な人生を楽しめる老後を送りたい!」

私達の世代もそう望んでいる人は多いのではないでしょうか?
しかし自分の確定拠出年金の運用選択が運用利回り2%以下で長期間放置し続けていては決して親世代と同レベルの生活を手に入れる事は難しいでしょう。
「私の老後は修行僧の様に質素倹約し、生きる事のみにしかお金を使わない!」と極端に考えているのならまだしも。
現代日本人の多くが現時点においては達成できている、自分自身の行きたい時に旅行行ったり、趣味の活動をしたり、食べたいと思った時に好きな物を食べに行けるという生活を収入が得にくくなった老後も長期に渡り実現する為には、少なくとも何らかの『努力』を要するはずです。

その努力が結果に結びつく仕組みのひとつが、今皆さんが掛けている『確定拠出年金』なのです!
自分自身で運用内容を決めるのです、過去の様に出てきた結果に対し企業側は助けてはくれません。

今一度、自身に問い直してください。

あなたが現在選択している確定拠出年金の運用内容、そのまま行って本当に大丈夫ですか?

コメントを残す