「インバウンド旋風」って何だろう?

マネースクールUNOの岡です。

日本経済新聞社は2015年上期(1~6月)の日経MJヒット商品番付を発表しました。
結果は以下の通り。

「なるほど」と納得の名前もあれば、「何それ?」といった名前もランクインしていましたが、皆さんの感想はいかがですか?

Book1

個人的に気になったのは、東の横綱の「インバウンド旋風」

実は、2014年の東の横綱も「インバウンド消費」でした。
(ちなみに、2014年の西の横綱は「妖怪ウォッチ」、東の大関は「アナと雪の女王」)

皆さんは、この「インバウンド」という言葉、ご存知ですか?
インバウンド(inbound)とは、(旅行業界において)外から入ってくる旅行客のことで、一般的に訪日外国人旅行客を指します。

日本各地の観光地に外国人客が押しかけ、大都市の百貨店や家電店などでは中国人観光客による「爆買い」も、今では見慣れた風景になってきましたよね。
先日、家電量販店に行く機会があったのですが、周りはアジア系の外国人観光客でいっぱい。

 

周りで飛び交う言葉を聞くと、一瞬ここが日本であることを忘れてしまうようでした。
彼ら訪日外国人は、いったいいくらのお金を使っているのでしょう?
oka

訪日外国人の旅行消費額の推移を見てみると、東日本大震災で訪日客が落ち込んだ11年の8135億円を底に1兆849億円(12年)、1兆4167億円(13年)、2兆278億円(14年)と3年連続で増加。
2015年1~3月の訪日外国人の消費額も7066億円と前年同期比で6割増、今年も過去最高を更新しそうな勢いで、国内経済に力強い活力を与えているのです。

「爆買い」で、日本人の商慣習にも変化が表れています。
例えば、2月と8月は「ニッパチ」と言われ、季節の変わり目にあるため、小売業界は売り上げが下がる時期とされていました。
ところが、2月は中国の旧正月である春節にあたり、中国からの旅行客が増える為、百貨店では「春節福袋」を用意するなど、むしろ「売り上げが上がる時期」となっています。

消費税が今後8%から10%に上がる中で、国内消費が減少することが心配されていますが、この訪日外国人の「爆買い」が、景気回復への一つの起爆剤になるのは、間違いありません。

「観光立国」
これも、安倍政権が目指す景気対策の一つ。
政府は東京五輪が開催される2020年までに、現在年間1300万人の訪日外国人客を2000万人に増やす目標を掲げています。
2兆円にまで達したインバウンド消費は、東京五輪が開催される20年までに4兆円に倍増すると予測されていて、我々の身の回りの環境を大きく変えることになりそうです。

「転売目的で日本製の紙おむつや粉ミルクを買い占める」「ホテルでタオルなどの備品を持ち帰る」「大阪のおばちゃん以上に、強引な値引きが目立つ」 といった、訪日外国人のマナーの問題などマイナス面も取り沙汰されていますが、日本経済への恩恵を考えれば、彼らが「ありがたいお客様」になっているのは事実。

マナーの改善を求めつつ、日本人が「おもてなし」の精神で彼らを迎える、これも身近にできる立派な景気対策なんですね。

私たちと金融機関の『大人な関係』

マネースクールUNOの倉田です。

昨今の景気回復により、多くの企業の「お財布」の中身に余裕が出てきています。 お金に関してはどこかに置いておいても増えない状況は企業でも個人でも同じです。

多くの企業が余ったお金の使い道を考え始めました。

名称未設定

古くなった機械設備を新しくする事にお金を使う企業。 配当や自社株買いなど、稼いだ利益を株主により多く分配する為にお金を使う企業。 お給料やボーナスUPに回し、従業員の士気向上にお金を使う企業。

そんな中、新たな事業や地域に進出し、未来の新たな「収入源」を獲得する為にお金を使う企業もあります。 皆さんの身近な金融機関も同じ様に新たな分野・サービスへの取組みを始めています。

・三井住友FGによる米シティグループの日本国内の個人銀行部門買収
・横浜銀行と東日本銀行の統合
・ゆうちょ銀行、野村HD、三井住友信託銀行による個人金融資産運用会社を共同で設立
・東京海上HDによる米保険大手HCCの買収

買収・統合で大きくなり、提携など得意分野を持ち寄ることによる相乗効果。 最終目的は金融機関の体力や稼ぐ力そして知名度を向上させる事です。

過去にも色々な異なる業界・企業の文化が交じり合い、私たち利用者に対し「新たな金融サービス」が提供されるように進化してきました。 銀行・証券・保険の垣根が低くなり、ひとつの金融機関の店舗に行くだけで様々な金融分野のサービスを受けられる様になったり。 家に居ながらインターネットを利用し店舗・ATMと同じサービスを受けられたり。 新たな特徴を持った多くの新製品・新サービスが次々と開発されたりしています。

日々進化する「金融サービス」 その一方、サービスを受取る私たち利用者は同じ様に進化できているのでしょうか?

いまだに多くの日本人は金融機関の店舗でこう聞きます。

「何か“良い”(有利な)商品はありませんか?」

日頃の買い物、例えばスーパーで食材を買う時は全く異なります。 「最近、家族全員が忙しく外食中心だったから、今日は野菜中心の献立にしよう」 「明日は子供の遠足でお弁当を持たせるから、あの子の好きな物を中心に色取の華やかな食材を買って帰ろう」 「今朝から体調が悪かったから、胃腸に負担が少ない消化に良くサッと作れるメニューにしよう」 と言うように、自身の目的・状況に合わせ自分で考えて選択しています。

スーパーのレジや巡回している店員さんに「何か良い物ありませんか?」といちいち聞いてから買い物する人はいません。

生まれた時からインターネットが普及していた若い世代は、デジタル機器の操作や情報取得の能力は格段に高くなっていると言われています。 しかし、現在売れている・人気になっている物やサービスのランキング、他人が使った時の評価・評判の情報取得が中心です。

「将来の自分はこうなりたい!だからこういう商品やサービスが必要だ!!」 と言う視点に立った選考・選択する力は弱く、こと『お金』の分野に関してはその傾向は顕著だと感じます。 本当に金融機関の営業員さんに聞いた話に矛盾や落とし穴は無いのか? その商品・サービスは私たちにとって良いのではなく、金融機関にとって良いものになっているのではないか?

特に「その商品は、サービスは本当に自分自身にとってどうのか?」については、両親や会社の上司などの周りの他人が判断するのではなく、自分自身でしか最終判断はできません。

判断をする為には学び違いを知る必要があります。 子供の様に何でも大人の言う通りに行動・選択するのではなく。 お金について学び、自らの未来を考え、自ら選択できるようになる。

そんな金融機関と皆さんとの間に、成熟した『大人な関係』を築けるようになっていけたら・・・ 自分の未来の見え方が大きく変わるかもしれません。

 

(倉田壮一)

 

「実質賃金」というキーワードに注目!

マネースクールUNOの岡です。

「アベノミクス」 既に耳慣れた言葉になりましたが、安倍首相が進める経済政策のことで、公共事業、大胆な金融緩和、成長戦略の三つを「三本の矢」として実行、日本経済の足を引っ張る「デフレ」から脱出し、経済成長につなげていく計画のことを指します。

アベノミクスに関して賛否両論はありますが、第2次安倍政権が誕生した2012年末に約1万円だった日経平均株価が2年半で2倍に上昇したことを考えれば、一定の評価は得られると思います。

名称未設定

ただし、国が声高々にアベノミクスと叫んでも、「そんなに景気はよくなっていないのでは?」との声があるのも事実。 その理由の一つに、「なかなか給与が上がってこない」事があります。

昨年に関していえば、大手企業を中心に2%あまりの賃上げがありましたが、物価が約2.9%上昇。 賃金から物価の伸びを引いた実質賃金は1年を通じてマイナスとなりました。

統計上は「給料は確かに上がったけれど、買い物する際の出費は増えてしまう状態」が続いていたのです。 ところが、長らくマイナスが続いていた実質賃金が、ここに来てやっとプラスになってきました!

厚生労働省が6月2日に発表した4月毎月勤労統計調査(速報)では、実質賃金が前年比0.1%増となったのです。 プラスになったのは2013年4月(同0.4%増)以来、実に2年ぶりのこと。

アベノミクスを批判する意見として、「国民の所得は上昇しているかもしれないが、その分物価が上がっている。結果として国民の実質的な所得である『実質賃金』は下がっているから、実質的に国民の購買力が減少し、国民は貧しくなっている」といったものがありますが、このまま実質賃金が上昇すれば、そういった批判も打ち消されます。

「賃金上昇、消費拡大、そして一気に景気回復!」と期待は膨らむのですが、そう簡単にはいかないのも事実。 賃金の伸びが物価上昇を上回ると、消費が回復、企業の生産が増え、雇用や賃金がさらに増えるという「経済の好循環」につながるのですが、この「消費」が思ったほど盛り上がっていないのです。

事実、4月の2人以上世帯の家計調査では、1世帯当たりの消費支出は、実質で前年同月比1.3%減と13カ月連続のマイナス。 中小企業の社員や非正規労働者を中心に、賃上げがなかったり、物価上昇に追いついていなかったりしているのが原因です。

この現状こそが、アベノミクス≠景気回復との感覚につながっていると思います。 とは言え、今年の春闘の賃上げが実際の給料に反映されるのは6月ごろとみられ、夏のボーナスも昨年を上回る見通しで、実質賃金プラスの状況もしばらく続きそう。

「賃金上昇、消費拡大、そして景気回復!」 個人的にはかなり期待しています!

皆さんも経済ニュースを見る時に、「実質賃金」という言葉、注目してみてくださいね。

(岡 知宏)

 

目線が変われば世界が変わる!

マネースクールUNOの倉田です。

保育園に子供を通わせてから2ヶ月、成長スピードの早さに圧倒されています。 元々頭の中はからっぽ状態ですから、吸収する余地はいっぱいある訳です。

見るもの聞くもの全てが新発見。 親の視点から見てですが「良い事」も「悪い事」もいっぱい持ち帰ってきます(笑) 最近はしっかり歩ける様になり、自分で移動する楽しさを覚えた様子。

休みに外に出かけると「自分で歩く!」と態度で示します。 危ないから手を引こうとすると「イヤだ!一人で気ままに歩きたい!」と態度で示します。 まだまともには話せませんから、手を振り払ったり地べたに座り込んだりと全てが直接的な行動で示してきます。

名称未設定

子供と一緒に歩いたり遊んだりしていると大人の方が色々と気付かされる事があります。 何の変哲もない公園の水遊び場。 水面を手でバシャバシャ叩き顔全面に水しぶきを受け満足そうに笑う、30分ずっと続けていました。

大人から見ればただの水、何が楽しいのか理解しがたいところがありますが、子供にとっては「水」そのものの反応が面白いらしい。

私達が普段通る道路の側溝の蓋の間に作られている穴。 大人の足の大きさや歩幅では何の問題も起きない穴ですが、10cm以下の子供の足には十分にはまってしまいそうな危険地帯。 同じスピードと歩幅で歩いて初めて気が付きました。

家の中で遊んでいる時もテレビやエアコンのリモコンを何処かに隠してしまいます。 後日必死に探すと思わぬ場所や隙間に置いてある事があります。 しゃがんだり寝そべったり、家では普段やらない様な体勢で探してようやく発見できます。

扇風機も指を入れない様にカバーを掛けているのですが、わざわざカバーが及ばない扇風機の裏側から指を突っ込もうとします。 強い好奇心と身長わずか70cmサイズの目線で見るこの世界の様子は、普段大人が見て感じている世界とは大いに異なっているようです。

大人になると周りとの調和を優先し社会の常識に捕らわれて行動してしまいがちです。 しかし、目線を変えて好奇心を持って見てみると世界は違って見えてきます。

皆さんが接している『お金』についても普段のやり方を少し変える事で、自分自身の今の生活や将来の人生が変わってきます。 日本人の多くは毎月もらうお給料をそのまま貯めているだけ、または使いきっている人もいるでしょう。

ただ銀行や郵便局で普通に貯めていてもほとんどお金は殖えてくれません。 自分が見ている目線では、自分が知っている範囲の方法の中では殖えないだけです。 しかし、目線を変え、今まで考えていなかった方向に視線を向けるとお金を殖やしていける方法は存在します。

もしも、自分のお金を自分自身の力で殖やせたり、自分の将来の夢を実現する為のお金を自分自身で用意することが出来たとしたら。 多くの人が自身の将来に抱く感覚は大きく変わるでしょう! ただし危ない部分も存在しますから正しい方法を学ぶ必要があります。

正しく学べば危険も減り、自身の可能性を広げられるはずです。

皆さんも自分の視線を変えて将来に見渡せる世界を変えてみませんか?

 

(倉田壮一)