『緊急事態』は突然やってくる!

マネースクールUNOの倉田です。

突然ですが『明日から1週間、絶対に仕事を休んで!』と言われたらどうしますか?

先日、我が家にそんな事態が起こりました。
きっかけは妻からの1本の電話。

「子供を病院に連れて行ったら『手足口病』と診断された、明日から1週間ぐらい保育園に預ける事が出来ない!」

kurata

『手足口病』とは今年大流行しているウィルス性の夏風邪。
症状としては手足や口の中に発疹ができ、発熱を伴います。
治療薬やワクチンが無いために罹ってしまったら自然に治癒するまで待つ以外に手段がありません。
通常は重症化することは稀なため過度な心配は不要なようですが、口の中が口内炎のような症状になり好きな食べ物も食べられなくなる事態には親として大変気掛かりでした。

症状は軽めですが免疫力がまだまだ弱い小さな子供への感染力が非常に強く、今年は保育園・幼稚園でここ10年内の最大の流行となっているようです。

発熱と口の中の炎症で子供も辛い!
さらに共働きサラリーマンの両親、これまた辛い現実が!

感染力が強いため法的にではありませんがお医者さんによる「登園許可」が下りるまでの1週間~10日ほど、保育園・幼稚園は預かることが出来ません。
つまり、親戚縁者の応援など代替手段がない共働き家庭の場合、親のどちらかは絶対に仕事を休まねばならないのです!

診断確定直後からお互いが1週間+αの予定表とにらめっこ。
夫婦で絶対に外せない仕事の日時を相談、各関係先に調整の連絡を入れます。

日頃から夫婦共に職場・関係先に小さな子供が居るため不測の事態が起こる可能性を告げて理解を得たり、私は妻が職場復帰する前に、掛かり付けの各種病院の連絡先や場所等を確認し、一部には同行して雰囲気を掴んでいました。
そして子供の平常時の状態や最近の生活パターンを概ね把握し、普段の休みの日に父と子2人だけで長めの時間を過ごす経験などの準備をしていました。

それぞれの職場での配慮と幸運、そして事前想定の甲斐あって、10日程必ずどちらか片方が着いていてあげられる時間を確保すると共に、私だけの看病体勢でも妻が心配せずに仕事に出られるような体制ができ、今回は事なきを得ました。

子育て期間中の共働き世帯の大きな悩みの1つが子供の突然の病気による欠勤です。
突発的に起こることですから、何時起こるかを正確に予測する事は出来ません。
こうした事態が頻発すると、自分自身に働く意思があっても職場での就労の妨げとなってしまう事もしばしば起こる様です。

私たちの人間は誰しも先の人生を正確に予測する事は出来ません。
人生の中で「やりたい事」や「やらねばならない事」など自身で見通せているものはごく一部で、大部分は自分自身ではまだ見えていない、または不意に訪れたりします。

不意に訪れるアクシデントの中には上手く避けることが出来ない事象も多々あります。
突然発生する訳ですから、基本的には起こった時にあらゆる対処法を考え、講じられる手立てを実行する以外に方法はありません。
しかし事前にある程度想定し、時間・労力・お金などの準備をする事で受ける被害を最小限にとどめる事は可能。
その中で比較的容易に事前準備が出来き貯めておけるのは「お金」だけです。
日頃からしっかりとお金の事前準備ができていれば、 起こる不測の事態にも対処可能で、ダメージを軽減できるはずです。
さらに「備えている」という心の余裕は、より良い対処法を導き出すかもしれません。

「緊急事態発生!」
その時に余裕を持って対応出来る様な人生にしてみませんか?

 

(倉田壮一)

コメントを残す