ハロウィンとE.T.

岡ハロィン

マネースクールUNOの岡です。

シルバーウィークも終わり、季節はすっかり秋。

いつの頃からか、日本でも秋のイベントとして「ハロウィン」が一般的になってきましたね。

皆さんは、ハロウィンと聞いて、何をイメージしますか?

私がハロウィンと聞いて思い出すのは、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画「E.T.」です。

「E.T.」は、1982年公開のアメリカのSF映画。

地球の探査にやって来て一人取り残された宇宙人と、少年エリオットとの交流を描いた物語です。

E.T.といえば、自転車で空を飛ぶラストのシーンが有名ですが、あれはハロウィンの夜の出来事という設定。政府に追われるETをハロウインのお化けの仮装にあわせて逃がすことにした、というストーリーだったのです。

E.T.の公開時、小学生だった私は、劇場に映画を見に行きました。

細かなストーリーは別にして、子供たちが仮装して街中を歩くシーンは、強烈に印象に残っています。

また、エリオット家が頼んだ宅配ピザを、納屋に隠れたE.T.がこっそり食べてしまうシーンも印象にのこるシーンでした。

1982年といえば、東北新幹線や上越新幹線開業し、「笑っていいとも!」が始まった年で、バブル経済といわれる前の時代。

当時の日本には、ハロウィンで仮装する習慣も、宅配ピザもありません。

出前でピザが頼める国、そしてハロウィンで仮装するアメリカの子供たちをみて、「やっぱりアメリカと日本は違うんだなー」と何となく感じたことを記憶しています。

あれから約30年・・・

日本でもハロウィンが一般的なイベントとなり、街中を宅配ピザのバイクが走るのも普通の光景になりました。

時代の流れとともに、日本人の「暮らし」が変わった一例だと思います。

では、お金の世界はどうか?

残念ながら、ここ30年間であまり大きな変化はありません。

一般的に、日本人は「貯蓄好き」と言われます。2015年3月末時点の各国の家計金融資産構成比を見てみると、日本人の預貯金の比率は51%。

それに比べ、アメリカ人の預貯金の比率は13%、イギリスはは23%となっています。日本人のこの極端に高い預貯金比率、実は30年前と変化がないのです。(ちなみに、1985年時点での日本人の家計資産構成比率比での預貯金比率は58%、今とほとんど変わりません)

ここ30年間で、日本でも宅配ピザが一般的になり、ハロウィンが国民行事になりました。

一方、バブル崩壊以降、日本は超低金利時代が続き、「預貯金ではお金が殖えない」環境が長く続いています。

にもかかわらず、お金に関しては30年前とあまり変化がない日本、個人的にはちょっと違和感を感じます。

昨年からNISAが始まり、来年からはジュニアNISAも始まる日本。

何となくですが、私たち日本人のお金に関する環境は変わっていきそうな気もしますが・・

あの1980年にスクリーンで絵空事として見たハロウィンやピザが現実になったのと同様、30年後の日本、多くの人が絵空事のように見ている「投資」が一般的な光景になっているのでしょうか?

(岡 知宏)

安保法案成立に想う~どんな道具も使い方次第!

マネースクールUNOの倉田です。

テレビ・ネットで話題となっていた『安全保障関連法案(安保法案)』が国会で可決・成立しました。

シルバーウイーク直前まで国会周辺では連日大きな騒ぎとなっていました。

kurata

世界中の大多数の人々がそれぞれに「平和」を望んでいます。

現在争いの渦中にいない人々は「平和」な状態を維持・拡散していく為に何か貢献をしたいと望むのは自然な事であり、その関わり方は各国・各人によって様々。

規模の大小や関わり方の深さや積極性、国家としての支援から民間団体・個人によるボランティア、紛争そのものへの直接・間接的関与や紛争後の復興への人的援助や資金援助に至るまで多種多様。

表現方法は色々ありますが、全ての根幹にあるのは人々の「平和を望む」想い。

 

今年日本は戦後70年の節目にあたり、先の大戦に主体的に関わった国家として世界平和維持への貢献をしていく事を自ら望み世界の国々からも望まれています。

今回の法整備は日本周辺を取巻く外部環境と周辺諸国の日本に対する意識と期待の変化に対し、今後の日本の外交・防衛における行動規範と平和維持への関わり方の基本スタンスをより明確化する意図があります。

議論の焦点は「集団的自衛権」の行使範囲とその影響。

そもそも「集団的自衛権」が現在の日本国憲法の範囲内で認められるのかどうか。

つまり、誰も体験していない今後引き起こされる未来の出来事の「予想」、明文化されていない部分をどう”解釈”するかという曖昧な「理由」。

より積極的な国際貢献活動、未知の領域には当然想定外の事態が降り掛かる可能性は十分に考えられます。

何事にも共通しますが、新しい事への挑戦には常に不確定要素(リスク)は付き物。

政府は国会で十分に審議時間を割き、議論は尽くしたと採決に進みました。

しかし、国民の大部分は審議内容や不安解消に対し説明不足と感じていることは近年で稀にみる規模の国会周辺デモ活動や現時点での世論調査の結果に現れているように思われます。

 

現地で活動する自衛隊員はどうなる?

日本は本当に紛争に巻き込まれないのか?

私達の子供・孫の世代まで平和国家の姿勢を維持出来るの?

 

「覚悟」を求められた日本人。

成功するのか?失敗してしまうのか? 最終結論は後世の人類しか下せません。

つまり、どんなに優れた制度や法律も始めから善し悪しが全て解っている訳ではなく、導入後に使う者がどう考え・どの様に用いたのかで決まります。

ただ今回のケースは多くの日本人が「安保法案」という道具を使う「覚悟」が出来ていない様に個人的には感じます。

 

国家の行動もそうですが、個人の行動も同様です。

私達が生活する文明社会は人間が生きていく為に有益と思われる物を発見・発明し、世の中をより便利でより良い社会にする努力を続けてきました。

自動車・飛行機・コンピューター・インターネット・・・全てこの100年余りで登場。

最初は良く解らない未知の物として捕らえられ、時間と共に私達の生活の利便性を飛躍的に向上させ、社会の仕組みを根底から変えいずれも無くてはならない物となりましたが、死亡事故やウィルスを用いた犯罪などそれまでは存在しなかった新たな問題も生み出しています。

 

お金にまつわる事も同じです。

投資信託・株式・保険・NISA・ATM・クレジットカード・・・

私達の周りにはお金にまつわる便利で生活を良くする可能性のある仕組みや商品が溢れています。

正しく理解し、適切に用いれば多くの人々にとっては夢や望みを叶えるツールになりますが、誤った使い方や十分な理解をせずに用いると自身の将来をも危うくしかねません。

 

しかし日本人はお金の事について学校や家庭で学ぶ機会はありません。

自動車を運転し遠くの旅行に行きたいと望むなら自動車教習所に行き免許を取るように、お金についても自ら進んで知ろうとしなければ一生正しい使い方を知る事など出来ません。

人類の歴史は相当な長さですが、一個人の人生は大変短いものです。

自分自身の未来をより良くする為に行動を起こす時はもう既に来ていると思います。

(倉田壮一)

郵政3社いよいよ上場!

マネースクールUNOの岡です。

11月4日、日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の株式が上場予定となっています。

政府は郵政株を3回に分けて売却し、売却益4兆円を復興財源に充てる方針。1回の売却規模が1兆円を超えることから、株式市場への影響も懸念されています。

郵政グループの上場がマーケットにどんな影響を与えるかはわかりませんが、NTT以来の28年ぶりの大型上場とあって、関係者は「今世紀最大の上場劇」だと息巻いています。

今回は、過去の大型上場と言われたNTT、そしてJR東日本の例を振り返ってみましょう。

oka

NTTが上場したのは、1987年2月。

上場後、株式市場は「NTTフィーバー」と呼ばれるほどに活況を呈し、株価は右肩に上がって行きました。

NTT株は最初の売り出し価格が119万7000円で、それが2か月後には318万円の高値まで暴騰。

それまで株にまったく関心がなかった人まで投資を始め、日経平均株価もどんどん上がって行ったのです。

NTT株売り出し時の1987年2月の日経平均株価は、現在とほぼ同じ水準の2万円。

それが、途中でブラックマンデーを挟みながら上昇し、1988年4月に2万7000円、さらに1989年末には史上最高値の3万8915円まで駆け上がりました。

いわゆる、「バブル経済」と言われた時期です。

今回の郵政上場でその当時と同じような状況になれば、「2017年の消費増税前に日経平均株価が4万円までいってもおかしくない。そこまでいかなくても、市場を活気づける起爆剤になることは間違いない」と、バラ色のシナリオを描く人もいます。

では、JR東日本が上場した時はどうだったのか?

JR東日本は1993年10月に上場。

1年後の1994年10月にはJT(日本たばこ産業)も上場しましたが、上場した後は株式市場は下落相場に突入、いわゆる「失われた20年」が始まっていったのです。

中国リスク、米国の利上げリスクが重なる今、1兆円6000億円規模の超大型株を公開して、どれだけの買い手がつくかを疑問視する声もあります。

今回の郵政グループ3社の株がどんな動きを見せるのか、そしてマーケットにどんな影響をあたえるのか、それは誰にもわかりません。

ただ、日本人の誰もが知っている会社、そして超巨大企業の上場であるが故、各証券会社は(NTT上場の時と同様に)新規口座獲得に全力を挙げ、顧客獲得競争がヒートアップしていくはずです。

また、新聞やマネー雑誌等では、「どうなる?郵政上場、どうなる?日経平均株価」といった記事があふれるでしょう。

そういった周りの声に一喜一憂して、「買いだ!」「売りだ!」と大騒ぎ するのは、完全なるマネーゲーム。

5年、10年あるいはそれ以上の年月をかけてお金を増やしていく事こそが、資産運用です。

このブログを読んでいる方には、決して「ギャンブラー」にはなってほしくないと思います。

ちなみに、上場してわずか2ヶ月で売り出し価格119万円から2.6倍の318万円になったNTT株ですが、結局その値段が最高値となっています。

翌年の1988年10月には株価が200万円を割り、そのさらに翌年の1989年の3月に初値水準の160万円を割り込みました。

さて、郵政3社の新規上場、どうなるのでしょうか?

(岡 知宏)

父の背中に見えた「普通の人生」の重み

マネースクールUNOの倉田です。

先日私の父が70歳となり「古希」を迎えました。 「古希」とは中国・唐の詩人である杜甫の「曲江」の一節 「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」 “酒代のツケは私が普通に行く場所どこにでもあるが、70歳まで生きられる人は古くから稀である”に由来するそうです。

当時の平均寿命は50歳前後という説もありますから70歳を迎える事は異例に長生き。 「古希」が長寿として祝いの対象となった様子がうかがえます。 ところが現代日本人の平均寿命は80歳を超え、70歳はあくまで通過点としての認識。 「普通」に生存している年齢と思われています。

kurata

 

私達ファイナンシャルプランナー(FP)は日々多くの人生にまつわるお金の相談を受けています。 身近なイベントの為のお金、子供を育てる過程でのお金、自分と家族の夢のマイホームを買う為のお金、その先の人生を充実させるためのお金等々。 まさに十人十色の相談内容。

相談者は「聴きたい!」と思う内容を絞って相談されますが、私達FPは質問された相談内容にただ単に答えるだけではありません。 なぜその相談をしたのか? その解決策が今後の人生全般にどんな影響を及ぼすかを推測し・隠れた問題点や、より良い方向性はないかを推察します。

私達は相談者に現実的に希望するライフプランを聞いていきます。 「どんな人生にしたいですか?」 この質問に多くの方が「普通」の生活を送り「普通」の家庭を築きたいと答えます。

より詳しく聞くと、相談者の言う「普通」の多くは自分の両親が歩み自身も体験した「自分の実家の家庭像」に近い想像をしている事が多いと感じます。 皆さんが日々の生活や将来やりたい事は、若き日の両親が「やりたい!」と思っていた事と大きく変わってはいません。

 

「美味しい物を食べ、欲しい服を買い、毎年旅行に行きたい!」

「子供や家が欲しい!」

「遠い将来まで、一生困らない生活を続けたい!」

 

そんな日々の「普通」の生活や「普通」の夢を叶える為には、必要なお金を必要なタイミングに用意しなければなりません。 私達の両親が過した時代は真面目に働いていたら全従業員のお給料・ボーナスが毎年「普通」に上がり、コツコツと貯めていた預金・貯金に対し毎年5%以上の利息が「普通」に付いた時代。 金融機関に10年預けたお金は「普通」に2倍に殖えて戻ってきた時代。 誰もが必要なお金を必要な時期までに用意できました。

一方で私達が生活している現在の日本のお金に関する状況は様変わり、預金・貯金はほとんど利息が付かず、一生懸命残業し働いても定期的なお給料の伸びは望めない時代。

しかし、いまだに多くの日本人が自分の両親の時代と同じく「普通」に預金・貯金をしています。 その結果は両親が得られたものとは全く異なり、お金はほとんど殖やす事が出来ません。

自身が「普通」に達成したいと思っている将来の夢は程遠いと感じている人もいるのではないでしょうか?

「古希」を迎えた父。 普通のサラリーマンでありながら、大学卒業まで3人分の学費を全て負担、住宅ローンを余裕で完済、なに不自由ない5人家族の生活を支え切った父。 孫に囲まれ「ジージ」と呼ばれることを楽しみ、派手ではないが余裕のある生活を送る父。

私は自分自身が家庭を築く段になり、父が普通の生活を「普通」に達成する為に重ねた努力と苦労を想像し、昔と比べ小さく感じられるようになった父の背中に凄みを感じました。

「両親の時代とは違っているが、私達も同様に満足できる「普通」の人生を最後まで送りたい!」 多くの方がそう希望をしている事と思います。 両親の世代のお金を殖やす常識であった手段の預金・貯金ではなく、これからの時代を生きる私達世代の常識となる方法を選択しなければ、あなたが考える「普通」の人生は簡単に実現できないかもしれません。

寿命として生存するだけなら多くの人が迎えられるようになった「古希」。 その時、あなたの目の前に広がる人生の風景はあなたが望む「普通」の人生なのか、それとも「普通」を諦めなければならなかった人生なのか。

これからのあなたの行動次第で大きく変わる事でしょう。

(倉田壮一)

ただいま勉強中

マネースクールUNOの岡です。

私事ですが…

只今、勉強しています。

実は、仕事上で取得しておいた方が好ましい金融関係の資格があり、その資格取得のための試験勉強を現在しております。

客観的にはそれほど難しい試験ではなく、普段行っている業務の復習的なものなのですが、いざ試験を受けるとなると、なかなか大変。

参考書や問題集を開くと、「オプション取引」「金融商品取引法」「証券税制」といった言葉が並び、なかなか頭に入ってきません。

通勤時間や就寝前の時間、悪戦苦闘の毎日が続いています。

oka

私も既に、FP技能士や証券外務員、宅建といったいくつかの資格はもっていますが、これらの資格は、ファイナンシャルプランナーとして現在の会社で働く前の、前職時代に取得したもの。

以前の職場ではそんなに役立たなかったのですが、今の私の仕事では、少なからず役立っている資格です。

ただし、これらの資格を取得しようと思った動機は、実に不純な物でした。

私が以前働いていた会社には、福利厚生制度の一環で、「資格取得支援制度」なるものがあり、一定の資格を取得すれば、「合格奨励金」という名の金一封がもらえました。

私が資格を取った動機は、その合格報奨金が欲しいが為、単なる「お小遣い稼ぎ」だったのです。

お小遣い稼ぎで取得したファイナンシャルプランナーの資格でしたが、今はその資格を生かした仕事をしています。

動機は不純だったかもしれませんが、ある意味、私の人生を変える資格となりました。

マネースクールUNOのセミナーには、連日多くの方に参加いただいています。

そして、多くの方が投資運用を実践されています。

「お金のことについて勉強したい」「子供の教育資金をしっかりと貯めたい」といった、明確な目標を持ってセミナーに参加される方がいれば、「なんとなくお金が増えたらいいな」とか、「何かいい儲け話はないのか?」といった、ある種「不純な」動機でセミナーに参加される方もいらっしゃるかもしれません。

それはそれでいいと思います。

「目からウロコだった」「知らないまま損をして一生を終えるのはイヤだと思った」

セミナー受講後に、こんな言葉を頂きます。

目的動機は何であれ、「まず聞いてみる」「まずやってみる」ことが、後々のあなたの人生を変えることに繋がるかもしれませんよ。

暑かった夏も終わり、季節は過ごしやすい秋。

皆さん、マネースクールUNOに「学び」にいらっしゃいませんか?

(岡 知宏)