VWの不正問題に学ぶ人生目標達成の注意点とは?

VW

マネースクールUNOの倉田です。
人間は誰しも「自身が楽しみたい・他人に良く思われたい」と考えます。
個人・企業を問わず誰もが持っている意識が、時に大問題を引起すケースがあります。

最近起こった「フォルクスワーゲン(VW)排気ガス規制逃れ問題」です。

現在世界の自動車業界は日本のトヨタグループ、欧州のVWグループ、米国のGMグループが頭1つ抜け、世界中で各社年間1000万台前後を販売し熾烈な争いを繰り広げています。
リーマンショックの煽りをまともに受け一時国有化されたGMは数年横ばい、米国での急加速事故問題以降は品質向上に時間を割き台数微増のトヨタを尻目にここ10年で最も勢い良く伸びてきたのがVW。
10年前に200万台程差があったトヨタとVWの販売台数、2014年は10万台という僅差でトヨタが上回ったという状況。
VW躍進の立役者はここ数年で世界最大の自動車販売市場に成長した中国市場でのシェア獲得、浮沈は激しいですが勢いがあります。
VWがトヨタを抜き“悲願”である初の「世界一」の称号を得る為の勝負の要は、ライバルのトヨタ・GMが得意とする世界第2位の自動車販売市場である米国市場攻略の成否。
そんな背景がありました。

「エコ」が叫ばれる昨今、米国市場攻略の目玉としてトヨタのハイブリッド車に対抗する為にVWは欧州新車販売台数の50%以上を占めるエコカーの代表である「クリーンディーゼル車」で勝負に出ます。
新型車を売る為には現地基準の審査をパスする必要がありますが、米国基準と欧州基準で最重要と目される検査項目が異なる為そのまま米国に持ち込んでもクリアする事が難しい。
早期の販売開始を狙いたいVWは違法ソフトウェアにより検査時のみ排気ガス規制値をクリアする不正な手段を選択。
違法ソフトが働かない通常走行時は10~40倍の窒素酸化物を排出する車両を世界で最大1100万台販売するに至りました。

現在、各国の調査機関やVW自体が原因・経緯を調査中のため推測になりますが、これだけの規模の不祥事を現場レベルで判断したとは思えず、組織的判断があった可能性は高い。
問題の遠因は長期的視野の欠落と競争下の短期的な虚栄心。

爆発力はあるもののいつ落ちるか読めない中国市場が順調な今が最大のチャンスと捉え、悲願である「世界一」という名声を短絡的に求めたこと。
さらにここ数年続いたVW社内の権力闘争(VW創業家vs現経営陣)の主導権争いも経営判断に微妙に影響を与えたかも知れません。

不正は一時的に効果があったかもしれませんが、事件表面化で長期的には最悪の結果をもたらします。
株価は大幅に下落、監督機関から最大2兆円以上の巨額の罰金を課される可能性が指摘され、改修費用その他を含めると今後どれ程の金銭的損失になるか予想がつきません。

そして今回の最大の損失は、失われた社会的な「信頼」。
金銭的損失と異なり回復する事が容易でなく、今後永きに渡ってその真意を味わって行く事になるでしょう。

人生にも共通する失敗の要素が含まれています。

私達のスクールを受講し相談に来られる人の中で、お金が貯まらず常に余裕を持てない人生を歩んできている方の傾向として、その瞬間に自身がより満足する選択はどれかという短期的視点で目の前の選択を次々としていく方が多いように感じます。
将来の夢を聴くと「結婚し子供が欲しい!」「マイホームを手に入れたい!」「自分の店を持ちたい!」「豊かな老後を過ごしたい!」
しかしその夢を実現させる為に重要な毎月のお給料・ボーナスの行き先は旅行・洋服・アクセサリー・趣味・習い事・友人との付合いで等でほとんど使ってしまう、誘惑の多い現代社会の中で「お金を貯める・殖やす」事には一切回っていない。
やりたい事や夢だけは年齢と共にどんどん膨らみますが、足元で自身が取っている行動はその自身の願望を遠ざけるような選択になっていませんか?
「このままじゃダメだな~」と心の中で気付いていても・・・

「世界一になりたい! 素晴しい技術を持った企業と思われたい!」

誰しも望む想いを短期的に叶えようと長期的問題になる可能性に目を瞑った企み。
年間の売上高28兆円・営業利益1兆8000億円の世界的企業でさえハマった「罠」
今の行動・選択が将来にどんな影響を及ぼすか、常に長期的な視点に立ち計画を立てて行動する。
企業も個人も同じです。

短絡的な楽しみを求め将来に不安を残す人生にならない、長期的に幸せや夢を手に入れていける人生を目指す為に、改めて人生に役立つ「お金」の勉強をしてみませんか?

(倉田壮一)

コメントを残す