東京オリンピックとTOKYOオリンピック

image001

マネースクールUNOの岡です。

10月12日は体育の日
ハッピーマンデー制度によって、2000年からは10月の第2月曜日が体育の日となっていますが、それまでは毎年10月10日が体育の日でした。
ご存知の方も多いと思いますが、1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、1966年から国民の祝日としたことが、体育の日のはじまりです。
今日は、前回東京でオリンピックが開かれた「1964年の日本」はどんな国だったのかを、少し振り返ってみたいと思います。

総務省「統計からみえる東京オリンピック時と現在の日本の状況」
http://www.stat.go.jp/info/anotoki/pdf/olympic.pdf

 

まずは人口。
1964年は9,718万人でしたが、2013年は1億2,730万人となり、49年間で約3,000万人増加しています。
ただし、65歳以上の人口割合を見てみると、2014年が25.1%(4人に1人が65歳以上)ですが、1964年は6.2%、高齢化が進んでいることがわかります。

当時は、1人の女性が一生に産む子供の平均数(合計特殊出生率)も2.03人で、人口はどんどん増えていく、とにかく日本は「若い国」だったわけですね。

次に物価。
当時の物価を見てみると、改めてその安さにびっくり。
1964年のはがき代は5円、中華そばは59.4円、新聞代は1か月450円などなど
消費者物価指数を比べてみると、(2010年基準を1964年が1.00となるよう再計算した上で比較すれば)、1964年の1.00に対し2012年は4.15となり、この50年間で物価は約4倍に上昇したことがわかります。
意外だったのが、バナナの価格。
1964年のバナナ1kgは228円と、今現在とほとんど変化がありません(2013年で211円)
「バナナは物価の優等生」と言われるのも、うなずけます。

 

1964年からの50年間、第二次世界大戦の敗戦から高度計再成長期を経て、様々な面で日本は大きく変わりました。

例えば、「グローバル化」
日本から海外へ出かけていく人の数は、現在年間約2900万人、1964年当時から56倍に増えました。
また、日本を訪れる外国人数も昨年は1300万人で、この50年で約50倍に増加しています。
2011年が8135億円、2012年1兆849億円、2013年1兆4167億円、2014年2兆278億円と年々拡大する訪日外国人の旅行消費額を見ても、グローバル化の一つの象徴である外国人観光客の「爆買い」が日本経済を支えていることは明らかです。

次回の東京五輪が開催される2020年までに外国人旅行消費額は4兆円に倍増すると予測されていて、今後も我々の身の回りの環境を大きく変えることになりそうです。

「東京オリンピック」から「TOKYOオリンピック」へ

新国立競技場建設やエンブレムなどの問題で、ここ最近はなんとなくネガティブなイメージの東京オリンピックですが、あるシンクタンクによれば数十兆円規模の経済効果が見込まれるビックイベントであることは事実です。

 

2020年のオリンピック開催に向け、私達の国「日本」はどのように変わっていくのでしょうか?

(岡 知宏)

コメントを残す