夢を実現するためにはお金もかかる

image00

 

マネースクールUNOの岡です。

去る10月22日は、プロ野球ドラフト会議でした。

今年も多く若者が未来のスター選手を目指し、プロ野球選手としてのスタートを切ります。

プロ野球は、夢の世界。

ドラフト上位指名の選手には1億円以上の契約金が支払われ、1軍で活躍するスター選手になれば、年俸数億円が稼げる世界です。

甲子園で活躍した多くの高校球児たちがプロ野球選手としての新たなスタートを切るわけですが、今回は、「高校野球にかかるお金」について、少し調べてみました。

 

まずは、甲子園に出場する場合、出場校はいったいいくらのお金がかかるのか?

「全国高等学校野球選手権大会 開催要項」によれば、監督1名・部長(責任教師)1名・ベンチ入り選手18名までは、主催者(夏の大会は朝日新聞社)が旅費と滞在費を支給します。

代表校の所在地から大阪までの往復普通乗車運賃、加えて抽選日から、その学校の最終試合日までの日数に対し、1日1人3,000円が補助されるそうです。

では、ベンチ入りできなかった選手や応援団の旅費や宿泊費はどうなるのか?

これらの費用はすべて「自己負担」となります。

旅費や宿泊費以外にも、記念グッズ、応援用具、事務費用などを含めると、(とある高校の場合)1試合の費用は約1,000万円!

決勝までの6試合を戦うことになれば、なんと6,000万円ものお金が必要になるのです。

これだけの金額を集めるために、甲子園出場が決まった高校は寄付金集めに大忙しとなるそうです。

私の出身高校は甲子園に出場したことがないので経験がないのですが、母校が甲子園に出場したことがある方は、寄付を求められたり実際に寄付をしたりした経験をお持ちのなのではないでしょうか?

それでは、高校球児の保護者サイドが1年間に支払うお金は一体いくらでしょうか?

その高校が公立か私立か、あるいは甲子園を目指す強豪校かどうかによって違うでしょうが、(個人的に調べたデータによれば)年間60万円程度がかかるとか。

部費、父母会費、ユニフォーム代、用具代、遠征費・・・

さらに、親元を離れて強豪校に進学した場合は、寮費も必要になります。

「こんなもんじゃない、年間60万円以上のお金がかかる!」と悲鳴を上げている親御さんも多いかもしれません。

野球に限らず、部活動にはそれ相当のお金、そして親御さんの献身的なサポートが必要になるようです。

今年のドラフトでも、指名された選手以上に親御さんが涙を流している姿をテレビで見ると、「子供と一緒に、お父さんお母さんも(金銭面含めて)頑張ってたんだなー」と感じてしまいます。

 

プロ野球の世界は、夢の世界であると同時に厳しい世界。

多くのスター選手が誕生する一方で、その何倍もの選手が夢破れて引退していきます。

だからと言って、自分の子供が「プロ野球の選手目指して頑張りたい!」と言ってきたとき、「ウチはお金がないから、あなたの夢を諦めて・・」とは、親としてはなかなか子供に言えませんよね。

 

「夢の実現には、お金が必要」

ちょっぴり現実を考えてしまった、今年のドラフト会議でした。

(岡 知宏)

コメントを残す