「七五三」に想う… いつの世も親の願いは変わらない!

倉田753unoblog

マネースクールUNOの倉田です。

我が子の健やかな成長を祈願する日本の伝統行事「七五三」

最近は両親の休みの都合に合わせ10月中旬から11月15日の間で済ませるそうです。

先日、数え年で3歳になる子供を連れ自宅から少し離れた有名な神社に「七五三」のお参りに出かけました。

天気の良い週末であったため、ある程度の混雑は想像していましたが到着してビックリ!

ご祈祷受付けの列は拝殿横の受付窓口から伸びること百数十メートル、最後尾は鳥居の外まで誘導されています。
ある程度大きな子供ならいざ知らず、ギリギリ2歳になる子供に長時間並んでの待機は無理。

毎度の事ですが「父親の責務」を果たすべく、私だけ順番待ちの列に取り残されました。
周囲を見渡すと羽織袴や着物で着飾った日常とは異なる華やかな雰囲気の子供達。

そして両親だけでなく祖父・祖母を加え一家総出で七五三を楽しんでいる様子も多く見受けられました。

ネットに掲載される各種調査によると七五三にする事トップ3

①衣装を着て写真館で記念撮影

②神社等への参拝

③家族で食事会

記念写真は残したが参拝はしなかったと言うケースもあり、参拝のために正装し「ついで」に写真に残すと言う本来の姿とは逆の現象が増えており、七五三が「イベント化」された実態が浮き彫りとなります。

記念写真に使う平均予算は3万円前後、ご祈祷の初穂料は3000~10000円、そして食事代を加えると七五三の総額5万円前後の支出となり決して安いという金額ではありません。

我が子・孫の幸せを祈る気持ちと喜ぶ顔を見たい想いが上回るようです。

七五三・誕生日・入学式・卒業式等々。

子供の成長過程において出ていく日々の生活費や教育費はもちろんですが、節々の行事・イベントの費用など両親が金銭的負担をする機会は枚挙にいとまがありません。

多くの方が子供の頃に自分の両親にしてもらい思い出に残っている事を、同様に自分の子供にもさせてあげたいと考えています。

全てとは言いませんが、この資本主義社会の中で子供の喜んだ顔をより多く見るためにはより多くのお金が必要になってきます。

しかし、そのタイミングは七五三のように予めいつ来るかが前々から明確に分かっているものばかりとは限りません。

突然湧いてきた家族旅行の計画・習い事の発表会・留学の希望。

突発的な病気や事故・思いがけないトラブルに巻き込まれる等の望まず振り掛かる事象もあります。

 

もしも普段から将来を見据えた人生設計(ライフプラン)を建てることが出来ていれば、事前に想定し得るやりたいイベントを望む通りに実行するお金を確実に準備出来るだけでなく、いざとなれば突如振り掛かる人生の緊急事態へ対応するお金にもなり、より安定した安心できる理想とする人生に近づけます。

どんな親も自分の子供の笑顔や喜ぶ姿をなるべく多く見たいと望み、苦しむ顔や悲しむ姿はなるべく少なくしたいと願います。

自身のために立てたライフプランは目の前に存在する又はまだ見ぬ我が子に確実に影響を与えていく、まさに人生そのものを左右する可能性を秘めています。

自分と家族の幸せを確実に手に入れるため、お金について考える機会を持ってみませんか?

コメントを残す