えっ!たった1日で1兆7000億円!! ご近所さんの買い物事情

image001

マネースクールUNOの倉田です。

ご近所さんの生活状況、気になる事ありませんか?

 

11月11日は中国では「光棍節(独身の日)」と言われているそうです。

中国人の多くは、ここ数年この日をネットショッピングの大バーゲンの日と認識。

仕掛けたのは中国ネット通販最大手の「阿里巴巴集団(アリババグループ)」

2009年に「独身者が自分自身へのご褒美を買ってほしい!」とネットのショッピングサイトでバーゲンセールを打ち出した事がきっかけ。

当時はリーマンショック直後で経済は最悪の状態。

なんとか個人消費を盛り上げ自社の売上げにつなげようとライバル企業も次々とこの企画に参加。

そして「春節(旧正月)」と並んで国を挙げての一大消費イベントに成長しました。

 

今年の「独身の日」、アリババグループだけで1日の売上高が日本円換算でなんと1兆7000億円!

これはヤマダ電機の売上高1年分に相当します。

 

買いたい物ランキングは衣料品・化粧品・食品・生活用品・電化製品の順です。

日々の生活を便利に楽しくしてくれる消費財を安い時期にまとめ買いするパターン。

ここ20年の国全体の成長の結果、物を買う力が劇的に増した中国人。

資本主義の便利な生活に触れる中で巨大化する物欲、当然の如く「いい物をなるべく安く手に入れたい!」と考えています。

この流れの象徴が、アリババの1日の売上高を5年前の100倍にまで膨れ上がらせた「独身の日」ではないでしょうか。

 

お金を使う事の快楽を知った消費者側のニーズもありますが、「独身の日」のセールを企画したのはあくまで“売る側”です。

折しも世界中から景気減速を心配される中国。

大量生産し過剰になった在庫をなるべく早く売り切りたいメーカー側と消費者の「買いたい!」意欲を盛上げ商売につなげようとするネット企業、両者の目的は合致し強烈に世間を煽ります。

その結果、尋常でない1日あたりの売上高。

在庫切れや物流面の問題と共に不正な価格操作や偽物の問題も指摘され、クレーム件数も相当な増え方をしている様子。

そして消費者サイドとして考えておかなければならないポイントがもう1つ。

それは雰囲気に煽られついつい不要な物や余分な量を買ってしまうこと!

買い物をする機会に「半額!」や「8割引!」など価格の急激な価格変化を目の当りにすると、大多数の人が簡単に誘惑の罠にハマってしまいます。

あなたもそんな体験をした覚えはありませんか?

 

人生における「お金」の面で急激な変化が起こり、お金の感覚を狂わせる機会が就職・結婚・定年退職。

学生の時の小遣いやバイト代とは桁が異なるお給料。

共働きが多い昨今、結婚により家計は単純な見ための収入が2倍に。

永年の勤労努力の結果、人生最後のまとまったお金を手にする退職金。

大きなお金、安定的に入ってくるまとまったお金、急激に使えるお金が増えた様に錯覚してしまいます。

人間は「欲」の塊。

就職の達成感・結婚の幸福感そして定年退職の開放感をもとに「あれやりたい!」「これ買っておきたい!」の欲望のままに消費の規模を拡大する傾向があります。

 

しかし1度上げてしまった生活水準を下げるのは容易な事ではありません。

そして子供の教育費・マイホームの頭金やローン返済・長い老後の生活など強烈にお金を必要とするイベントは後々起こります。

その時に気付いてから生活水準を下げる為に大変な苦労をしている人やそもそも無理だと諦めざるお得なかった人達もいます。

そのほとんどは少し先の事を見据え、しっかりとした人生計画を立てることで未然に防ぐ事ができます。

 

短期間で大きな経済力を手に入れ、欲望を膨らませた中国人の「爆買い」

ご近所さんの極端な行動を考える切っ掛けにし、人生を計画的に歩むヒントを学び「お金」について賢く使い賢く殖やせるようになって欲しいと思います。

 

コメントを残す