Fintech(フィンテック)で広がる金融の世界

昨年末に1つのニュースが報道されました。このニュース、将来の世の中を大きく変えるかもしれない可能性を秘めています。

 

そのニュースとは「イオン」が運営するイオン銀行が、指紋認証の最新の技術を持つベンチャー企業「リキッド」と提携し、利用者がATMを利用する際、指紋の認証だけで本人確認ができる仕組みを導入する事を決めたという物です。

 

これにより、暗証番号やキャッシュカードを持ち歩く必要がなく、指紋認証だけで現金の引き出しや預け入れが出来るようになるそうです。そうなればカードの紛失や盗難の心配もなく、銀行はカードを発行する手間も省けます。まさにいいこと尽くめです。

 

銀行の指紋認証(生体認証)を利用された方は分かると思いますが、現状はあまり精度がよくなく、何回もやり直しにをさせらえる事も少なくありません。それがリキッド社の仕組みの場合、1000万人分の指紋のデータを1秒未満で認証できるという最新技術が使われ、即座に本人確認ができるとしています。

 

指紋だけでATMを使えるのは全国初。今年2月15日から千代田区のATMに導入し、その後、利用者の反応などを確かめながら全国5500台のATMに拡大するとしています。

 

こういった金融の分野に最新のIT技術を取り入れて、利用者の利便性を向上させるサービスは「Fintech(フィンテック)」と呼ばれて全世界的に広がっています。Fintech(フィンテック)とはFinance(ファイナンス)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語で、金融×IT分野で活躍する企業などから生まれた新しい金融サービスを意味します。

 

Fintech(フィンテック)の中から国内でサービスが提供されている代表的な物をいくつか紹介してみましょう。

 

家計簿サービスのMoney Forward(マネーフォーワード)

moneyfoeward

チュートリアルの徳井さんが出演するCMで知った方も多いかと思います。ネット上で家計簿をつける事が出来ます。銀行口座やカード、証券、電子マネー、携帯などの情報を登録しておくと自動的に情報を取得して記録してくれます。

 

最初に設定さえしておけば、手動での入力が必要なのは現金の使った場合のみとなります。自分の資産状況をPCやスマホで簡単に把握する事が出来て、どこに無駄があるのか、何が削減出来そうなのかが分かりやすく確認する事が出来ます。

 

■MONEY FORWARD(マネーフォーワード)

ソーシャルレンディングのmaneo(マネオ)

maneo
お金を借りたい法人と貸したい個人をマッチングさせるサービスです。お金を借りる際、銀行などの金融機関ではなく、個人投資家から貸付を受けるサービスがソーシャルレンディングと呼ばれます。maneoは2008年にサービス開始で国内のソーシャルレンディングの草分け的なサービスとなっています。

 

サイトでは様々な案件が掲載されていて、最低2万円からの少額で投資することが可能となっています。投資金額に応じた利回りもリアルタイムで計算出来るようになっていて、運用利回りも年5.0〜8.0と高めに設定され、1年以内の短期貸付が多いのが特徴です。

■maneo(マネオ)

決済サービスのSquare(スクエア)

square
こちらはスマホやタブレットに取り付ける専用端末を使い、クレジットカードで決済出来るシステムを提供します。大掛かりでコストの高い決済端末は用意する必要はなく、4,980円の端末を購入(現在はキャンペーン中で実質無料)して設定をするだけで使えます。

決済手数料は一律3.25%で入金は最短翌日。月々の固定費も必要ありません。今までカード決済を導入するのを躊躇した小さなお店でも利用が可能です。

■Square(スクエア)

クラウド会計ソフトのFreee(フリー)

freee
先ほどのマネーフォワードは個人向け家計簿でしたが、こちらは法人、個人事業主向けのクラウド会計サービスです。2013年3月サービス開始で現在の利用数は40万事業を突破、次々と資金調達を行い急成長しています。

会計ソフトというと弥生会計が有名でしたが、クラウド化の波には完全に遅れ(弥生のクラウド化は2015年7月)クラウドの分野では差がついています。

■Freee(フリー)

以上のようなFintech(フィンテック)企業。スマホの普及、テクノロジーの進歩で今後もますます成長を続け、私達の生活にも入り込んでくることになるでしょう。

コメントを残す