本当の意味で「100年安心」な年金って何だろう?

マネースクールUNOの岡です。

2015年4月、16年ぶりに公的年金の支給額が引き上げられます。 2014年度に比べ0.9%上昇、厚生年金を受け取る夫婦二人のモデル世帯では、受給額は22万1507円となり、2441円増える計算です。
ところが、「増えてよかった!」と、単純には喜べません。 実質的には、年金は「減った!」と考えなければならないのです。

Nenkin_techou_man_2

なぜ、もらえる年金が実質的に減るのか?

昨年1年間、消費税がアップしたこともあり、物価は2.7%上昇しました。 つまり、昨年1万円で買えていたものが、今年は1万270円出さないと買えないということです。
ところが、年金としてもらえる額が0.9%しか上がらないということは、1万円に対して90円しか増えていないということ。 1万90円では1万270円のモノを買うことが出来ない、つまり実質的に貰える年金は「減った」と考えなければならないのです。 年金は原則、物価や賃金が上がれば増え、下がれば減る仕組みです。

ではなぜ物価の上昇に比べ年金の上昇率が圧縮されているのか?

これにはおおむね2つの理由があります。
1つは「特例水準の解消」 現在の年金は、過去に物価が下がったときに行われるべき減額が不十分で、本来の水準よりも高い年金(特例水準)が支給されています。 今回は、その是正で0.5%が引き下げられるため、デフレだった過去約15年にわたって本来よりも高い水準だった状態が解消されるためです。

もう1つは「マクロ経済スライド」の実施、少子化と長寿化に伴う水準抑制になります。
マクロ経済スライドとは、そのときの社会情勢(現役人口の減少や平均余命の伸び)に合わせて、年金の給付水準を自動的に調整する仕組みです。

保険料を納める現役世代の減少と、年金を受け取る高齢者の平均余命の伸びを年金額に反映する仕組みで、2004年の年金改正で導入されました。 現役世代の「仕送り」負担を軽くし、次世代に年金制度を引き継ぐ「切り札」とされましたが、デフレが長く続き、物価や賃金が下がったときは実施しないルールがあるため、今までは実施されませんでしたが、昨年の物価の上昇を受け、2015年度に初めて実施され、0.9%が引き下げられます。 (0.6%が少子化要因、0.3%が長寿化要因です)

厚生労働省:マクロ経済スライドってなに? http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/finance/popup1.html

年金額は物価上昇率と賃金上昇率を比べ、低い方を適用します。 物価上昇率が総合指数ベースで2.7%、賃金上昇率は2.3%となったので、2015年度の年金額は賃金上昇分が上乗せされ、本来2.3%増となるはずでした。

ところが、「特例水準解消」の0.5%、「物価スライド」の0.9%がそれぞれ引き下げられるため、この2つのマイナスを差し引いた0.9%の上昇に抑えられたというわけです。
(賃金上昇分2.3%?特例水準解消0.5%?物価スライド0.9%=0.9%)

これは、国民年金や厚生年金など、すべての公的年金が対象となります。 この年金受給額の実質減少、年金を貰っている世代にとっては、ちょっと納得いかない事かもしれません。
ここ1年、スーパーなどでの食品の値上がりが目立ち、なんとなくインフレを意識するようになっていませんか? そんな中、インフレに見合う年金をもらえないのは、たまったもんじゃないですよね。

一方、これから年金を貰う現役世代にとっては、今の年金受給者の年金受取額が
「もらいすぎ」であることに納得がいかないかもしれません。 マクロ経済スライドは、物価が下落しているデフレ環境下では使わないルールがあったため、当初計画の2007年度からの発動は大幅に遅れ、実施まで8年もかかりました。
マクロスライドを予定通り2007年度から適用していれば、年金の支給額は現役世代の収入と比べ54%に抑制できる見通しでしたが、マクロスライドが実施されなかったため、62.7%と高止まりしています。 もし今のままの状態が続けば、今現在30歳の人は、年金を受け取れるようになっても、現役世代の収入の50.6%しかもらえないとの試算もあります。 20代や30代の人が「年金不安」を口にすることにも納得の数字です。

私は、マクロ経済スライドや日本の年金制度改革の是非を問いたいわけではありません。 私達が改めて考えなければならないのは、貰える公的年金の受給額は、時代とともに変化しているということです。
今現在、国民年金の受給額は満額で年間約78万円、ところが1980年の受給額は約50万円、デフレが長引いた日本においてでも、35年間で56%もアップしています。 にもかかわらず、年金不安が叫ばれる中、多くの方が「自分年金」と称して積み立てを行なっている個人年金保険や終身保険は、将来もらえる金額を加入時に固定している「定額型」のものが圧倒的に多いはずです。

一般的な定額型の「個人年金保険」とは、例えば毎月1万円の保険料を払い、30年後から毎年40万円を10年間にわたって受け取れるようなものです。 1万円×12ヶ月×30年間=360万円の保険料を払い、40万円×10年間=400万円を受け取ったとしても、インフレで受け取る時期の物価が上がってしまっていれば、お金は「増えた」のではなく「減った」と考えるべきです。

現時点で貰える金額を固定しまうことは、決して「安心」ではないですよ!

「100年安心プラン」 これは、政府が2004年にマクロ経済スライドを導入した年金制度改革の際に使った言葉です。 公的年金の改革は国が行うことかも知れませんが、個人年金の改革は自分自身で行うものです。
将来の物価上昇に備え、公的年金は株や債券といったものでの「投資運用」をしていますが、定額型の年金保険は、「投資運用」はしていません。

皆さん、本当の意味の安心を、再度考えてみませんか?

(岡 知宏)

 

日本の景気対策になり得る…外国人旅行客の財布

マネースクールUNOの岡です。

円安が止まりません。

今年の年明け、1ドル=102円前後で推移していましたが、12月5日には一時1ドル=
121円を突破、7年4か月ぶりの円安水準を付けました。(12月11日現在は、1ドル
118円前後で推移) 日本経済にとって、「円安はいい事だ」とされてきましたが、
急激な円安に対し、マイナス面も目立ち始めてきました。

Photo_2

なぜ円安が日本経済にとってプラスだとされてきたのか?

それは、多くの大手企業(自動車や家電メーカーなど)は、日本で作った物を海外に
輸出して利益を得ているからです。

例えば、100万円の自動車は、1ドル100円の時にはアメリカでは1万ドルですが、110円
になると、およそ9000ドルになります。 つまり、同じクルマをこれまでより安く売る
ことができ、人気が高まるということで、円安は輸出を増やす大きな原動力になってき
ました。

ところが、大企業の多くが、ここ数年で工場を海外にどんどん移してしまった結果、輸出
は増えなくなり、以前ほど「円安=輸出増加」にならなくなってしまったのです。

加えて、日本は海外から多くの物を輸入しています。 円安になるということは、輸入品の
価格も値上がりしてしまいます。

先ほどの自動車の例でいえば、海外から1万ドルの自動車を輸入し日本で売る場合、
1ドル100円の時は100万円で売れますが、110円になれば110万円の値段になって
しまいます。

今年1年の円安を受けて、ハムやチョコレート菓子、バター、缶詰など多くの食品が値上
がりしました。 これ以上円安が続くと、輸入の小麦などが値上がりして、パンやパスタ
など多くの食品がさらにもう一段と値上がりする心配がでてきます。

また、国産の肉もエサの多くを輸入に頼っているため、円安は様々な物の値上がり要因
になるのです。

身近な例では、牛丼の値上げ。

「吉野家」は、牛丼など25商品を12月17日午後3時から値上げすると発表、牛丼の
並盛りは80円高い380円になります。 この値上げの原因の一つが原材料費の高騰。

牛丼の原料となる米国産ばら肉の価格が、干ばつなどの影響で前年から約2倍の水準まで
上昇していて、コスト削減策だけでは食材コストの上昇分を吸収できないと判断、さらに
この「円安」が重荷となっていたそうです。

年末年始に海外旅行を計画している人にとっても、急激な円安は「財布に厳しい」はず
ですよね。 そう考えると、「円安ってマイナス面ばかり」と思いがちですが、決して
そうではありません。

円安効果の一つに「訪日外国人客数の増加」があげられると思います。

日本政府観光局が発表した10月の訪日外国人客数は前年同月比37%増の127万2000人
となり、単月としての過去最高を記録しました。 この結果、今年1?10月の累計では前年
同期比27.1%増の1100万9000人となり、2013年に記録した年間の過去最高(1036万人)
を早くも上回りました。

今年は年間で1300万人前後に達する見込みです。

急激に訪日外国人客が増えた要因には、日本政府が中国や東南アジアなどを対象にビザの
条件緩和を実施するなど、観光客増加の取り組みに力を入れていることもあるのですが、
やはり「円安」効果が大きいといえるのではないでしょうか?

私も通勤でJR大阪環状線に毎日乗るのですが、電車内で見かけるユニバーサルスタジオに
行くと思われるアジアの観光客が、数年前から比べればかなり増えたように思います。

ではなぜ外国人観光客が増えることが、日本経済にとってプラスになるのか? それは、
彼らが日本で使う「お金」のがとんでもない金額だからです。

日本政府観光局の別の調査によると、訪日外国人の旅行消費額は今年1?9月で前年同期
比40%増の1兆4677億円にのぼっています。 これはすでに昨年1年間の消費額を上回って
おり、このペースでいけば今年は2兆円近くに達しそうです。

現在、安倍政権が検討している景気対策の規模が2?3兆円と報道されていますから、
訪日外国人が日本国内で消費する金額だけで一つの景気対策になりうると言えるほどの
規模なのです。

外国人観光客が日本の百貨店や家電量販店で買い物をすれば売り上げが上がる、そうすれば
日本の景気も良くなります。 外国人観光客が増えることで、治安の問題などを心配する声
もあるでしょうが、「観光大国ニッポン」を目指すことも、大きな経済政策と言えるのです。

今年一年、円安そして株高で、持っている外貨預金や投資信託といった金融商品が大きく
値上がりした方もいらっしゃると思います。

「円安ラッキー!」と考えるだけでなく、円安や円高が自分たちの暮らし、そして自分
たちの未来の暮らしにどう影響するのかを、少しだけ考えてみませんか?

                                 (岡 知宏)

ガソリン高が止まらない!

マネースクールUNOの岡です。

梅雨が明ければ、本格的な夏到来!
海へ、山へのレジャーシーズンシーズン到来ですが、そんなこの夏に心配なのが、ガソリ
ン高です。

資源エネルギー庁が9日発表した7日時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均)は
前週比1.3円高の1リットル169.7円。
上昇は11週連続で、約5年10カ月ぶりの高値となっています。
今年の1月6日発表時点の価格が158.3円だったので、約半年で10円の上昇、5年9か月ぶ
りの高値になっています。

ガソリン価格の上昇には様々な原因がありますが、最も大きいのがガソリンの原料になる
原油価格の上昇です。
原油価格の背景の一つが「イラク問題」。
イラク国内で、政府軍と武装勢力との戦闘が起こるなど事態は緊迫していることから、そ
の先行き不透明な状況が原油価格に表れています。
そして、その原油高の影響はガソリンだけでなく、今後私たちの生活にもさまざまな影響
が出てきます。

例えば、電気料金。
今年の日本の夏は、「46年ぶりに原子力発電所が稼働しない夏」になります。
必然的に火力発電の比率が高くなり、現在の日本は、発電に占める化石燃料の比率が9割
に及ぶそうです。
当然、原油価格の上昇は電気料金に直結し、家計を圧迫します。

ちなみに、今年の夏も「節電」がキーワード、私達マネースクールUNOのオフィスが入
っているテナントビルも、7月から廊下の電気が一部が消され、昼間でも少し暗い感じです。

Photo_2

レジャーシーズンにガソリン代が上がればお財布に厳しいし、電気代の値上げは家計を
圧迫します。

ガソリン高や電気料金の値上げは、目に見える原油高の影響。
それ以外にも、目には見えにくい原油高の影響もいろいろと出てきます。

例えば、スーパーのレジ袋。
「最近、レジ袋が薄くなって、すぐに破れる!」と、皆さんなんとなく感じませんか?
レジ袋も立派な石油製品。
原油の値上がりはレジ袋の価格上昇につながり、スーパーの収益を圧迫します。
詳しく調べてはいませんが、一部のスーパーやホームセンターでは、レジ袋を薄くする
ことで、コストカットを図っているようです。

また、「原油が上がれば納豆価格が上がる!」といった話もあります。
原油高で納豆価格そのものが上がるわけではなく、納豆を入れるプラスチックのトレイ
価格が値上がりし、それが納豆価格を押し上げるということです。
納豆メーカーのなかには、「コストの上昇分だけ中身の納豆を減らしている」といった
話もあるとかないとか。
いずれにせよ、原油高を価格に転嫁しない企業努力が見え隠れします。
(もちろん、レジ袋を薄くしても、破れにくくする企業努力はしているようです)

私達マネースクールUNOは、お金についての学びを提供しています。
お金について学ぶとは、経済を学ぶということでもあります。
経済とは、「お金、モノ、サービスの流れ」のことであり、お金、モノ、サービスの流れ
を感じて学ぶことが、「経済を学ぶ」ことになります。

日本から遠く離れた中東地域での出来事がガソリンや電気料金に影響を与え、私たちの
生活に変化をもたらします。

こういった変化を感じることが、経済を学び、お金について勉強する一歩になると私は
思います。

車に乗らない方も、この夏のガソリン価格の推移注目してみませんか?

                                 (岡知宏)

まさか! 月見バーガーがそんなに値上がりしてたとは!?

マネースクールUNOの岡です。

今年も残すところ約2週間となりました。
皆さんにとって、今年1年はどんな年でしたか?
「来年の事を言えば鬼が笑う」と言いますが、2015年はブラジルワールドカップやソチオリンピック
などスポーツのビックイベントが開催される年。個人的には2015年をとても楽しみにしています。

ただし、頭が痛いのが消費税アップ。
この消費税アップにあわせ、多くの物の値上げが予想されます。
例えば郵便料金。
日本郵便は、消費税アップに伴い、手紙を80円から82円に、通常ハガキは50円から52円に値上
げすることを決めました。
郵便料金の値上げは、実に20年ぶりのこと。
それ以外にも、銀行のATMの手数料や清涼飲料水、東京ディズニーランドのチケット料金の値上
げがそれぞれ検討、あるいは決定しています。

Clip_image002_2

来年の消費税アップに関係なくとも、今年は多くの物の「値上がり」が話題になりましたね。
ガソリン、牛乳、豆腐、電気・ガス料金etc
このほかにも、「ヤクルトが22年ぶりの値上げ」と言ったニュースもありました。
アベノミクスや原油をはじめとする原料高を背景に、多くの物が値上がりし、「物価が下がるデフ
レ」から、「物価が上がるインフレ」を多くの人が意識した1年かもしれません。

物価の上昇とともに給与も上がっていけばいいのですが、皆さんも何となく感じているように、
私たちの平均給与はここ15年間全く上がってきていません!
国税庁の「民間給与実態調査」によれば、日本のサラリーマンの給与は、平成9年の467万円
をピークに、平成23年は409万円と減少傾向。
平成21年の406万円から多少の上昇があったとはいえ、約60万円の減少は大きいですよね。
来年は平成9年4月以来の消費税アップ、どんな1年になるのでしょうか?

と、ここで終わると「そんなこと分かっとるわっ!」と言われると思うので、最後、ネットで見つけた
興味深い数字をご紹介しておきしょうね。

マクドナルドの秋の定番商品と言えば『月見バーガー』。

この月見バーガー、人知れずすごい勢いで値上げされていたんです!

2004年は月見バーガー1個は199円、2005年は220円、2008年は270円、
2012年は320円、
2013年は360円。
2004年から2013年の間に、実に1.8倍に値上がりしていたんです。

どうでしょうか?
「〇〇年ぶりの値上がり!」と言われると気になりますが、1年に決まった時期販売の限定商品
だと、値上がりって気にならないものなんですね。

皆さん! 4月の消費税アップに伴ういろいろな商品値上げも気になりますが、
来年の月見バーガーの値段も注目です!

国税庁 民間給与実態調査
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/top.htm#b-06

Blog_oka_4
岡 知宏
「投機・マネーゲーム」を勧める仕事からの脱却と自己浄化を経た現在の彼が顧客に対して考えることは「幸せになるお金を手に入れさせてあげたい」ということ。お金の闇を熟知したからこその正しさは際立ちます。広島県出身、1972年生まれ。

プア充について考える。答えはまだない。

マネースクールUNOの有村です。

めっきり冷え込んできましたが、季節の変わり目の風邪など引かれてはいませんか?
日中は気温が高かったり、朝晩は寒くなったり体調を壊しやすい季節ですね。皆さま、お
体ご自愛ください。

 

さて、最近ネットで「プア充」という言葉が流行りつつある事をご存知でしょうか?

「リア充」は、「リアルが充実している人」。ネットに逃げ込まなくても、リアル社会に
彼氏彼女や友達がいて、飲み会やら旅行やらで楽しそうにしている人たちの事ですね。

では、「プア充」とは何でしょうか?

どうやらそれは、「年収300万程度の仕事をし、仕事に心血を注がず自分の生活を大事に
しつつ、図書館や280円牛丼などを駆使し、人生を楽しむ人」の事のようです。

そういえば、最近の若者は車を買わなくなったなどと言われていますが、そこにも「プア
充」が絡んでいそうですね。

A0002_001578

牛丼は美味しい・・・でも。

確かに、もうすっかり当たり前になってきましたが、昨今の低価格商品の充実振りは素晴
らしく、100円ショップに行くと生活必需品が大抵揃いますよね。

それに、内外の低価格衣料品店も増えて、今は安い商品をいかにオシャレに着こなすか、
が一つのトレンドになっている気さえします。

休日には、280円の牛丼にコンビニの100円コーヒーを買い、レンタルビデオ店に行って
100円でレンタルすれば、割と楽しめます。金額にして1000円弱。お金が無くても楽し
める社会が日本にはあります。

 

この話、収入が少ないためにお金をかけなくても楽しめる方法を見つけたのか、あるいは
お金をかけなくても楽しめるため収入に固執しなくなったのかはわかりませんが、若い人
たちの働き方に対する考え方が大幅に変化してきていることは確かなようです。

残業も厭わずバリバリ仕事して、出世して、高い給料を得て・・・。

その先に何があるんだろう?それと引き換えに失ったものは、もしかすると凄く大きな
モノだったんじゃないのか?

 

そう考えてしまうことは当然の結果かもしれません。働き方は人それぞれで、何に価値を
見出すのかは十人十色でしょう。

 

ただし、プア充は絶対にデフレの元にしかあり得ません。そして、デフレがずっと続くと
いうこともまたあり得ません。

プア充を標榜する人たちは、薄氷の上を歩くような危うさで自分を満足させているという
自覚を持つべきでしょう。

また、「年収300万」で自分を安売りしないように、しなくても済むようにスキルアップ
することもまた大変重要です。

 

「プア充」は確かに楽しい。100円寿司を愛し、激安通販を利用している私自身にも大い
に当てはまる生活です。

しかし、「プア充」を肯定することって何だか違うと思うんですよね。

ちょっと… 自分でもしっくり来る答えが見出見せないんですけど、とっても違和感があっ
たので書かせていただきました。

皆さんは、どう思われますか?
皆さんは、しっくりくる答えをお持ちですか?

Blog_arimura
 有村朋子 
大手証券会社で女性営業スタッフを束ねる”やり手”を突き抜けた彼女が今仕事に求めるのは「顧客とのWIN−WINの関係」。自身の座右の銘「人間万事塞翁が馬」をベースにしたコンサルは哲学的に響く。大阪府出身、1979年生まれ。