人は何と学ぶべき事が多いのだろう

マネースクールUNOの倉田です。

先日、私の子供が1歳の誕生日を迎えました。

子供の成長を見ていて改めて実感させられたのは…

私をはじめ、皆さんが日常、普通に行っている
ご飯を食べる、友人と話をする、紙に自分の意思を書き記す、親友と旅行に行く・・・

そんな、人間が日常生活における基本的な行動は、実は非常に高度な知能と感覚と経験の
複合体なんだということ。

Happy

1年前のある朝に3408gで生を受けた我が子。
生態を維持する為の基本的な機能(呼吸等)はキチンと備わっている事にまずは安堵した事
を覚えています。
しかし、当然のことながら、それ以外はまったく「人間」としての機能は有していません、まさに
“白紙”。

そこからこの1年間で多くの機能を獲得しました。

感情表現はただ単に、泣くだけから、笑ったり、怒ったり使分けるようになり、最近は言葉には
なっていませんが発声や歌のような物で何かを伝えようとしています。

栄養摂取は母乳を上手に吸える様になってから、哺乳瓶を駆使し牛乳を飲む様になり、
ストローでジュースを吸う事まで覚えました。
固形物の食事もドロドロの離乳食から、ほぼ米粒など内容物が確認出来るレベルの食事に
なりつつあり、生意気にも少々の好き嫌いを顔と態度で表現する様になって来ました。

移動手段もここ3ヶ月程で激変。
もっぱら他人任せ(おんぶに抱っこ)からハイハイに変化、しかも移動スピードがメチャクチャ
速い!
最近1人で短時間立てるようになり、二足歩行生物としての夜明けは近そうです。

急成長をしたこの1年間。

まさに「人間」が形成されていく過程を目の当りにして、率直に感じた事。
“人間は生まれた後に学び・獲得していった能力・機能がいかに多いのか”という事です。

知るまで・学ぶまで・体験するまではまったく知らない世界、「未知」なる物。
その存在を知り、やり方やその意味を学び、自分自身の頭と身体で実際に経験してみて
初めて、人間の能力になって行く。

この過程は赤ちゃんでも大人でも「人間」であればまったく一緒。

私達は多くの日本人にお金に関する正しい知識が不足していると考えています。
現代社会を生きる日本人は誰でもお金を使っています。
しかし、日本人の多くは正しい知識を成長過程で学ぶ機会が無く、正しい使い方・考え方が
身に付いていません。
その結果「お金の世界の常識」に照らし合わせると、間違った行動をとっている日本人が
ものすごく多く、その結果が実社会の端々に悪影響として現れて来ています。

「子供の将来の為にお金を殖やしたい!」と言いながら、お金がなかなか殖えない仕組みの
預貯金や学資保険ばかりにお金を入れてきた親世代。
その結果、奨学金を使う学生の割合は年々増加傾向をたどり、今や大学に通う学生の半数
以上が奨学金と言う名の借金を背負っています。
つまり、我が子を大学に通わせている親の半数は、子供の学費を工面できていない事に
なります。

「団塊の世代」と呼ばれる60代のサラリーマンは、退職金という名の一時金を手にします。
しかし、今の退職者は現役時代に預貯金など元本保証商品しかした事が無い人がほとんどで、
永い老後の期間を不安に思い、殖えない預貯金以外の方法で何とかしようと金融機関に
相談に行きます。

そこで勧められる金融商品は、その時点で人気になっている投資信託や、不確実な将来予想
に基づいた特定の企業の株式など、大金を手にし気が大きくなった状態で間違った買い方を
してしまった話もたくさん耳にします。

結果、「大事に殖やしていきたい虎の子のお金だから・・・」と言いながら、金融機関に紹介され
た上がるか下がるかを予想する“ギャンブル”に近い買い方で、大切な老後資金に取返しの
つかないダメージを負い、金融機関への怨み節を言う人もいます。

「老後の不安を何とかしたい」と、金融機関や保険ショップに勧められ、現時点ではまったく
不要な死亡保障付の保険商品に毎月多額の保険料をっている若い独身者も多数見受けられ
ます。

しかし、その過剰な保険料が、ただでさえ増えないお給料から毎月引かれ、生活費を圧迫し
ます。
結果、「今の生活や近い将来にやりたい事の為のお金が殖やせない」と相談に来る人。

自分自身が望んでいる未来の結果と、現在自分自身が取っている行動が不一致な例だらけ
です。
しかも正しい事を「知らない」から、何かお金でアクションしている事に満足をし、間違った方向
に進んでいる事にすら気付いてもいない。

赤ちゃんが家の中で両親に見守られながらヨチヨチ歩く。
この段階ならば、多少転んでも大事には至りません。
しかし、交通ルールも十分に理解していないヨチヨチ歩きの赤ちゃんが、大通りの信号を渡る
ことは危険極まりない事です。
自分の子供がそんなシチュエーションに置かれる事があったとしたら・・・ゾッとします!

日本人の多くの「お金」についての状況は、まさにそんな感じです。

人生で大切な事やりたい事は、人それぞれに沢山あり。
資本主義社会の中で、その全てを叶えて行く為にはお金がかかります。
生まれてすぐに、立って歩ける赤ちゃんはいません。
ただし、いつか人生の大通りを渡りたい・渡らなければいけない時は来ます。

その時までに「お金」についての正しい知識は絶対に必要です。
私達は、多くの人がその能力を付けて、自分自身が望む方向に進めるようになるための学びの
場を提供しています。
ぜひマネースクールに参加し、人生の「学ぶべき事」を身につけて頂きたいと思います。

                                                (倉田壮一)

リスクの取り方を間違えた現代のベートーベン

聴力を失った「現代のベートーベン」と呼ばれる作曲家が、18年間にわたってゴーストライターに
曲を書かせていたという事実が発覚したニュースがちょっとした騒ぎになっていますね。

ご本人でなくゴーストライターが謝罪会見を行うという流れが最高に滑稽です。

きっと二者の”影の協定”が継続できないギリギリのところまできていて、決して穏やかではない交
渉が行われていたのでしょう。
原因は人間らしく「欲望=お金」でしょうか?
ゴーストライターは最初は「自分は無名だから書かせて下さい」くらいの低姿勢でしょうが
その作品の存在がここまで有名になり大きなお金を生み始めると、自分の立場やメリットに
「不足」を感じるのが人間という生き物です。

交渉完全決裂・・・ 

「他人に公表されるのなら、せめて自ら公表して批判を少しでも軽減して致命傷を回避できないか」。
そんな判断がホームページでの謝罪文だったのでしょう。
そこに対抗した幽霊作曲家の意地と「なにかいいことあるかも」的な売名意識が生んだのがあの
記者会見です。

お二人とも悪魔に魂を売ったんです・・・ 
その悪魔の存在は・・・ 
きっと今回のニュースでは主役になりません。

これは、かつて音楽業界の端っこに約20年に渡って存在していた私の個人的印象に過ぎないの
ですが・・・
今回のように見えない存在であるはずの影武者が謝罪会見で人前に姿を現す自白劇がブームに
なったら、世の中、謝罪記者会見の数がたくさんになって大変なことになるかもしれませんよ。

作曲家が書いた曲をもらって歌い演奏する歌手よりも
自ら作った曲を歌い演奏する歌手は、アーティスティスト(芸術家)と呼ばれ、存在を大きく見せら
れる。その歌にはメッセージ性があるので人間性という内面の広がりも商品化できる。商品の
価値を長く、可能性を広く維持するためのマーケティングは現実にあるものです。
表現者であるということは大切な商品価値でもあるのですね。

5294186484_4eae4b97a8_b

ただ、音楽業界性悪説よりも性善説をかたくなに信じている私は、そんなぬかるみは業界の
一部であると知っています。

そうじゃない方々もたくさん知っています。本当に愛する音楽を貶めることなく育て広げて行こう
という人達を。

欲望に負けて危険な一発勝負をする音楽ビジネス手法。
冷静さをなくし、良識をなくし、一瞬の快楽の為に全てを投げ打つ・・・ 

それはお金の世界での『投機』と同じ香りを放ちます。

毎日、ビクビクしてても、勝ち続けることは難しい。そして負けが再起不能なスケールのダメージに
なる。

本来音楽はしっかり作って、プランを立てて、コツコツ努力を重ねて育て売っていくもの。
そうしてトップに昇った楽曲やアーティストだけが時代を超えて愛され続ける本当のエヴァーグリー
ンになれるんです。
コツコツにもリスクは存在しますが、そこを、人を欺かないプロモーションや、マーケティング、そし
てタレントの育成に分散してリスクコントロールして行く。他人の上手い話にも耳を貸さないで、ひ
たすら自分のプランを見つめる・・・

これは、正しい投資運用みたいですね。

音楽の世界でも、お金の世界でも、人生と言う舞台でも・・・
リスクの取り方を間違えると、その人が乗った小船は、それなりに安全でそれなりの速さの海流
からはずれて一点に吸い込まれていきます。

多くの人は、その場所を「奈落」と呼びます。

                                            【文責:西原 朗】

Unoakira

西原 朗 
雑誌編集者、ライター、コピーライターを経て、現在はマネースクールUNOにてマーケティングを手掛けながら、書籍執筆や講演活動も行なう。ブランディング、広告コピー、プレゼンテーション、プレスリリース、各種コンテンツなどで人の心に深く届く『言葉』『会話』を紡ぐ。大阪府出身、1961年生まれ。

選挙も金融もネットで便利になったけど…

マネースクールUNOの岡です。

いよいよ7月21日は参議院選挙投票日です。 今回の選挙から、いわゆる「ネット選挙」が
解禁されます。 ネットで投票はできませんが、各政党や各候補者の、インターネットを
使った「選挙活動」が可能になりました。

ネット選挙に関する賛否両論はあると思いますが、選挙や政治が身近になる一歩になるので
あれば、喜ばしいことではないかと思います。

Mh900280925_2

総務省:インターネット選挙運動の解禁に関する情報 http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html 

当たり前のことですが、インターネットで私たちの生活は一変しました。 お金の世界で
考えても、ネットバンクやネット証券などは、私が社会人になった約20年前には考えら
れない事でした。
ネットバンクやネット証券って、とても便利ですよね。 自宅で夜中に振り込み予約が出来
たり、スマホや携帯で簡単に株が買えたりできるので、私も利用しています。

今、「投資を始めよう」と考え、わざわざ証券会社の店頭に足を運び口座を開設する人は、
おそらく少数派のはずで、多くの人はネットで口座開設、あるいはネットで資料請求をす
るのではないでしょうか。

一昔前、証券会社といえば、素人には何となく敷居が高く、銀行とは違って、気軽に顔を
出せる雰囲気ではなかったように思います。 敷居が高かった証券会社がぐっと身近になっ
たことは、個人的には良いことだと考えます。 ただし、逆の面から考えれば、身近になっ
たがゆえに、「損」をする人も増えてしまったという一面もあるように思えます。

各金融機関は新規口座獲得のために「新規口座開設で○○ポイントプレゼント」「期間限定、
手数料半額キャンペーン」といった方法で勧誘をします。 また書店に行けば、「主婦が始
めるFX」「OLでもできるデイトレード」といった本が並んでいます。

いとも簡単にお金が儲かるような錯覚に陥り、株や為替の取引を始める、なんとなく始めた
が、なんとなく損をして終わってしまう・・・

その結果、「やっぱり投資は怖い!」「投資は一か八かのギャンブルなんだ!」
そう実感してしまう人が多いのではないでしょうか?

インターネットで投資が身近になることは素晴らしいことだと思うのですが、いたずらに
情報だけがあふれてしまい、相場の上下に一喜一憂する「マネーゲーム」に安易に手を出
してしまう人が多いことは、私はよくないことだと思います。

正しい知識を身につけ、長い時間をかけてコツコツと続けていくことが、「資産運用」。

「マネーゲーム」を否定するわけではありませんが、自分がやっていることが「ゲーム」
なのか「運用」なのか、正しく理解しておくことは必要不可欠です。

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思いますよね。

そんな方は、ぜひマネースクールに来てください! お金に対する基礎知識から一緒に学ん
でいきましょう!

Blog_oka_4
岡 知宏
「投機・マネーゲーム」を勧める仕事からの脱却と自己浄化を経た現在の彼が顧客に対して考えることは「幸せになるお金を手に入れさせてあげたい」ということ。お金の闇を熟知したからこその正しさは際立ちます。広島県出身、1972年生まれ。

消費税と金(Gold)の関係

マネースクールUNOの岡です。

株高・円安・・・「アベノミクス効果」で、なんだか日本中が活気付いてきた気がしま
すね。景気が良くなることは喜ばしいことですが、その一方で、いよいよ消費税アップ
の日が近づいてきています。

Mp900442513_2

ところで皆さん、
「消費税が上がれば、金(Gold)が儲かる」って、ご存知ですか?

金は「モノ」なので、買うときに消費税を払います。

2月12日現在、金は1kgあたり約500万円しています。
この500万円に5%の消費税がかかるので、25万円の消費税プラス金価格500万円の
合計525万円を払い、私達は金を買うわけです。

逆に、この買った金を売る時は、消費税を受け取ることが出来ます。

つまり、消費税が5%の時に500万円で金を買えば、払う消費税は500万円 × 5%=25万円、
将来10%に消費税が上がった時に金を売れば500万円×10%=50万円、つまりその差
25万円が儲かるというわけです。

事実、1989年に消費税が導入された時と、1997年に消費税が3%から5%にアップした
時は、「駆け込み需要」で行列が出来るほどの「金ブーム」が話題になりました。

ただし、よーく考えてみてください。
あくまでこの話は、「金の値段」がずっと500万円だった場合の計算です。

今、「安全資産」とか「実物資産」といった言葉で表現され、金価格は上昇しています。
(ちなみに「金価格500万円/1kg」というのは、実に32年ぶりの高値になりま
す。)

過去40年間を見てみると、金の小売価格が最も高かったのは1980年の6,495,000円/1kg、
最も安かったのは1999年の917,000円/1kgです。

その差は実に5,578,000円!

金の値段は動くのです。

「消費税が上がれば金が儲かる」というのは事実ですが、私はそれを「金購入の理由」
にするのは無意味だと思います。

金がこれから上がるかどうか、将来のことは誰にもわかりません。

「消費税が上がる前に金を買えば儲かる!」といって金を買っても、金の値段が今の
半分になってしまうかも知れないのです。
一過性のブームに安易に乗ってしまうのは、資産運用の世界では「危険」なことなのです。

ちなみに、消費税導入で金ブームになった時の金価格の推移は以下の通りです。

※ 1989年4月の消費税導入前後
 1989年1月末 1633円 ⇒ 7月末 1658円

※ 1997年4月の消費税導入前後
   1997年1月末 1359円 ⇒ 7月末 1242円

どうですか?
ブームと大騒ぎした割には、大きく値段が動かなかったように思いませんか?

金メダルの値段

マネスクールUNOの岡です。

毎日暑い日が続きますが、ロンドンオリンピックも盛り上がってますね。
連日の熱戦で、寝不足気味の人も多いのではないでしょうか?
私は「なでしこジャパン」の金メダルに期待です。
A0001_009537_m

オリンピックで連想するのは、やはり「金メダル!」
皆さんは「金メダル」の値段ってご存知ですか?
 

ロンドンオリンピックの金メダルの重さは約410gだそうですが、純金製ではなく、
含まれている金は約6グラムほどで、全体重量のわずか1.34%、
残りの92.5%が銀の化合物、残りが銅で出来ているそうです。

つまり、オリンピックの金メダルは「純金製」ではなく「金メッキ」だということ。
仮に、メダルを溶かして地金にして売った場合、
金メダルは650ドル(約5万800円)程度の値段です。

メッキとはいうものの、最近の金・銀価格の高騰で、
北京オリンピックに比べて価格が2倍になっていて、
ロンドンのメダルは、オリンピック史上最も高価なメダルだそうです。

投資の世界でも、一昔前に比べると「金ブーム」を感じますね。
時々こんなことを聞かれます。

「毎月小額から始められる貴金属の積立を始めようかと思うけど、
 金の積立とプラチナの積立と、どちらがいいですか?」

つまり、多くの人は、「金とプラチナ、将来どっちが値上がりしそうなのか?」
ということを気にするのです。金価格の動きを見てみると、私が社会人になった約20年前、
当時の金価格は1?で約100万円でしたが、今は1?で約400万円、約4倍にあがっています。

「もし、価格が4倍になることがわかっていれば、
 借金してでも『金』を買っていたのに・・・」

そう考えることもありますが、20年前にはこの金価格高騰は想像できませんでした。
そうです、「将来のことは誰にもわからない!」のです。
にもかかわらず、多くの人は「将来こうなりそうだから」という予想をもとに、
お金を動かします。
 

「将来の予想をもとに、お金を動かす、何かを買う」ことは、
それが金であっても株式であっても、競馬やパチンコと同じマネーゲームです。
このことを、きちんと理解しないといけません。

私は、「金とプラチナどっちがいいですか?」の質問には、
「どっちがいいかはわからない、だからどっちも買ったらどうですか?」
と答えます。

資産運用の世界で大切なことは「分ける」ということ。
「分散投資」の意味と効果、セミナーではわかりやすくお伝えしています。

まだまだ熱戦の続くロンドンオリンピック。
資産運用の世界では「金・銀・銅」と、全部買ったほうがいいですが、
オリンピックでは「日本勢の金メダルラッシュ!」に期待です。
 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)