『緊急事態』は突然やってくる!

マネースクールUNOの倉田です。

突然ですが『明日から1週間、絶対に仕事を休んで!』と言われたらどうしますか?

先日、我が家にそんな事態が起こりました。
きっかけは妻からの1本の電話。

「子供を病院に連れて行ったら『手足口病』と診断された、明日から1週間ぐらい保育園に預ける事が出来ない!」

kurata

『手足口病』とは今年大流行しているウィルス性の夏風邪。
症状としては手足や口の中に発疹ができ、発熱を伴います。
治療薬やワクチンが無いために罹ってしまったら自然に治癒するまで待つ以外に手段がありません。
通常は重症化することは稀なため過度な心配は不要なようですが、口の中が口内炎のような症状になり好きな食べ物も食べられなくなる事態には親として大変気掛かりでした。

症状は軽めですが免疫力がまだまだ弱い小さな子供への感染力が非常に強く、今年は保育園・幼稚園でここ10年内の最大の流行となっているようです。

発熱と口の中の炎症で子供も辛い!
さらに共働きサラリーマンの両親、これまた辛い現実が!

感染力が強いため法的にではありませんがお医者さんによる「登園許可」が下りるまでの1週間~10日ほど、保育園・幼稚園は預かることが出来ません。
つまり、親戚縁者の応援など代替手段がない共働き家庭の場合、親のどちらかは絶対に仕事を休まねばならないのです!

診断確定直後からお互いが1週間+αの予定表とにらめっこ。
夫婦で絶対に外せない仕事の日時を相談、各関係先に調整の連絡を入れます。

日頃から夫婦共に職場・関係先に小さな子供が居るため不測の事態が起こる可能性を告げて理解を得たり、私は妻が職場復帰する前に、掛かり付けの各種病院の連絡先や場所等を確認し、一部には同行して雰囲気を掴んでいました。
そして子供の平常時の状態や最近の生活パターンを概ね把握し、普段の休みの日に父と子2人だけで長めの時間を過ごす経験などの準備をしていました。

それぞれの職場での配慮と幸運、そして事前想定の甲斐あって、10日程必ずどちらか片方が着いていてあげられる時間を確保すると共に、私だけの看病体勢でも妻が心配せずに仕事に出られるような体制ができ、今回は事なきを得ました。

子育て期間中の共働き世帯の大きな悩みの1つが子供の突然の病気による欠勤です。
突発的に起こることですから、何時起こるかを正確に予測する事は出来ません。
こうした事態が頻発すると、自分自身に働く意思があっても職場での就労の妨げとなってしまう事もしばしば起こる様です。

私たちの人間は誰しも先の人生を正確に予測する事は出来ません。
人生の中で「やりたい事」や「やらねばならない事」など自身で見通せているものはごく一部で、大部分は自分自身ではまだ見えていない、または不意に訪れたりします。

不意に訪れるアクシデントの中には上手く避けることが出来ない事象も多々あります。
突然発生する訳ですから、基本的には起こった時にあらゆる対処法を考え、講じられる手立てを実行する以外に方法はありません。
しかし事前にある程度想定し、時間・労力・お金などの準備をする事で受ける被害を最小限にとどめる事は可能。
その中で比較的容易に事前準備が出来き貯めておけるのは「お金」だけです。
日頃からしっかりとお金の事前準備ができていれば、 起こる不測の事態にも対処可能で、ダメージを軽減できるはずです。
さらに「備えている」という心の余裕は、より良い対処法を導き出すかもしれません。

「緊急事態発生!」
その時に余裕を持って対応出来る様な人生にしてみませんか?

 

(倉田壮一)

モスシ?ーハ?ーに垣間見る、これからの高齢化社会の在り方

マネースクールUNOの岡です。

おかげさまで、私達マネースクールUNOのセミナーには、連日多くの方にご参加いただい
ています。

その参加者の多くから「老後が不安」といった声をよく聞きます。 20代や30代の方から、
結婚資金や教育資金の心配ではなく、「老後にはいったいいくらお金が必要なのでしょう
か?」だといった質問をいただくこともあります。

消費税率は今後どうなるのか、国の借金が1000兆円超、少子高齢化といった不安を煽る
フレーズを聞くと、若い世代でさえ将来に不安を覚えてしまうことも不思議ではありま
せん。 今回は、老後のお金について考えてみたいと思います。

Oka

さて、実際に老後にはどれくらいのお金が必要なのでしょうか?

生命保険文化センターの「平成25年度 生活保障に関する調査」における、18歳から69歳
までの現役・リタイア層を対象にした、夫婦2人での「老後の最低日常生活費」「ゆとりあ
る老後生活費」の金額についての質問の答えが「最低日常生活費で平均22万円、ゆとりあ
る老後生活で平均35.4万円」となっています。

夫婦2人で老後を過ごす期間を25年(60歳から85歳まで)とするならば、「ゆとりある
老後生活費35.4万円×12カ月×25年=1億620万円」
となります。
生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」

「1億円!」と聞けば、気が遠くなってしまいますが、(もらえる金額が少なるかもしれ
ませんが)公的年金をもらえることを考えれば、1億円までは必要ではないかもしれませ
ん。

持ち家か賃貸かの居住状況や、都会暮らしか田舎暮らしかといった住む地域によっても
当然差があるはずですから、あくまでも参考の金額と考えるべきでしょう。

ちなみに2013年「家計調査報告(家計収支編)」(総務省)によると、高齢夫婦無職
世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1カ月の家計収支は「支出が
約24万円、月々の赤字が約5万円」
となっています。

ということは、「5万円×12か月×25年=1500万円」が、老後に必要な平均金額となる
のかもしれません。 総務省「家計調査報告書(家計収支偏)」 

私が見る限り、インターネットなどの情報サイトでは、「老後までには年金以外のお金で
2000万円?4000万円が必要」
と書かれていることが多いように感じます。

おかれている環境や生活水準によって準備すべき金額は違うかもしれませんが、仮に2000
万円を20年間で貯めようとするならば、毎月約83,000円の貯蓄が必要だし、30年で貯め
ようとするならば約55,000円の貯蓄が必要
という計算になります。

「毎月5万や8万の貯蓄なんて無理!」だとあきらめないでください。

この計算の中に「投資」というものを加えれば、20年や30年の時間をかければ誰だって
目標のお金を手にすることが出来ると、私たちUNOのスタッフは信じています。

そして、その投資の正しい方法を私達は伝えていきたいと考えています。

そして、これからの高齢化社会で最も大切なのは、「働く」ということかもしれません。
一般的に、60歳や65歳が定年退職の年齢にはなりますが、これからの時代は、望む望まな
いにかかわらず、「60代は現役世代」の世の中になっていくように感じます。

皆さんは、「モスジーバー」という言葉を聞いたことがありますか? 大手ファーストフード
店のモスバーガー五反田店では、在籍するアルバイト店員の2割、約10名が60歳以上だ
そうです。

親しみを込めて、彼らは「モスジーバー」呼ばれています。 そもそも高齢者のスタッフを
雇用したのは「人手不足から」(広報担当者)で、積極的に高齢者の働き手を求めたわけ
ではなかったらしいのですが、雇用してみると、予期せぬ嬉しい“副産物”があったとの
こと。

「高齢者の方々は無遅刻無欠勤で非常に真面目に働いてくれる。それにお客様の反応も
良かった。弊社は若い世代が中心の客層でしたが、同世代の方が働く姿に安心感がある
ためか、高齢者のお客様が増えるという相乗効果もありました」と、スタッフの評判も
上々の様子。

お客さんからも、「おじいちゃんやおばあちゃんの笑顔は、マニュアルにはない温かみが
感じられて和みます。自分の親くらいの人が明るく頑張って働いている姿を見ると、
なんだか励まされているように感じる。若い私も頑張らなきゃと思えるんです。」との
声があるようです。

日本の65歳以上の人口は、昨年9月時点で3186万人、総人口の25%を占め、今や4人に
1人が65歳以上という時代。 でも彼らは、一昔前の“年寄り”とは違います。 介護なしで
元気に生活できる「平均健康寿命」は男性70.42歳、女性73.62歳と伸びており、
「体も元気でまだまだ働きたい」という気持ちを持つ人が多く、最近は定年後の生きがい
や経済的理由から、生涯現役を希望する高齢者が増加しています。

そして、こうした高齢者の勤労意欲の受け皿となる「高齢者でも働ける場所」がこれから
増えてくるはずです。

お金でお金を増やす「金融所得」と、額に汗して働く「勤労所得」の程よいバランスが、
これからの高齢化社会には、必要不可欠だと思います。

                                 (岡 知宏)

人は何と学ぶべき事が多いのだろう

マネースクールUNOの倉田です。

先日、私の子供が1歳の誕生日を迎えました。

子供の成長を見ていて改めて実感させられたのは…

私をはじめ、皆さんが日常、普通に行っている
ご飯を食べる、友人と話をする、紙に自分の意思を書き記す、親友と旅行に行く・・・

そんな、人間が日常生活における基本的な行動は、実は非常に高度な知能と感覚と経験の
複合体なんだということ。

Happy

1年前のある朝に3408gで生を受けた我が子。
生態を維持する為の基本的な機能(呼吸等)はキチンと備わっている事にまずは安堵した事
を覚えています。
しかし、当然のことながら、それ以外はまったく「人間」としての機能は有していません、まさに
“白紙”。

そこからこの1年間で多くの機能を獲得しました。

感情表現はただ単に、泣くだけから、笑ったり、怒ったり使分けるようになり、最近は言葉には
なっていませんが発声や歌のような物で何かを伝えようとしています。

栄養摂取は母乳を上手に吸える様になってから、哺乳瓶を駆使し牛乳を飲む様になり、
ストローでジュースを吸う事まで覚えました。
固形物の食事もドロドロの離乳食から、ほぼ米粒など内容物が確認出来るレベルの食事に
なりつつあり、生意気にも少々の好き嫌いを顔と態度で表現する様になって来ました。

移動手段もここ3ヶ月程で激変。
もっぱら他人任せ(おんぶに抱っこ)からハイハイに変化、しかも移動スピードがメチャクチャ
速い!
最近1人で短時間立てるようになり、二足歩行生物としての夜明けは近そうです。

急成長をしたこの1年間。

まさに「人間」が形成されていく過程を目の当りにして、率直に感じた事。
“人間は生まれた後に学び・獲得していった能力・機能がいかに多いのか”という事です。

知るまで・学ぶまで・体験するまではまったく知らない世界、「未知」なる物。
その存在を知り、やり方やその意味を学び、自分自身の頭と身体で実際に経験してみて
初めて、人間の能力になって行く。

この過程は赤ちゃんでも大人でも「人間」であればまったく一緒。

私達は多くの日本人にお金に関する正しい知識が不足していると考えています。
現代社会を生きる日本人は誰でもお金を使っています。
しかし、日本人の多くは正しい知識を成長過程で学ぶ機会が無く、正しい使い方・考え方が
身に付いていません。
その結果「お金の世界の常識」に照らし合わせると、間違った行動をとっている日本人が
ものすごく多く、その結果が実社会の端々に悪影響として現れて来ています。

「子供の将来の為にお金を殖やしたい!」と言いながら、お金がなかなか殖えない仕組みの
預貯金や学資保険ばかりにお金を入れてきた親世代。
その結果、奨学金を使う学生の割合は年々増加傾向をたどり、今や大学に通う学生の半数
以上が奨学金と言う名の借金を背負っています。
つまり、我が子を大学に通わせている親の半数は、子供の学費を工面できていない事に
なります。

「団塊の世代」と呼ばれる60代のサラリーマンは、退職金という名の一時金を手にします。
しかし、今の退職者は現役時代に預貯金など元本保証商品しかした事が無い人がほとんどで、
永い老後の期間を不安に思い、殖えない預貯金以外の方法で何とかしようと金融機関に
相談に行きます。

そこで勧められる金融商品は、その時点で人気になっている投資信託や、不確実な将来予想
に基づいた特定の企業の株式など、大金を手にし気が大きくなった状態で間違った買い方を
してしまった話もたくさん耳にします。

結果、「大事に殖やしていきたい虎の子のお金だから・・・」と言いながら、金融機関に紹介され
た上がるか下がるかを予想する“ギャンブル”に近い買い方で、大切な老後資金に取返しの
つかないダメージを負い、金融機関への怨み節を言う人もいます。

「老後の不安を何とかしたい」と、金融機関や保険ショップに勧められ、現時点ではまったく
不要な死亡保障付の保険商品に毎月多額の保険料をっている若い独身者も多数見受けられ
ます。

しかし、その過剰な保険料が、ただでさえ増えないお給料から毎月引かれ、生活費を圧迫し
ます。
結果、「今の生活や近い将来にやりたい事の為のお金が殖やせない」と相談に来る人。

自分自身が望んでいる未来の結果と、現在自分自身が取っている行動が不一致な例だらけ
です。
しかも正しい事を「知らない」から、何かお金でアクションしている事に満足をし、間違った方向
に進んでいる事にすら気付いてもいない。

赤ちゃんが家の中で両親に見守られながらヨチヨチ歩く。
この段階ならば、多少転んでも大事には至りません。
しかし、交通ルールも十分に理解していないヨチヨチ歩きの赤ちゃんが、大通りの信号を渡る
ことは危険極まりない事です。
自分の子供がそんなシチュエーションに置かれる事があったとしたら・・・ゾッとします!

日本人の多くの「お金」についての状況は、まさにそんな感じです。

人生で大切な事やりたい事は、人それぞれに沢山あり。
資本主義社会の中で、その全てを叶えて行く為にはお金がかかります。
生まれてすぐに、立って歩ける赤ちゃんはいません。
ただし、いつか人生の大通りを渡りたい・渡らなければいけない時は来ます。

その時までに「お金」についての正しい知識は絶対に必要です。
私達は、多くの人がその能力を付けて、自分自身が望む方向に進めるようになるための学びの
場を提供しています。
ぜひマネースクールに参加し、人生の「学ぶべき事」を身につけて頂きたいと思います。

                                                (倉田壮一)

温泉とマラソンに見る「幸せの法則」

私の趣味はと問われれば… 

自然と声に出るのは、「温泉」と「マラソン」ということになる。

 

私が住んでいる長崎はすぐ近くにいくらでも温泉がある。

有名なところでは雲仙・小浜(おばま)温泉だろうか。雲仙は硫黄の匂いが強く、個人的
に好きな温泉のひとつ。
一方の小浜は「しお湯」であり冬は湯冷めしないと言われる名湯。

いずれも自宅から1時間から1時間半で行ける。入浴料金も100円から150円と色んな意
味で魅力的。

長崎から、少し外に出ると佐賀県の武雄温泉や嬉野温泉、その他熊本、大分県に至っては
数え切れないくらいの温泉がある。

何故温泉が好きなのかというと、お湯に浸かっているのが心地よいというのは勿論だが、
車での道中の景色の楽しさや、今流行の「道の駅」での買い物。気の置けない友人との
ゆっくり話せる時間の楽しさであろうか。
こだわりというほどのものではないが、あまり観光化された温泉より昔ながらの風情の
ある自然そのままの温泉(源泉・かけ流し)に心躍らされる「好み」は心に秘めている。

Onsen

一方のマラソンは…

かれこれ25年以上走り続けている。

多い時には、一年で24回位(10キロ・ハーフ・フルマラソン)大会に出ることがあった
が、今は半分くらいだろうか。
知らず知らずのうちに、マラソンでの全国制覇が目標となり、現在は47都道府県のうち
28都道府県を制覇した。
海外ではホノルルと慶州も完走。

ウルトラマラソン(四万十川100キロ)にも出場し2回目で完走することができた。

フルマラソンとウルトラマラソンの初めての完走した瞬間、感極まって溢れた涙は、
きっと一生忘れる事が出来ない、最高の思い出である。

 

仕事を終えた後の夜や休日に練習。以前は週4?5日練習したものだが、最近は2日位に
なってしまい、そんな調子でフルマラソンに出ると案の定30キロ辺りからスタミナ切れ
になって後悔先に立たず。

以前は、遅くてもタイムを気にしていたのだが、近頃はマラソンを走る事を楽しみ、完走
することを目標に切替えようと思っている。

そんな「温泉」と「マラソン」… 

私の人生にとっては切っても切れないセットである。

友人とマラソン前日からの一泊旅行を計画し、道中に温泉に入り、道の駅で買物をして、
旅館に着いて一杯飲んでまた温泉に入る。翌日マラソンが終わればまた温泉に入り疲れを
取り帰ってくる。
最近は、宿泊先である農家民宿等を探して行くのも楽しみの一つに加わって、本当に楽し
い 楽しい 楽しい趣味なのだ。

しかし、マラソンの完走も温泉の効用も短期間には達成できるものではないのは皆さんも
ご存知だろう。

マラソンは毎日少しずつであっても練習を長く続けることが第一歩。
温泉も湯治と言われるように一回入浴したくらいで劇的な効果は期待出来ない。

どちらもコツコツなのだ。
達成を思い浮かべてワクワク、今そこにむけて頑張っている自分の姿にワクワク。この
ワクワクを重ねて楽しむ。

そう考えると、私たちが日々世に訴えている資産運用も「温泉の効能」「マラソンの完走」
も同じだということに気づかされる。

「少しずつでも一歩一歩、そしてずっと長く長く」が大切。

 

ワクワク、コツコツ、ワクワク、コツコツの繰り返し。

資産運用もじっくりと取り組んでこそライフプランニング制覇という「歓喜の瞬間」に
出会える。本当に人生に欠かせないものとの出会いはそういうものなのだろう。

 

とてもしっくりくる『幸せの法則』だ。

 

そんなことを思いつつ、次のマラソンと温泉の旅へと想いを馳せる。
               

                                                                                      (伊藤雅男)

伊藤雅男(株式会社ソフィア・ウィング)
損害保険会社勤務23年、保険代理店として独立して24年という経験を活かし、顧客一人
一人の将来が一段と明るくなるようなコンサルティングを心掛けている。1年に20回は
市民マラソンに参加する健全なスポーツマン精神が、どこまでもポジティブで信頼出来る
助言を生む。「出会いの喜び」…それが彼のエネルギーの源泉。
http://www.sophia-wing.com/

大正生まれのおばあちゃんの葬儀で「お金」と「絆」について物思い

マネースクールUNOの岡です。

先日、私の父方の祖母が亡くなりました。
祖母は、大正生まれの93歳、ここ数年は痴呆が進み、1年前からは介護施設に入所していました。
とはいえとても健康で、毎日の食事は自分できちんととっていたようです。
亡くなった日も自分で夕食を取り、夜中にトイレに行った際に他界しました。
特に苦しんだ様子もなく、いわゆる「大往生」だったと思います。

翌日の葬儀に私も参列しましたが、改めて「家族」というものを考えさせられる日になりました。
祖母には5人の子供、11人の孫がいます。
今の家庭で子供が5人というと、大家族ということになるかもしれませんが、現在42歳の私の親世
代にとっては、ごくごく一般的な家庭だったと思います。

厚生労働相発表の合計特殊出生率の推移をみると、いわゆる第一次ベビーブーム(昭和22年?
昭和24年)のころの合計特殊出生率は4.3を超えていました。
(※合計特殊出生率とは、その年次の15?49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの。
1人の女性が、仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に子どもを生むと仮定したときの子ども
数に相当します。「一人の女性が一生の間に生む子どもの数」と考えてください。)

つまり、昭和20年代前半の家庭には平均で4.3人の子供がいた計算になるわけで、統計上で
は、私の祖母の家庭は、ごく普通の家庭だったわけです。
この出生率、少子高齢化が叫ばれるように年々下がっていき、昭和50年には2.0を下回り、低下
傾向が続いています。
一般的には父親と母親がいて子供が生まれるわけですから、出生率が2.0を割り込むということ
は、当たり前ではありますが、日本の人口はどんどん少なくなることを意味しています。

現在は核家族化が進み、一人っ子の家庭も増えてきているようです。
サザエさんの磯野家のような家庭が少なくなり、ドラえもんののび太くんのような家庭が増えてきた
のが今の社会なのでしょう。

祖母の葬儀は、家族葬的に行ったつもりですが、さすがに90歳まで生きた人間の葬儀と言うこと
もあり、多くの方に参列いただきました。
自分の子供だけでも5人いるわけですから、親戚の方もそれなりに多く、中には私が初めて顔を
合わせる親戚の方もいました。

大正時代に生まれ昭和の時代を生きた祖母の葬儀に参列し、「昭和に生まれて平成の時代を
生きる私達世代の葬儀はどんな形になるのかな?」ちょっぴり考えてしましました。

孤独死という問題も叫ばれる現代、少子化だけでなく、日本では生涯未婚率が上昇してきている
ことを合わせて思うと、家族だけではない、いろんな社会のコミュニティーが必要ではないかと
思いました。

老後の生活にはお金は確かに必要ですが、お金以外の「絆」や「つながり」も大切かな、そう感じ
させてくれた祖母の葬儀でした。

厚生労働省:平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/kekka02.html

Blog_oka_4
岡 知宏
「投機・マネーゲーム」を勧める仕事からの脱却と自己浄化を経た現在の彼が顧客に対して考えることは「幸せになるお金を手に入れさせてあげたい」ということ。お金の闇を熟知したからこその正しさは際立ちます。広島県出身、1972年生まれ。