あなたの「結婚したいな~」、それホンネですか?

マネースクールUNOの倉田です。

先日、内閣府より「少子化対策白書」なるものが公表されました。 主な内容は下がり続ける出生率とその下落原因、そして行政として考え・取り組んでいる対策の数々を紹介しているという構成です。

kurata

そんな中、冒頭では少子化のそもそもの原因のひとつである「結婚に対する現状と意識の変化」について触れており、過去に行われた幾つかの意識調査の結果も交えた考察が掲載されています。

40歳時点で結婚していない人の割合(未婚率)は年々上昇し、今や男性35.6%、女性23.1% つまり男性で3人に1人、女性で4人に1人は人生の半ばに差し掛かっても結婚をしていないという状況。 さらに男性の生涯未婚率は20%を超えており、5人に1人は一生結婚しないという現実です。

白書内の意識調査の結果で未婚・晩婚増加の理由トップ3は、

・独身の自由や気楽さを失いたくない(男性2位、女性1位)

・経済的余裕が無い(男性1位、女性2位)

・結婚の必要を感じない(男女とも3位)

年々、少しずつ社会的自由度を高めてきた女性が、結婚という旧来からの続く社会慣習を機にある種の束縛を受けてしまうという現実に対する抵抗感。 そして、この10年程の間に経済的余裕と将来の伸び代の減退を意識させられた男性が、家族を支える自信を失くしつつある状態。

その結果、結婚しても束縛され余裕をもてない現実が待ち構えているのであれば、あえて結婚という選択をしない。 多くの男女が結婚その物に意味や価値を見出せなくなってしまった様です。

ところが、20代独身者の結婚に対する意欲は男女共に概ね10年前よりも上昇しています。 特に女性の意識は高く、20代の正規雇用者のうち「結婚意欲がある」と答えた人の割合は80%を超えています。 私たちのマネーセミナーに参加し、その後の個別相談会で話を聞く多くの未婚の女性が将来のビジョンについて「いつか結婚したいと思っています!」と答えるケースがほとんどで、この意識についての統計結果については納得がいきます。

しかし、その高い意識を持っていた20代男女が30代を経ても高い確率で結婚できずにいる結果には思うところがあります。 白書で子供を持たない原因としても触れられている通り、この十数年間横ばい又は減少し続けた個人の収入状況とそれを補う為の若年層の長時間労働、そして家庭・子供を持つ事に優しいとは言い難い数々の制度。 法制度や税制そして企業側の姿勢等、社会の仕組みとしての外部環境の問題は確かに大きな一因だとは感じます。

ただ、もうひとつ大きな原因があると考えます。 それは内部の問題、つまり自分自身の心と環境の準備が出来ていない事です。

私が個別相談を受ける、多くの独身者は「結婚したい」と発言しますが、「いつか・・・」「出来れば・・・」と言う補足が付き、多くの人は本気で具体的な行動を起こしてません。

時間が無い・忙しい事は皆が共通、1日が24時間なのは皆に公平です。 白馬の王子様や未来のパートナーはボーっと歩いていても道に落ちてません!

そして、現在の状況を聞いていくと、今現在の生活や趣味や旅行を楽しむ為のお金は十分使っているのに、本人が近い将来の希望のなかで優先度が高いと思っているにもかかわらず結婚の為の十分な資金確保が出来ていないケースが男女共に多く見受けられます。

たとえ結婚しても・しなくても、私達は望んだ形で生きていくためには多くのお金を必要とします。 夢を手にする為のお金は自然に湧いてはきません! 社会の仕組みが変わるとしても相当な時間がかかります。 その間も私達はどんどん年齢を重ねていってしまい、結婚条件の悪化や出産の時間切れを迎えてしまいます。

人間は今の年齢で立ち止まることはできません。 自らの希望を叶えたいと思うのであれば、自分自身で準備をしていく事が夢や望みを引き寄せる最も確実性の高い方法です。

結婚する事が全ての人に良いことではありませんが。 実現したいと思っている事が『本心』ならば自身の今後を真剣に考え・学び・行動を起こし・準備を整えるべきです。

あなたの「結婚したいな~」、それは本音ですか?

(倉田壮一)

◼︎ 内閣府・少子化社会対策白書 http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/index.html

 

 

自分たちの未来は「じぶんごと」として自分達が決める!

マネースクールUNOの倉田です。

師も走るほど忙しい「師走」。
今週末、年の瀬迫る忙しいタイミングに行われる第47回衆議院議員総選挙。
選挙のたびにいつも話題になるのが「投票率」という数字です。

調べてみると過去最高の投票率は第1回衆議院議員総選挙(1890年)の93.91%
しかしこの時は有権者が限られていた時代で、当時の日本の総人口4000万人の1%にしか
投票の権利が与えられていませんでした。

現在とほぼ同じ男女普通選挙制度が採用された戦後初の第22回衆議院議員総選挙
(1946年)で72.08%。
そして過去最低の投票率を記録したのが前回の第46回衆議院議員総選挙(2012年)で
投票率は59.32%。

話題性のある選挙(第44回の郵政解散・第45回の民主党政権誕生)の時は急激に数字が
戻ったりしていますが、基本的に段々と下落傾向をたどり、過去3回あった投票率50%台の
総選挙は全て最近の6回に含まれています。

今回の総選挙は投票前から「最低投票率の記録が塗り替えれれるのでは!?」と噂されています。

日本の投票率は世界的に見ても「中の下」と言ったところで、80%超という投票率も珍しくない
北欧諸国などは例外としても、概して低い方に入ります。

全体の投票率と共に問題視されるのが、20・30代の若い有権者の投票率の低さです。

 

S_nendai22

衆議院議員総選挙年代別投票率の推移公益財団明るい選挙推進協会ホームページ より)

昭和44年以降は年齢別で20代の最下位が定位置となっていることは変わりませんが、平成
2年以降は50・60代との差が拡大しているのが見て取れます。

しかし、平成2年以降に20・30代になったその世代の人達が年を取ってもずっと投票率が
低いままかと言うとそうでは無く、平成8年の総選挙時点で20代だった人達の率は36.42%
でしたが、平成17年の総選挙の時には30代となっておりその時の投票率は59.79%に
急上昇しています。

人は単純に年と共に「政治」への関心が湧き、その選挙時点でタイムリーな話題がある時は
投票率が上がると言う単純な傾向になっているようにも見て取れます。

しかし裏返して考えると「いつの時代も若い人達は政治に関心が薄い」と言うことになります。

では、若い世代は自分達が生活している社会・経済環境を全面的に良しとし、投票に行く必要
が無いと思っているのか?

そうではないと思います。

私達のセミナーを受講しその後の個別相談には20・30代の若い方もたくさん参加されます。

置かれている環境や目指すものは人それぞれバラバラですが、ほとんどの人が現在の自分
自身の現状に十分満足しているという感じはありません。
何となく生きていけている現在の社会・経済環境の中で悶々とした違和感を抱えています。

さらに、今後年齢を重ねて行った時、自身と家族を取巻く雇用環境、将来もらえるであろう年金
等の社会保障に対しほぼ全員が何らかの不安を持っている様に感じます。

つまり潜在的な『不安・不満』は一杯持っているんです!

その不安・不満を解消する1つの方法として、私達はセミナーや個別相談で、自助努力による
金銭面で自分自身の将来を切開いていくヒントをお伝えしています。

ただ、将来に自分一人だけが満たされたとしても、社会全体が荒廃しては本当の意味での
「住み良い未来」にはなりません。
皆が望む様な社会を実現する為のもう1つの方法が『選挙で投票をし、自らの意思表示をする』
こと。

つまり、『選挙に行く!』という事です。

 

「自分が投票したからって世の中はきっと変わらない」

「投票したいと思わせる候補者がいない」

「仕事・家事が忙しいし、面倒くさいから投票に行かない」

色々な理由で投票に行かない若い人が増え、自分達の世代が抱える問題を解決する可能性
を自ら放棄し、誰かが解決してくれるのを待っている・・・

自ら努力しなかった者に、自らが望んだ物は絶対に手に入れられません。

 

自分達の未来は誰かが決めてくれるんじゃない、自分達で決めていくのです!

 

同じ低投票率の若年層(30代)として言います。

消費税、アベノミクス、外交・安全保障、社会福祉、地方分権、女性活躍推進・・・

「ややこしい・・・」

「むつかしそう・・・」

「争点がよく分からない・・・」

でも、思うところ・考えるところ・言いたいことは人それぞれメチャクチャ有るはず。

とにかく、今週末は皆さんに与えられた権利を行使し、自らの意思表示をしてください。

結果が正しかったか正しくなかったかではない。

行動そのものが、いつか自分達の未来をより良い方向へ導いてくれるはずです!!

                                             (倉田壮一)

人は何と学ぶべき事が多いのだろう

マネースクールUNOの倉田です。

先日、私の子供が1歳の誕生日を迎えました。

子供の成長を見ていて改めて実感させられたのは…

私をはじめ、皆さんが日常、普通に行っている
ご飯を食べる、友人と話をする、紙に自分の意思を書き記す、親友と旅行に行く・・・

そんな、人間が日常生活における基本的な行動は、実は非常に高度な知能と感覚と経験の
複合体なんだということ。

Happy

1年前のある朝に3408gで生を受けた我が子。
生態を維持する為の基本的な機能(呼吸等)はキチンと備わっている事にまずは安堵した事
を覚えています。
しかし、当然のことながら、それ以外はまったく「人間」としての機能は有していません、まさに
“白紙”。

そこからこの1年間で多くの機能を獲得しました。

感情表現はただ単に、泣くだけから、笑ったり、怒ったり使分けるようになり、最近は言葉には
なっていませんが発声や歌のような物で何かを伝えようとしています。

栄養摂取は母乳を上手に吸える様になってから、哺乳瓶を駆使し牛乳を飲む様になり、
ストローでジュースを吸う事まで覚えました。
固形物の食事もドロドロの離乳食から、ほぼ米粒など内容物が確認出来るレベルの食事に
なりつつあり、生意気にも少々の好き嫌いを顔と態度で表現する様になって来ました。

移動手段もここ3ヶ月程で激変。
もっぱら他人任せ(おんぶに抱っこ)からハイハイに変化、しかも移動スピードがメチャクチャ
速い!
最近1人で短時間立てるようになり、二足歩行生物としての夜明けは近そうです。

急成長をしたこの1年間。

まさに「人間」が形成されていく過程を目の当りにして、率直に感じた事。
“人間は生まれた後に学び・獲得していった能力・機能がいかに多いのか”という事です。

知るまで・学ぶまで・体験するまではまったく知らない世界、「未知」なる物。
その存在を知り、やり方やその意味を学び、自分自身の頭と身体で実際に経験してみて
初めて、人間の能力になって行く。

この過程は赤ちゃんでも大人でも「人間」であればまったく一緒。

私達は多くの日本人にお金に関する正しい知識が不足していると考えています。
現代社会を生きる日本人は誰でもお金を使っています。
しかし、日本人の多くは正しい知識を成長過程で学ぶ機会が無く、正しい使い方・考え方が
身に付いていません。
その結果「お金の世界の常識」に照らし合わせると、間違った行動をとっている日本人が
ものすごく多く、その結果が実社会の端々に悪影響として現れて来ています。

「子供の将来の為にお金を殖やしたい!」と言いながら、お金がなかなか殖えない仕組みの
預貯金や学資保険ばかりにお金を入れてきた親世代。
その結果、奨学金を使う学生の割合は年々増加傾向をたどり、今や大学に通う学生の半数
以上が奨学金と言う名の借金を背負っています。
つまり、我が子を大学に通わせている親の半数は、子供の学費を工面できていない事に
なります。

「団塊の世代」と呼ばれる60代のサラリーマンは、退職金という名の一時金を手にします。
しかし、今の退職者は現役時代に預貯金など元本保証商品しかした事が無い人がほとんどで、
永い老後の期間を不安に思い、殖えない預貯金以外の方法で何とかしようと金融機関に
相談に行きます。

そこで勧められる金融商品は、その時点で人気になっている投資信託や、不確実な将来予想
に基づいた特定の企業の株式など、大金を手にし気が大きくなった状態で間違った買い方を
してしまった話もたくさん耳にします。

結果、「大事に殖やしていきたい虎の子のお金だから・・・」と言いながら、金融機関に紹介され
た上がるか下がるかを予想する“ギャンブル”に近い買い方で、大切な老後資金に取返しの
つかないダメージを負い、金融機関への怨み節を言う人もいます。

「老後の不安を何とかしたい」と、金融機関や保険ショップに勧められ、現時点ではまったく
不要な死亡保障付の保険商品に毎月多額の保険料をっている若い独身者も多数見受けられ
ます。

しかし、その過剰な保険料が、ただでさえ増えないお給料から毎月引かれ、生活費を圧迫し
ます。
結果、「今の生活や近い将来にやりたい事の為のお金が殖やせない」と相談に来る人。

自分自身が望んでいる未来の結果と、現在自分自身が取っている行動が不一致な例だらけ
です。
しかも正しい事を「知らない」から、何かお金でアクションしている事に満足をし、間違った方向
に進んでいる事にすら気付いてもいない。

赤ちゃんが家の中で両親に見守られながらヨチヨチ歩く。
この段階ならば、多少転んでも大事には至りません。
しかし、交通ルールも十分に理解していないヨチヨチ歩きの赤ちゃんが、大通りの信号を渡る
ことは危険極まりない事です。
自分の子供がそんなシチュエーションに置かれる事があったとしたら・・・ゾッとします!

日本人の多くの「お金」についての状況は、まさにそんな感じです。

人生で大切な事やりたい事は、人それぞれに沢山あり。
資本主義社会の中で、その全てを叶えて行く為にはお金がかかります。
生まれてすぐに、立って歩ける赤ちゃんはいません。
ただし、いつか人生の大通りを渡りたい・渡らなければいけない時は来ます。

その時までに「お金」についての正しい知識は絶対に必要です。
私達は、多くの人がその能力を付けて、自分自身が望む方向に進めるようになるための学びの
場を提供しています。
ぜひマネースクールに参加し、人生の「学ぶべき事」を身につけて頂きたいと思います。

                                                (倉田壮一)

「私は美人だからお金持ちと結婚する資格があるの」とご慢心の女性に、世界的投資銀行J.P.モルガンのCEOが喝!!

マネースクールUNOの西原です。

世界的な投資銀行J.P.モルガンのCEOがあるフォーラムに書き込んだ含蓄のある言葉を紹介
する記事を目にしました。

この情報にどこまで信憑性があるのか、我々には確認しようがないのですが… 的確すぎて、
納得できすぎて、カッコいい言葉に間違いなく唸らされてしまいました。

あるアメリカのインターネットフォーラムに25歳の女性が世界的な投資銀行J.P.モルガンの
CEO宛てて


「自分は容姿端麗でセンスも抜群だから、年収4000万円以上お金持ちと結婚する資格が

ある・・・」と大胆な言葉を投げかけました

その上で

「どこに行けばそんなお金持ちに会えるのか?」
「どれくらいの年齢の人を狙ったらいいのか?」
「どうしてお金持ちの奥さんって見た目がフツーな人やそれ以下の人が多いのか?」
「ズバリ、お金持ちは、どうやって結婚する女性を選ぶのか?」

と言ったちょっとおバカなニュアンスの質問を書き込みました。

Photo

この書き込みに対して、何と! J.P.モルガンのCEOが優しくユーモラスかつ手痛く回答
しているのです。

『年収4000万円以上というワクに入る一人のプロの投資家としてお答えすると… あなた
のように「美しさ」と「お金」を交換しようとしすると、そこには重大な問題が生じます。

私の収入はきっと年々増えていきますが、あなたの言う「美しさ」は年々確実に目減りして
いくという事実です。
私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりする資産」。 それも間違いなく急激に
下がっていく資産です。

ウォール街では、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。売買するものの価値
が落ちるとわかれば、私たちはすぐにそれを売ってしまいます。「長期保有」することに
意味がないのです。しかし、結婚というのは「あなたを長期的に保有すること」なのです。

極端な言い方かもしれませんが、あなたを資産として考えた時、「短期保有」のほうが
賢い選択です。

もっと言えば、レンタルで十分。保有する価値がありません。

年収4000万円を稼ぐ人はきっとバカではないので、あなたとデートすることはあっても、
結婚することはないでしょう。

レンタルでも良いというのであれば、私にご連絡くださいね。

お金持ちと結婚する方法を探すよりも、ご自身がお金持ちになってはいかがでしょうか?
 …これが私からあなたへのアドバイスです。』 (要約)

さて、私はこのセンスあふれる投稿をなぜここでご紹介したのでしょうか?

自身の美貌におごれる愚かな女性を笑い飛ばすため?
J.P.モルガンCEOの懐の深さを絶賛するため?

いえいえ。

短期保有にしか値しないような先が見えている商品は、打算的にデートだけならするし、
レンタルで良ければお付き合いしましょう。
でも、長きにわたる人生の伴侶を考えるのならば「長期」。

私たちのスクールでお話しする資産運用では、基本に「長期保有」という絶対的な条件が
あり、一方の「短期保有」を「マネーゲーム」というジャンルで括って語ります。

「一か八かのスリルを愉しむ」ゲームであることを理解して挑むのであれば、ゲームも
いいでしょう。人生の本質にはなり得ませんが、それも人生を面白おかしくする機微には
なるかも知れません。

でも、私たちは人生を計画して投資という手段で達成するために「長期保有」、いわゆる
「真面目な結婚」をしているのです。

この投資の最前線で闘い続ける世界的な投資銀行J.P.モルガンCEOの返信は、短期保有と
長期保有が人生設計というステージにおいて何を意味するものなのか、どういう役割を
果たすものなのか、そのコントラストを明確にしています。

「長期」と「短期」に対する意見や姿勢に数パーセントの曖昧さがありません。
どちらが正しいとか間違いとかではなく、「短期」はどこから見ても、どこまで行っても、
どう贔屓目に見ても「短期」でしかない… そんな明確なニュアンス。

? 一生の伴侶(長期)=人生に大きく関わるもの

? デートだけの相手(短期)=人生というスケールでなく目先を華々しく飾るもの

一瞬目にして人の欲望をくすぐる目先のものは、その瞬間の美味しさをむさぼるものでしか
ない。
一番、安定的で穏やかな人生という長い時間を満たしてくれるのは、一生の伴侶となれる
ような長期保有できる商品。

遊びや射幸心の打算的満足のためでなく、自分の人生というある意味、壮大なテーマと
向き合っている私たちはどちらをチョイスすべきでしょうか?

その答えは、火を見るより明らかですね。

私たちはほんの一瞬の幸福感や快楽でなく、素晴らしい人生を作りたいのです。

                                  (西原 朗)

平均初産年齢と年金問題 をマジに考えてみる

マネースクールUNOの有村です。

先日の母の日、皆さんは何かプレゼントをされましたか?  

私は母に割烹着をあげましたが、その後友人達のSNSを見てみると可愛いチビッ子がママと思しき似顔絵を手にはにかんでいる写真と共に「まさか自分が母の日にプレゼントを貰う側になるなんて感激!」的な文章があまりに多くて動悸が止まりませんでした。 こないだ出産祝いをしたばかりだと思っていたのに、よその子の成長は早いですね・・・。

さて、先ごろより年金受給年齢の引き上げが議論されている事をご存知でしょうか? 現在段階的に引き上げられている公的年金ですが、これを自身で選択すれば75歳まで繰り延べできるようにする案があるようです。

また一方で、一律67歳?68歳に受け取り年齢を引き上げるという案も出ており今後の論議を注視していきたいところなのですが。 こういう議論を見ていると、「何歳まで働かないといけないんだ・・・」と絶望的な気持ちになりますね。

ここから劇的に寿命が伸びるということは恐らくないでしょうし、働き詰めで一生を終えるのでしょうか。 そこに加えて、初産の高齢化です。

1

平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況より作成 このデータによると、平成23年にはとうとう初産の平均年齢が30歳を超えています。実際、私自身も未婚・子供なしですし、日々のご相談の中では30代後半や40代での出産の話を聞くことも珍しくはありません。

医学も進歩しましたし、大人同士の結婚は地に足が着いているという感じがしてとても好感が持てます。ある程度、独身時代に自由を謳歌した分、きっといい家庭を築けるでしょう。 ただし、子育て費用となると話は別です。仮に40歳で出産した場合、子供が大学を卒業する頃には親は62歳。35歳で出産したとしても親は57歳・・・。

つまり、私・・・というか
出産年齢の高い人たちは自分自身の老後の蓄えを用意する時間が我々の親世代に比べて極端に少ないということなんです。

昭和50年には、初産の平均年齢が25.7歳ですから子供の大学卒業時でも親は48歳。まだまだ現役ですし、一般的な定年である60歳までは12年もあります。12年あれば、年間100万貯めたとしても1200万は手元に残ります。

それに、同じく昭和50年の郵便局定額預金3年以上の金利は驚きの7%ですから、子供の学費をさっさと用意してしまって、早めに自分たちの老後資金を準備することも可能だったのではないでしょうか。

そして冒頭の年金問題。
我々の年金受給年齢がどんどん引き上げられていくのであれば、その年齢まで当然働かなくてはいけませんが、そこまで雇用してもらえるのか・・・あるいは体がそこまで丈夫でいられるのか。

子育てが終わってからダッシュで貯めようにも時間はないんです。 脅かす訳ではありませんが、ここまで数字ではっきり出てくると何らかの対策を打つ必要があると思いませんか?

素直に親の言う通りに貯金ばかりしている場合ではないとは感じませんか?

もし、少しでも心にひっかかりがあれば是非セミナーにお越し下さい。