あなたの知らない世界第VOL.2〜商品先物取引について

マネースクールUNOの岡です。

大好評?の「あなたの知らない世界」シリーズ。
今回は「商品先物取引」について書いていきます。
 

皆さんは「商品先物取引」って、ご存知ですか?

商品先物取引とは、簡単に言うと、貴金属・農産物・工業品といった「モノ」の、
将来の値上がり、値下がりを予想してその「モノ」を売買することです。

具体的に何を買うかというと、代表的なものとして、
貴金属では「金」「プラチナ」、
農産物では「とうもろこし」「コーヒー」「お米」、
工業品では「原油」「ガソリン」「ゴム」、こういったものです。

「こんなものまで投資の対象になるの?」といったものには、
「鶏卵」「ブロイラー」それと「ジャガイモ」なんてものもありました。
  ※現在は取引されていないものも含まれています

私は財コンに入社するまでは、この「商品先物取引」の会社に17年間勤めていました。
お客さんはいわゆる「富裕層」の方が多く、医者、会社経営者、大学教授など。
その「モノ」の値段が上がるか、下がるか、その予想を一生懸命お客さんに伝え、
「金」や「原油」を買ってもらう仕事です。

A0002_000175_m_2
どんな風に予想を伝えるか?例えば・・・

 「今年の夏は猛暑で大変でしたね。
  夏バテで体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?

  実は、夏バテで体調を崩したのは人間だけではありません。
  ニワトリも体調を崩しています!

  体調を崩したニワトリは卵を産まなくなるんです。
  そうすると、卵が品薄になる・・・

  今のうちに卵を買って、値上がりした時に売って儲けませんか?」

こんな話を、お客さんである「医者」や「大学教授」にしていました。
      
みなさん、想像してください!
病院の診察室の奥で、大の男が「卵」の値段予想を話し合う・・・
おそらく滑稽に感じるはずです。

でも、これと同じことが銀行や証券会社の店頭で行われているんですよ。
例えば証券会社で、

「この会社のこの新製品は必ずヒットするはず。
 今のうちにここの会社の株を買いませんか?」

あるいは銀行で

「ブラジルはこれからオリンピックとワールドカップが控えているから、
   まだまだ経済発展するはず。だから今のうちにブラジルの通貨、
   レアルで運用する投資信託を買いませんか?」

それが「卵」であっても「株・投資信託」であっても、
「将来の予想をもとに、お金を動かす、何かを買う」事に変わりがありません。

そしてそれは、「資産運用」ではなく「マネーゲーム」です。
にもかかわらず、多くの日本人は「お金を増やそうと思って、
「ゲーム」に没頭しているのではないでしょうか?

将来のための大切なお金を「ゲーム」で増やすのはナンセンス、
正しい「資産運用」を学び、そして実践して行って欲しい、
そんな思いで、私は今、財コンのインストラクターとして頑張っています!

ぜひ一度、マネーセミナーに参加してみてください!
スタッフ一同、お待ちしています!

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

あなたの知らない世界第VOL.1〜パチンコ店のマネージャー

「マネースクールUNO」の和田です。

今回「あなたの知らない世界」というシリーズで、あなたを未知の世界へいざないます(笑)
第1回は私の前職についてお話をしたいと思います。
 

皆さんはギャンブルといえば何を思い浮かべますか? 
メジャーなのは、競馬、競輪、パチンコ、カジノ(ラスベガス、マカオなど)といったところでしょうか。

Photo
私は大学卒業後の7年間はカラオケBOX、ボーリング場、テニスクラブ、
パチンコ店等のアミューズメント施設を経営する会社で勤務していました。
その時に、パチンコ店のマネージャー(店長)を経験しました。

パチンコはギャンブルなので、当然ながら大多数の人が負けてお金を失います。
だからこそパチンコ店は成り立っているのですが、中には「パチプロ」といって、
パチンコで生計を立てている人達も存在します。

彼らは閉店間際に台のデータや釘調整をチェックして、
狙い台を定めて翌朝開店前から並びます。そして1日中打ち続けるわけです。

世間一般では、「パチプロ」というのは、
ラクしてお金を稼ごうとしている「なまけ者」といったイメージです。
でも実際に「パチプロ」の話を聞くと、我々が考えているほどラクではないようです。

まず、一日中パチンコするので目が疲れ、肩がこり、腰が痛くなるそうです。 
その点はデスクワークの職業病と同じですね。
また、連敗した時や「稼げる」機種がお店から撤去された時に、
プロとして今後もやっていけるのかすごく不安になるそうです。
パチンコというのは、どんなにいい台を選んでも運とタイミングが悪ければ負けます。

ちなみに当時よく話をした「パチプロ」は1ヶ月平均40万〜50万の稼ぎだそうです。
少ない給料で一生懸命働いている人からすると、腹立たしいかもしれませんね。
でも彼らには仕事によって得られる経験や達成感、人との出会い、
人と喜びを分かち合うといったことはありません。

また、一般の会社員のような社会保障(厚生年金・健康保険・雇用保険など)もありません。
おそらく生命保険も加入していないと思います。 

もし大きな病気をしたり、「パチプロ」としての稼ぎが出来なくなったらどうするのでしょうか?
「もし稼げなくなったら仕事をすればいい」と思っても、
この不景気の時代に定職に就くのは至難の業だと思います。

彼らの話を聞いていると、そんな不安を一生抱え続けるよりも、
時として厳しい環境を経験する事があっても、コツコツ真面目に仕事をしてお金を稼ぐほうが良いと思いました。

コツコツ真面目に稼いだお金を銀行や郵便局に貯金するだけでは、今の低金利ではお金が増えません。
これからは貯金以外の方法でお金を増やすことも検討すべきかと思います。

「どうやって?」と思う人はぜひ「マネースクールUNO」の無料マネーセミナーに参加してみてくださいね!