パワースポット

マネースクールUNOの和田です。

皆さんの中には休日に「パワースポット」を目指してお出かけする方も多いかと思います。例えば、富士山、阿蘇山、明治神宮、伊勢神宮、出雲大社などが有名ですね。私も年に1回は必ず伊勢神宮に行きます。

伊勢神宮は、外宮(げぐう)→内宮(ないぐう)の順番で参拝するのが一般的だと言われています。

内宮には天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られていて、前に立つと背筋がピンと伸び、心も体も引き締まる思いがします。また同時にすごくパワーをもらえる「感じ」がします。

パワースポットの意味を調べてみると「不思議な力が満ちている土地」とのことです。テレビや雑誌で取り上げられると、そこに多くの人が集まります。お目当ては、運勢が良くなったり、病を予防したり、潜在能力を目覚めさせてくれるなどさまざまです。

個人的にはそういったものに科学的な根拠はないのかな?と思います。おそらく運勢が良くなると「感じる」、病を予防できると「感じる」、潜在能力を目覚めさせてくれると「感じる」ことが精神的にも良いことなのかな?と思います。

Power_spot
しかし、お金の世界でこの「感じる」というのはちょっとクセモノです。

例えば・・・

1、今は円高なので、米ドル建ての外貨預金をすれば将来円安になった時に儲かると「感じる」

2、ブラジルはこれから成長するといわれているし、もうすぐワールドカップも開催されるので、今のうちにブラジルの投資信託を買っていれば将来儲かると「感じる

「感じる」というのは「予想する・予感がする」といいかえることもできます。でもそのような「予想・予感」に頼って大切なお金を投じるのはすごく危険な事なのです。

すこし乱暴な言い方ですが、競馬でどの馬が一着になるかを予想するのと同じです。
どんなに偉い学者や政治家や評論家も将来の事はわからないのです。
つまり資産運用をする時は、「将来の事は誰もわからない」という前提で考えないといけないのです。
パワースポットのように「感じる」ではいけないのです!

 「だったらどうしたらいいの?」と思う人も多いでしょう!
その答えは「マネースクールUNO」の無料マネーセミナーにあります。

ぜひお気軽に参加してみてください!

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)