父の背中に見えた「普通の人生」の重み

マネースクールUNOの倉田です。

先日私の父が70歳となり「古希」を迎えました。 「古希」とは中国・唐の詩人である杜甫の「曲江」の一節 「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」 “酒代のツケは私が普通に行く場所どこにでもあるが、70歳まで生きられる人は古くから稀である”に由来するそうです。

当時の平均寿命は50歳前後という説もありますから70歳を迎える事は異例に長生き。 「古希」が長寿として祝いの対象となった様子がうかがえます。 ところが現代日本人の平均寿命は80歳を超え、70歳はあくまで通過点としての認識。 「普通」に生存している年齢と思われています。

kurata

 

私達ファイナンシャルプランナー(FP)は日々多くの人生にまつわるお金の相談を受けています。 身近なイベントの為のお金、子供を育てる過程でのお金、自分と家族の夢のマイホームを買う為のお金、その先の人生を充実させるためのお金等々。 まさに十人十色の相談内容。

相談者は「聴きたい!」と思う内容を絞って相談されますが、私達FPは質問された相談内容にただ単に答えるだけではありません。 なぜその相談をしたのか? その解決策が今後の人生全般にどんな影響を及ぼすかを推測し・隠れた問題点や、より良い方向性はないかを推察します。

私達は相談者に現実的に希望するライフプランを聞いていきます。 「どんな人生にしたいですか?」 この質問に多くの方が「普通」の生活を送り「普通」の家庭を築きたいと答えます。

より詳しく聞くと、相談者の言う「普通」の多くは自分の両親が歩み自身も体験した「自分の実家の家庭像」に近い想像をしている事が多いと感じます。 皆さんが日々の生活や将来やりたい事は、若き日の両親が「やりたい!」と思っていた事と大きく変わってはいません。

 

「美味しい物を食べ、欲しい服を買い、毎年旅行に行きたい!」

「子供や家が欲しい!」

「遠い将来まで、一生困らない生活を続けたい!」

 

そんな日々の「普通」の生活や「普通」の夢を叶える為には、必要なお金を必要なタイミングに用意しなければなりません。 私達の両親が過した時代は真面目に働いていたら全従業員のお給料・ボーナスが毎年「普通」に上がり、コツコツと貯めていた預金・貯金に対し毎年5%以上の利息が「普通」に付いた時代。 金融機関に10年預けたお金は「普通」に2倍に殖えて戻ってきた時代。 誰もが必要なお金を必要な時期までに用意できました。

一方で私達が生活している現在の日本のお金に関する状況は様変わり、預金・貯金はほとんど利息が付かず、一生懸命残業し働いても定期的なお給料の伸びは望めない時代。

しかし、いまだに多くの日本人が自分の両親の時代と同じく「普通」に預金・貯金をしています。 その結果は両親が得られたものとは全く異なり、お金はほとんど殖やす事が出来ません。

自身が「普通」に達成したいと思っている将来の夢は程遠いと感じている人もいるのではないでしょうか?

「古希」を迎えた父。 普通のサラリーマンでありながら、大学卒業まで3人分の学費を全て負担、住宅ローンを余裕で完済、なに不自由ない5人家族の生活を支え切った父。 孫に囲まれ「ジージ」と呼ばれることを楽しみ、派手ではないが余裕のある生活を送る父。

私は自分自身が家庭を築く段になり、父が普通の生活を「普通」に達成する為に重ねた努力と苦労を想像し、昔と比べ小さく感じられるようになった父の背中に凄みを感じました。

「両親の時代とは違っているが、私達も同様に満足できる「普通」の人生を最後まで送りたい!」 多くの方がそう希望をしている事と思います。 両親の世代のお金を殖やす常識であった手段の預金・貯金ではなく、これからの時代を生きる私達世代の常識となる方法を選択しなければ、あなたが考える「普通」の人生は簡単に実現できないかもしれません。

寿命として生存するだけなら多くの人が迎えられるようになった「古希」。 その時、あなたの目の前に広がる人生の風景はあなたが望む「普通」の人生なのか、それとも「普通」を諦めなければならなかった人生なのか。

これからのあなたの行動次第で大きく変わる事でしょう。

(倉田壮一)

「ていねいに暮らす」って?

マネースクールUNOの有村です。

先日、育児休暇中の友人と話をしていてこんな話題が出ました。

「ていねいに暮らすって何やねん。」

A0002_001955_m
この友人、結婚暦は5年ほどですが、なかなかシニカルな目線で物事を見ており色々と参考になります。

その友人曰く、次のような物が自宅にあるママ友とは気が合わないとの事。

バーミックス、ルクルーゼの鍋、オーガニックコットンのよだれかけ、
塩麹、エコ素材の洗剤、高級スーパーのジャムなど。

例えばエコ素材の洗剤ですが、昔ながらの石鹸的なものではなく、
わざわざドイツ製のオシャレな物にするあたり、
「オシャレでエコな私」が好きなだけだ!と一刀両断でした。
そんな人ほど、口にするのが「ていねいに暮らす」という言葉なのだそうです。

確かに、雑誌などでは素敵セレブの生活拝見のような記事が、
よく掲載されていますよね。その素敵セレブ発言には、

「ていねいな暮らしを心がけています♪」

というワードが、出てくることもしばしば。
そんな素敵セレブに憧れて、同じ物を持ちたいという気持ちもきっとあると思います。
洋服やバッグなどは値段もお高くて、憧れセレブと同じものは買えないけれど、
塩麹やルクルーゼの鍋くらいなら手が届く。
しかも、「家族のために」という大義名分も立ちますね。

だいたい、「ていねいに暮らす」って何ですか?

私は、地に足をついて真面目に働き、身の丈にあった暮らしをすることの方が、
よっぽどていねいに暮らしていると思います。

「ていねいに暮らす」という言葉が独り歩きして、本来の意味とズレてはいませんか?
メディアに踊らされて、お金がないまま子供の大学入学を迎える・・・
なんて想像するだけでゾッとしますよね。

今やるべき事は、上っ面だけマネをしてセレブ気取りでいるよりも、
先々のことを考えてライフプランを立てて行動に移すべきではないでしょうか。

身の丈にあわない暮らしは、どこかで破綻をきたします。
それは、ちょっとした日々の生活用品からかもしれないし、
無茶なローン計画からかもしれないし、所得の割りに少ない貯金からかもしれません。

何となく「私、あてはまるかも!?」と思われた方は、
マネーセミナーにお越し下さい。

お金のことを勉強することで、今まで見えなかった自分が見えてくるかもしれません。

普通と思い込んでることが、実は・・・

マメースクールUNOの倉田です。

皆さんが持っている携帯電話。
今や日常生活に欠かせない道具の一つとなっています。
A0001_006356_m_2日本で初めて携帯電話が登場したのは1985年。
本格的に普及し始めるのは、電話機買い切り制度となった1994年以降だそうです。
「当り前」の道具となったのはつい十数年前のことなんです!
 

世界銀行の調査報告書によりますと、世界の携帯電話契約件数は60億件を突破しました。
世界の4人に3人以上持っている計算。複数台契約等もあり、まもなく世界人口を上回るとの予想です。
数の上では世界中の人が自由に繋がる可能性のある時代は目の前です。

少し前までは電話は家や会社の固定電話しかありませんでした。
電話機のそばから離れてしまうと、誰とも連絡が取れなくなっていました。
外出時はしっかり時間・場所を約束しておかないと、人と会うことさえできなかったのです。

しかし、個々人に携帯電話が普及したことにより社会に変化が起こりました。
何時でも、どこでも、誰とでも繋がる!
この事が私達の日常や自分達の考え方・行動を変えました。
そして、それまでの社会生活の「常識」に大きな変化を生じさせました。

お金の世界も同じです。

私達が生きる今の時代と、私達の親世代(60・70代)が現役を過ごした時代とは、
前提条件が変わってきています。

日本は人口がどんどん増加していく国から、人口が減少する国へ。
多数の現役世代が少数の高齢者を支える構造から、
現役世代と高齢者の比率が同数に近づいていく時代となりました。

誰でも知っている大きな企業が、簡単に倒産してしまったりします。
まじめにコツコツ働いていればお給料がドンドン上がっていった時代から、昇給が望みにくい時代へ。
同じ会社で定年までずっと働き続けることも珍しくなってきています。

私達の両親がやってきたお金の貯め方・殖やし方。
周りの友達がもっている金融商品の選び方。
会社の先輩が30年ローンをして手に入れたマイホームの買い方。

皆さんが思っている「お金の常識」が大きく変わってきているかもしれません。

マネースクールで改めて考えてみませんか?

出典:世界の携帯契約が60億件突破 世銀調べ、近く人口抜く

 

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)

結婚するべきか否か

マネースクールUNOの有村朋子です。

さて、みなさんは結婚するかしないか、もう決めていますか?
Gft0109049

「相手さえいればすぐにでも。」

「絶賛!婚活中!!」

「仕事に生きるので結婚なんて考えていない。」

…などなど、いろんなご意見があるかと思います。

でも意外と多いのは、
 

「さぁ?あんまり考えたことないなぁ。」

だったりしませんか?

実は、私の前職(証券会社です)の友人もこのタイプでした。

 

その彼女がこのたび、めでたく結婚する運びとなり、
相談の電話がかかってきたのはつい先日のことです。
 

「今まで結婚なんてすると思わなかったから、結婚式のお金がない!

 退職金でまかなおうと思っているんだけど、いくら出るのかな?」

との事。まさに本末転倒。

仕事を辞めてしまったら月々の給料まで無くなってしまいます。

しかも、お相手は5つも年下ですから、
収入の柱になるのは、おそらく30歳を超えのキャリアのある彼女になるでしょう。

では、そもそも結婚費用ってどのくらい必要なのでしょうか?
 

結婚情報誌ゼクシイによると、「結婚式」にかかる費用の平均は324.9万円なのだそうです。

まぁ、列席の方が50人で3万円のご祝儀をいただくとすると150万ですから、
実質負担額はもう少し減るかもしれませんが、結構な金額ですよね。

前述の友人にこの事を伝えると、

「親に借りることが可能か聞いてみて、ダメなら海外挙式を検討する」

とのことでしたが。本音は、

「今まで散々ご祝儀を払ってきたんだから、盛大に披露宴をして回収したい」

ということだったようです。

それもこれも、ちゃんとライフプランを作っていれば・・・と、
悔やまれますが過ぎたことは仕方のないこと。

今からやるべき事は、

「子供が大学に行きたがっているが、お金がない」

「いい物件が見つかり買いたいが、お金がない」

なんていう事にならないように、お金のことを考えて、実行することです。

独身貴族のみなさんも、いつ素敵な方とどんな出会いをするかわかりません。

その時に、お金が原因で夢を諦めなくてはいけない・・・なんて事にならないよう、
今からライフプランを立ててみませんか?

 

もちろん、マネースクールUNOもそのお手伝いをさせていただきます。
まずはセミナーにお越し下さい。お友達や彼氏、ご家族の方とご一緒でも大歓迎です。

出典:ゼクシィnet

■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)