正義の味方

マネースクールUNOの和田です。

皆さんの中の「ヒーロー、ヒロイン」は誰ですか? 

昔はそういったヒーロー、ヒロインのテレビ番組は何度も再放送されていました。
きっと人気があったからなんでしょうね。私も夢中で見ていました。

私が大好きだったのが「デビルマン」です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、これは漫画家の永井豪さんの作品で、主人公の「不動明」が悪魔の力を身につけて、敵と戦う漫画です。

私がよくテレビで見ていたのは5歳?6歳の頃で、敵の中にはかなりグロテスクなモノもあり、子供心に怖かったのをおぼえています。

そんな怖い敵を「デビルカッター」「デビルアロー」などの必殺技でやっつける姿がとてもかっこよく、頼もしい存在でした。
そんなわけで、僕の中では今でも「正義の味方」といえば「デビルマン」です。

今は「正義の味方」なんていうと、「なにをもって正義とみなすの?」といった難しい話になりそうです。でも私の幼少期の頃は、困っている人を助ける人物は文句なしで「正義の味方」でした。

子供の頃、自分もいつか「デビルマン」のように「正義の味方」になれたらいいなあ?と思ってました。大人になった今でも、たとえささいなことであっても、困っている人を助ける仕事ができればいいなと思っています。

それが今の仕事についた理由です。

私の前職は保険の営業でした。一言で言うと、保険を売ることが仕事です。保険営業の世界は契約をもらうことで給料がもらえる世界です。会社から給料をもらっている以上、ある一定の業績を確保しなければいけません。

また業績だけでなく、会社の営業方針にも従わなければなりません。例えば、「今月はAという保険を優先的に販売する」といったようなことです。これは顧客が必要かどうかにかかわらず販売しないといけないわけです。

「正義の味方」になることはすごく難しい・・・

これは保険営業だけでなく、どんな業種の営業でも同じ事なのかなと思います。今の仕事もボランティアではありませんが、コンサルタントとして相談者の悩みを解決したり、目標を達成する手助けをすることが第一です。

だから、自分の努力次第で「正義の味方」に近づくことができるのかなと思ってます。

いつか私も相談者にとって頼もしい存在になるために、日々精進したいと思います。

Mc900378949
■マネーセミナーのお申し込みはこちらから
マネーセミナーの申込み(パソコン)
マネーセミナーの申込み(携帯)